音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS プリンスには感謝しているのだ!

<<   作成日時 : 2007/03/13 02:21   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 12

画像
今夜のBGM・・・PRINCE / SIGN OF THE TIMES




おんがくちゃかばは、きょうで2ちゃいでちゅ!


・・・てなわけで、おととしの3月13日に第1回目の記事を公開してから、今日でちょうど2年ですが、やれ200回だ、300回だ、1年だ2年だとその都度お祝いしてたら毎日がアニバーサリーになってしまうので、騒ぐのやめました(汗)。普通にいきましょう、フツーに。


さて、音楽酒場で今までとりあげた作品を眺めてみると、あまりにもジャンルがバラバラなため、多くの人たちにはどうも節操がないように見えるらしく、よく「本当に好きな音楽は何ですか?」とか、「広く浅く聴くカナさん」とか言われることがありますが、過去に取り上げた作品はどれも掛け値なしに大好きな作品だし、自分ではそれなりに広く深く聴いているつもりである。


逆にわたしから見ると、例えばハードロックしか聴かない人、ジャズしか聴かない人、洋楽は一切聴かずにJ-POPしか聴かない人、黒人音楽は絶対に聴こうとしない人etc...といった人たちを見ると、人生損してるなあと思うのです。だって絶対に和食しか食べない人やハンバーガーしか食べない人、寿司しか食べない人っていないもんね。


わたしは日本人なので和食が好きですが、朝はパンとコーヒーじゃないと嫌な時もあるし、たまには中華やイタリアンやエスニック料理だって、甘い物だってジャンクフードだって食いたい。それと同じだと思うんだけどなあ。


そんなスーパー食いしん坊なわたしが、好き嫌いなくこれまでスクスク育ってこれたのは、3組の大物アーティストに洋楽聴き始めのわりと早い時期に出会ったことが大きいんではないかと今では思ってます。


それがビートルズローリング・ストーンズ、そしてプリンスだったりするんですけど。


ビートルズには、主にメロディの快感を教えてもらったように思います。「美メロの快感」ってやつです。もちろん、ビートルズに出会う前から歌謡曲やアニメソングといったものからメロディの快楽を知らず知らずインプットされていたんですが、それが一気に花開いたというか。
ビートルズを原点にして、そこからさらなる美メロを求めてビーチ・ボーイズトッド・ラングレンXTC10ccカーペンターズバート・バカラックスティーリー・ダンからAORまで、美メロを探究する旅は今でも続いています。


ストーンズには、ロックのカッコよさ、スタイリッシュさというものを教えてもらいました。ロックは女にもてるんだぜ!ってこととか。いや、実際にもてるかどうかは別として。姿勢の問題として(汗)。ロックなアティチュード、というヤツです。ファッションとしてのロック、というのもあるかな?
それから、ルーツ音楽に対する真摯な姿勢というのも学びましたねえ。ストーンズがカヴァーしていたブルーズ、R&Bナンバーなどを鮭が川を昇るように聴き掘っていったし、キースがやってたからレゲエも聴くようになったし、「デッド・フラワーズ」「スウィート・ヴァージニア」がいいと思ってカントリーも聴くようになりました。「ミス・ユー」「ホット・スタッフ」からディスコやファンクだってOKになったし。今では何よりも好きなのがファンクですけどね。


・・・・ではプリンスから何を学んだかというと・・・愛とSEXの重要性です。

ウソです。まああながちウソでもないけど。本当は、ロックもポップスもブラック・ミュージックも全て含んだ、ポピュラー・ミュージックにおける「現役性」の大切さ、ということですかね。
クラッシックと違ってポピュラー・ミュージックは「今」の音楽なので、やっぱり常に最新のトレンドに目を配ることは大切なんだってことです。博物館に入れちゃいけないってことですね。

この「サイン・オブ・ザ・タイムス」をリリースした頃のプリンスは飛ぶ鳥を落とす勢いで、とんでもなく実験的なことをやりながら、セールス的にも絶好調でファンに支持され、評論家筋にも大絶賛されていたという、まさにミュージシャンとしては無敵の理想的状態を維持していました。

「1999」「パープル・レイン」「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」「パレード」「サイン・オブ・ザ・タイムス」の頃のプリンスをリアルタイムで聴いてこれたのは、ビートルズやツェッペリンセックス・ピストルズにも遅れて80年代から洋楽聴き始めたわたしにとって心の拠り所になってます。


今思うと、本盤のA「プレイ・イン・ザ・サンシャイン」の後半からB「ハウスクエイク」への流れで、リズムの面白さというものに開眼した気がします。


あと、HIP-HOPやハウス・ミュージックが台頭してきた時、学校の洋楽仲間の多くが抵抗感を示しましたが、この「サイン・オブ・ザ・タイムス」を聴き込んでいたわたしはスッと馴染めました。

今の若い世代はロックとHIP-HOPを並列に聴くことに何の抵抗もないのかも知れませんが、わたしと同世代からそれより上の世代にとっては、現在の最新ヒットチャートの曲を楽しめるかどうかは、このHIP-HOP感覚を受け入れれるかどうか、というのが結構重要なキーになっているような気がします。



音楽酒場的プリンスの4枚

ControversyControversy
Prince

Warner Bros. 1990-10-25
売り上げランキング : 62189
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファンクとバラードのみ。黒い。シンプルで淡々としたビートが麻薬的。「ドゥー・ミー・ベイビー」エロい。

19991999
Prince

Warner Bros. 1990-10-25
売り上げランキング : 31841
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

次作、次々作にない「腰」がある。「リトル・レッド・コルヴェット」泣ける。「レディ・キャブ・ドライバー」エロい。

Sign 'O' the TimesSign 'O' the Times
Prince

Warner Bros. 1990-10-25
売り上げランキング : 26810
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1人多重録音もここまでやると何も言えん。オタッキーなのに絶倫。最高傑作と呼ぶに異論なし。

Gold ExperienceGold Experience
Prince

Warner Bros./NPG 1995-09-26
売り上げランキング : 191662
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プリンスの名前を捨てた時代の最高作。ゴージャス。今こそこの時代を再評価したい。あのK-1テーマ曲もあり。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プリンス『Sign 'O' the Times』
Prince『Sign 'O' the Times(サイン・オブ・ザ・タイムス)』。1987年発表の2枚組です。前作『Parade』がカップヌードルなら、こちらはカレーヌードルですね。しかもBIG。腹減ってる時はこちらをどうぞ。 ...続きを見る
ROCK野郎のロックなブログ
2007/04/05 16:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
カナさん、こんにちは。
2年ですか!おめでとうございます。

>「広く浅く聴くカナさん」とか言われることがありますが、

えっ、カナさん、そんな事を言われることが?信じられないですね。
いつも感心しきりの記事の数々、愛情持って深く聴いていないととてもじゃないけど書けないと思います。

>逆にわたしから見ると〜略〜人生損してるなあと思うのです。

そこまで偏りはないけど「もの凄く浅く狭く」の私・・・この一文、耳が痛いです。
でも最近その通りだなぁ、と思ってきましたよ。
もったいないですよね、ほんと。
Junk
2007/03/13 16:50
ああ、あの二年前が懐かしい・・・しみじみ。でもこれだけクォリティの高い記事を続けて送り出せる・・・素晴らしい事です!

いつもその音楽の嗜好の幅広さと「浅さ」に感心しています・・・・はっ!違う!「深遠さ」に感心しています。

そうかプリンスか・・・70年代のアーチストをリアルタイムで聴いていた私は、大してロックを聴いていなかった時に、プリンスとベックが登場していたのに対して感心を払わなかった・・・これが今痛恨の極みになっています。(←大げさ?)
ぷくちゃん
2007/03/13 20:05
2周年おめでとうございます♪
そしてPrince♪
しかも“Sign 'O' the Times”
勿論、フェイバリットなアルバムです!
シーナ・イーストンとのデュエットもあり、
しかも、曲の流れが良いので2枚、あっと言う間です♪
プリンスに黒人音楽のエロとグロいところの初心者編、教わった気がします。
これからも宜しくです♪
リュウ
2007/03/13 22:59
祝!2周年!

あんなに素晴らしかったバック・バンドのレヴォリューションズから一人に戻って、本作という事実は、本当に凄すぎます。

「サイン〜」も先日のホワイト・アルバムみたいに大胆に1枚にカット!という衝撃的な記事も読みたいですね(笑)

starfish
2007/03/14 09:21
>Junkさん

2年です。長いような短いような。騒ぐのやめようと言っておきながら結局祝ってもらってるわたしです(汗)。ありがとうございます。
Junkさんこれからもヨロシクです!
カナ
2007/03/14 23:52
>ぷくちゃん

広く深く、ではぷくちゃんの足元にも及ばないわたしです。クラッシックに詳しいというだけでも畏敬の念を抱いてしまうのに、ロックやポップスまで・・・。映画にもメチャ詳しいし。誰もかないません。(←褒め殺し)
つーわけでこれからもよろしくっす!
カナ
2007/03/15 00:33
>リュウさん

プリンス、まさに「エロとグロ」の入門編ですよね。この奥にブラックミュージックのもっとドロドロしてグルグルと渦巻いてる世界があって、はまると抜け出せない・・・こんな体にするとは殿下、罪作りなお人です。とプリンスには感謝の言葉の一つも述べたい気持ちです。
リュウさん、これからもヨロシクです!
カナ
2007/03/15 00:39
>starfishさん

>「サイン〜」も先日のホワイト・アルバムみたいに大胆に1枚にカット!という衝撃的な記事も読みたいですね(笑)

あれはとてもエネルギーが要るので(汗)・・・月イチが限度かも。それにこれは流れが完璧なのでイジリにくいですよね。またチャレンジしてみます。
カナ
2007/03/15 00:43
めちゃくちゃ遅コメ失礼します(笑)
ニシュオメ♪
って騒ぐ必要ないんでしたっけ(笑)
いやぁ〜、でもカナさんは広いと思うよ、マジで。
ボクが、カナさんを凄いと思うのは、広く聴いているというよりも、きちんと、その良さを掬い上げているとこかなぁ。
ボクも、一応、これでも広く聴いているつもりですが、完璧に消去法な聴き方だと思います。
ボクは、自分の性格として、人類愛よりも、一人のオンナに全ての情熱を注ぐタイプなんで(爆)
色々味見して、「あ、これは違うなぁ〜」、「こいつ、ここは良いんだけど、ここがなぁ〜」
と、なってしまいます(爆)

なので、枚数だけは多いけど、ホントに愛聴してるのは、数枚…
そんなかんぢ。

これからも、ヨロシクね♪
V.J.
2007/03/29 12:27
>V.J.さん

ありがとうございます!
あ〜なんかV.J.にそう指摘されると凄く恥ずかしいですわ(汗)。嬉し恥ずかし。

>人類愛よりも、一人のオンナに全ての情熱を注ぐタイプなんで(爆)

カッチョイイ!ああ余計に自分が恥ずかしい(笑)。いや〜わたしは博愛主義者なので誰にでも均等に愛を振りまくことができるんですよ。一夫多妻の国に生まれればよかった。(←嫁が聞いたら激怒しそうなセリフ)

こちらこそ、これからもヨロシクお願いします!
カナ
2007/03/30 01:45
What's up, all is going sound here and ofcourse every one is sharing information, that's really good, keep up writing.
Margot
URL
2017/07/28 20:05
Thanks for your marvelous posting! I seriously enjoyed reading it, you're a great
author.I will be sure to bookmark your blog and may come back at some point.
I want to encourage you to definitely continue your great work, have a nice day!
Barry
URL
2017/07/30 02:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プリンスには感謝しているのだ! 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる