音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS スライ・ストーン人間宣言。「スモール・トーク」

<<   作成日時 : 2007/06/28 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
SLY & THE FAMILY STONE / SMALL TALK

スライ&ザ・ファミリー・ストーンの紙ジャケ再発シリーズが凄く売れている(らしい)。スライのアルバムでまだ持ってなかった「スモール・トーク」をこの機会に購入しようと思いましたが、紙ジャケはやめてUS盤のデジパック仕様のヤツにしました。


実は紙ジャケってそれほど好きではなくって(汗)。CDをできるだけたくさん収納するために、CDラックの棚のピッチをCDの高さ+指が入るくらいのギリギリにしているので、紙ジャケを収納すると指、入らなかったり・・・。1アーティストの全アルバムを紙ジャケで揃えるならまだいいんですが、1枚だけ紙ジャケで背表紙がピョコッと飛び出してたりするのが気持ち悪いのです。あと、LPでは気にならないのですが、紙ジャケCDって中身取り出す時イライラしません?カーステレオで聴くときに片手でも取り出せるようなお手軽さがCDの良いとこだと思うのですが、運転中に紙ジャケCDを取り出してたら確実に事故ります。(普通のCDでも運転しながら交換するのは危険ですから止めましょう)

その点、紙製のデジパック仕様というのは、紙の手触りも楽しめるし、お手軽なので結構好きだったりする。


さて、肝心の「スモール・トーク」の内容ですが、恋人と愛息を抱きかかえるジャケットからもわかるように、スライの人間宣言というか、人間くさいシンガー・ソングライターとしてのスライの魅力に溢れた好盤と言えるでしょう。


「暴動」「フレッシュ」に慣れてしまうと、お馴染みのスライ・サウンドなので新しさは感じないものの、「暴動」「フレッシュ」ほどの緊張感がなくてユルいのがかえって体によく馴染む。中には「スタンド!」時代のアゲアゲ・ナンバーを彷彿とさせる(というか懐古するような)「LOOSE BOOTY」のような曲も入っていますが、全体的にはプライベートな手触りのスロー・ナンバー中心で、それがどれもよいです。泣ける。また1枚愛聴盤が増えそうです。


サウンド的な新味といえば、ドラムが(超絶)アンディ・ニューマークからビル・ローダンにチェンジしていることと(これが緊張感をなくす要因のひとつになっている)、ダン・ヒックス&ヒズ・ホット・リックスのヴァイオリン奏者、シド・ペイジが参加していること。このシド・ペイジの参加は結構重要。


ダン・ヒックスについてはむか〜し取り上げたことがありますが、スライとダン・ヒックスの両者は黒人と白人、音楽スタイルも違うようでいて、実はやっていることは非常に近いのではないかと思います。後世に与えた影響力の大きさではスライには遠く及びませんが、ダン・ヒックスのカッコよさはスライに勝るとも劣りません。未聴の方は是非。


スライの過去記事

ダン・ヒックスの過去記事


この4枚だけは必携!スライの名盤をUSデジパック仕様でどうぞ。(もちろんリマスター、ボーナストラック付き)

Stand!Stand!
Sly & the Family Stone

Sony 2007-04-24
売り上げランキング : 67106

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


There's a Riot Goin' OnThere's a Riot Goin' On
Sly & the Family Stone

Epic/Legacy 2007-04-24
売り上げランキング : 50370
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FreshFresh
Sly & the Family Stone

Sony 2007-04-24
売り上げランキング : 4047

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Small TalkSmall Talk
Sly & the Family Stone

Sony Japan 2007-04-24
売り上げランキング : 115417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ついでにダン・ヒックスもどうぞ


Striking It RichStriking It Rich
Dan Hicks & His Hot Licks

MCA 1990-10-25
売り上げランキング : 55357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Where's the Money?Where's the Money?
Dan Hicks & His Hot Licks

MCA 1990-10-25
売り上げランキング : 58799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
紙ジャケ嫌い&人間宣言、共感です♪
紙ジャケ・・・、存在意義がワカランっと思うのは自分だけでしょうか??
アナログ買っているからかもしれませんが。

そして人間宣言&ユルさ、ウマい事言いますね〜

それまでのアクの強さから考えると、一層、そう思います♪
リュウ
2007/06/30 05:12
アンチ紙のstarfishです。

私もCDラックに並べたときの問題ですね!あとは、CDサイズで紙ジャケットに魅力感じません。
starfish
2007/06/30 21:49
>リュウさん

リュウさんのように今でもアナログ買い漁ってる方からしたらそうですよね。わたしは最近滅多にアナログ漁りには行きませんが、同じ値段だったら紙ジャケより普通のケースのCDを選びます。だいたい紙ジャケってだけで高いんですけどね。わたしとしては値段の問題も大きいです。
カナ
2007/07/02 02:29
>starfishさん

CDとアナログ盤には求めるものが違いますもんね。
そういえば、デカジャケCDってのも最近出てましたが、あれはどうなんでしょうね。
カナ
2007/07/02 02:34
僕は収納スペースの確保のために、思い切って「プラケースを全て捨てちゃえ作戦」を決行しました。で、省スペース化には成功しましたが、紙ジャケやデジパックの扱いに頭を悩ませてます。捨てるに捨てられないし、紙やデジで買いなおすのももったいないし…どうしましょ?(笑)
めがちょん
2007/07/04 00:24
>めがちょんさん

>「プラケースを全て捨てちゃえ作戦」

わたしも、かつて挑戦しようと思ったことがあり、5枚ぐらいで実験しました。あのレコ・コレとかに広告が載ってる、ソフトケースに全部入れ換えようと思って・・・。しかしソフトケース代計算して断念しました。おかげで5枚だけソフトケース入り(笑)。そうなると今度はソフトケースに入ってるヤツが気持ち悪くなってきました・・・。またプラケースに戻すのもアホらしいし。
カナ
2007/07/08 05:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スライ・ストーン人間宣言。「スモール・トーク」 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる