音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ローラ・ニーロの繊細な魔力が呼び起こす錯覚

<<   作成日時 : 2007/05/22 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
今夜のBGM・・・ LAURA NYRO / THE FIRST SONGS

明るいメロディの悲しい歌・・・・というのに魅かれる。悲しいことをいかにも悲しく歌うよりも、悲しみがより引き立つ(笑)というか、より伝わってくるような気がしません?スイカに塩かけて食うようなもんか。ちょっと違うか。それに、悲しみの中にも一筋の光が差しているようで、前を向いていけるような気がするし。


誰にだって1枚は、人にあんまり教えたくない、自分だけで大切にしてたいような思い入れの深いアルバムがあるんじゃないかと思います。このローラ・ニーロのデビューアルバム「ファースト・ソングス」はわたしにとってそんな1枚。あ、もちろん、これを読んでる方の中にも持ってる人はいるでしょうけど、この良さは自分にしかわかんない、とか、別に人にわかって欲しくないとか、そんな思い込みをずっとしていたいと思えるプライベートな1枚です。


ジャズやR&Bの素養に裏打ちされた黒い楽曲を書くローラ・ニーロは、実際に黒人アーティストによるカヴァーも多い人ですが、ユダヤ系の彼女自身の声はエモーショナルだけど決して黒くない。そして、とても悲しい声をしている。ブルーズの悲しさとはまた違った悲しい声。ちょっと他に似ている人がいない声だ。


今から10年ほど前、自分の結婚式のBGMを自分で選曲して、ローラの「ウェディング・ベル・ブルース」を一番いい所で使った。奥さんは洋楽に全然興味のない人なので、本当に密かな自己満足の世界。その時は、曲名の語呂とメロディが気に入って使ったけれど、もし歌詞を読んでたら怖くて絶対に使わなかっただろうなあ。


「グッドバイ・ジョー」で明るく別れの歌を歌うローラ。「アンド・ホエン・アイ・ダイ」で死ぬのは怖くない、でも不安な気持ちで死ぬのは嫌というわがままなローラ。どのローラも魅力的で、どの曲も素晴らしくて、わたしにとっての裏「つづれおり」。でも別に聴かなくていいです。やっぱりそれほどよくないです。聴かないほうがいいですよ。


今、これを聴いてるってことは、ちょっとダウナー気味なんです、多分。



ローラ・ニーロについての過去記事



The First SongsThe First Songs
Laura Nyro

Columbia 1990-10-25
売り上げランキング : 66042
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イーライと13番目の懺悔イーライと13番目の懺悔
ローラ・ニーロ

ソニーミュージックエンタテインメント 2002-08-21
売り上げランキング : 7761
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ニューヨーク・テンダベリーニューヨーク・テンダベリー
ローラ・ニーロ

ソニーミュージックエンタテインメント 2002-08-21
売り上げランキング : 31449
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Christmas and the Beads of SweatChristmas and the Beads of Sweat
Laura Nyro

Columbia 1990-05-29
売り上げランキング : 41384
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ローラ・ニーロ、良いですよね。分かります、その気持ち。でも、これ、僕のですから、そんなこと言わないで下さい(笑)。確かに、彼女の音楽の「黒さ」って不思議ですね。自分のスタイルなんだけど黒いし、黒人がちゃんとカバー出来る。こういう人って、なかなかいないですよね。それでいて、確かにキャロル・キング的なシンガーソングライターの系譜の中にも乗っかってくる。こういう良い曲を書いて歌える人って、今なかなかいなくなっちゃいましたもんねえ。。。でも、ローラは僕のものですから(爆)。
golgo139
2007/05/23 02:21
ウーン そうですか。ローラ・ニーロ聞いてみます。言葉が解らないからこその、そういう事って有りますね。だから内容を知ったとき余計に心にズーンと来るのかもしれません。ちなみに私が相当落ち込んだ時は更に自分を追い込み親友にも見放されそうになるまでにダメダメにしてから「ハッ! スゲッヤバイ」と気づかせてます。無意識ですが。 カナさん、存分にダウナー状態受け入れましょう。応援します。
番場番忠太
2007/05/23 08:20
この方はカナさんに教えた貰ったんですよ〜。
その節はお世話になりました。(笑)
でっ、今は、大のお気に入りです!!

この不思議な存在感は、何度聴いても色褪せる事が無いですよね。

あらためて“感謝”です!
リュウ
2007/05/23 23:33
>golgo139さん

コメントありがとうございます。

でもローラはわたしのものですから(笑)。

いやでもそういったプライベートな感じがわかってもらえて凄く嬉しいです。ありがとうございます。

カナ
2007/05/26 03:32
>番場番忠太さん

わたしもよくやります、ダウナーな時に余計にダウナーになるような音楽聴いて、酒飲んで。どうせならダウナーな世界にどっぷり浸ってしまうように。ダメな自分に酔うというか(笑)。そのうちアホらしくなって2、3日で日常に復帰できます。
おかげさまで今ちょっと楽になりました。
カナ
2007/05/26 03:41
>リュウさん

いつもありがとうございます。リュウさんにそう言っていただけるのが何よりの励みになります!ブログやっててよかった(笑)。こちらもリュウさんとローラにあらためて感謝します。
カナ
2007/05/26 03:45
ようやく彼女の良さがわかったこの一年です。結婚式に選曲するとはさすが!でも歌詞読むとさすがじゃない!(爆)

いつもいろいろ教えていただいて感謝しています。来年もよろしくお願いします。
ぷくちゃん
2007/12/31 08:05
>ぷくちゃん

ぷくちゃん、あけおめことよろ!というのは3回目でしょうか。
昨年もお世話になりました。今年は音楽酒場も3周年です。細々と続けてこれたのもぷくちゃん他常連さんのおかげです。
今年は富士宮やきそばを食べに行ける機会があるかな?何しろ今年もよろしくお願いします!
カナ
2008/01/02 03:45
私はローラ・ニーロのCDは殆ど持っています。この1stも良いのですが、ほかのどのアルバムも素晴らしいので、聴かない方がいいですよなんて言わないで下さい。私は嬉しかろうと悲しかろうとローラを聴いています。
もう廃盤になっているかもしれないのですが、日本コロンビアから発売されていた『Angel In The Dark』(ラスト・レコーディング)はソウルフルで素敵です。寂しくなるので使いたくない言葉ですが、まさに「有終の美」です。
バックストリート
2008/01/20 18:58
>バックストリートさん

聴かない方がいいですよってのは、逆説的な表現のつもりです(笑)。
ホントはどのアルバムも素晴らしいんですが、ローラを聴いているときに感じるプライベートな感じというか、(自分のために歌ってくれてるような錯覚)を表現してみたつもりですが、伝わらなくてすみません・・・。
カナ
2008/01/22 04:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ローラ・ニーロの繊細な魔力が呼び起こす錯覚 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる