音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夜中に聴くビル・エヴァンス その深遠なる世界

<<   作成日時 : 2005/05/02 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

画像
今夜のBGM・・・ Bill Evans / Undecurrent

月刊プレイボーイの今月号に、ビル・エヴァンスの特集が載っていたので、立ち読みしてたら(買えよ!)、妙に聴きたくなってきて、久しぶりに引っ張り出してきました。

ジャズには詳しいってほどでもないんだけど、所有CDを数えてみたら150枚ほどあって(うち30
枚がマイルス)、大半が大学時代に買ったもの。当時は金持ってたんだなあ・・・

その頃は、「ロックはもうほとんど聴いちゃったんで、これからはジャズだぜ!」なーんて思って生意気にもジャズのCDばっかり買ってた。よさを半分もわかっちゃいないのに、わかったつもりでウンウンうなって聴いてた。若気の至りというやつだね。でも金のあるうちに買っといてよかったなあ。

ビル・エヴァンスで最初に買ったのは超定番の「ワルツ・フォー・デビー」で、これはジャズ初心者のわたしにも解り過ぎるぐらいよく解った。ロマンチックな1曲目、可愛らしい2曲目と、曲のよさが演奏の凄さをオブラートで包み込んでいる。甘い曲でも絶対にベタベタしないエヴァンスのピアノは、圧倒的にクールで知的な佇まい。

この「アンダーカレント」は、ギタリストのジム・ホールとの競演盤で、完全なデュオ形式の録音でドラムもベースもなし。美しいジャケット写真さながら、凛とした空気が張り詰める中での、無駄なものを一切そぎ落とした2人の緊密なインタープレイ。ゆえにこのアルバムを聴くときは雑音が少しでも無いほうがいい。これは完全に真夜中に聴くべきべき音楽だね。

思うに知能指数の高いひとの音楽って、聴きながら酒飲んでもバカにはなれない。その点はスティーリー・ダンのとこで書いたのと同じ。このよさが解るようになって、わたしも大人になったのねえと実感。

そんな知的な音楽とルックスにもかかわらず、このビル・エヴァンスは見かけワイルドなロックンローラーも真っ青なジャンキー野郎。その眼鏡の奥に潜む狂気と内なる宇宙の広がりに対して、興味は尽きない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
定番ですが、、Waltz for Debby/ Bill Evans
「ワルツ・フォー・デヴィ」ビル・エヴァンス。 ...続きを見る
One Of These Nights ...
2005/08/03 07:28
追悼:ジム・ホール「アランフェス協奏曲」
今夜のBGM・・・JIMHALL / CONCIERTO ...続きを見る
音楽酒場 since 2005
2014/02/01 04:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
文面拝見し、共感させて頂いてます。
千葉県の知人ブログで、チック・コリアと
ボビー・マクファーリンのデュオをすすめて
いました。それで私の方は、アンダーカレントをすすめてみました。
なか(偏愛音欲機構)
2005/06/26 12:47
>NAKAさん
今頃になってここにコメントしていただいてるのに気付きました。申し訳ないです(汗)。
ウェブリブログの「新着コメント」、5件と言わず10件ぐらいにしてもらえないですかね。(と言い訳してみる)
カナ
2005/08/03 02:40
おはよ〜ございます。
たくさんコメントありがとうございました!ビル・エヴァンス、トラバさせていただきました。今後ともよろしくお願いします!
Paul
2005/08/03 07:32
>Paulさん
こちらこそよろしくお願いします!
カナ
2005/08/05 00:44
What's up, for all time i used to check blog posts here early in the break of day,
as i like to gain knowledge of more and more.
Marlon
URL
2017/04/17 00:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
真夜中に聴くビル・エヴァンス その深遠なる世界 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる