音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 「音楽酒場でDabada」 阿久悠 作詞集

<<   作成日時 : 2007/09/01 03:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
今夜のBGM・・・ 人間万葉歌 阿久悠 作詞集

前にどっかで書いたような気もしますが、この年になると時に派手で華やかなロックスターよりも、職業作曲家や職業作詞家に憧れたりするもんです。今はどっちかっていうとギターヒーローよりはスタジオミュージシャンに憧れるしね。


歌謡曲からJ-POPと呼び名が変わった1990年代から、職業作曲家や職業作詞家たちの作品がヒットチャートから次々に消えていきましたが、そんな歌謡曲の時代を代表する偉大な作詞家、阿久悠さんが亡くなりました。わたしも追悼記事を書こうと思っているうちに身辺が忙しくなって、「時の過ぎゆくままに」〜じゃないけどすっかり時間だけ過ぎてしまいました。


でも、再プレスされたCD5枚組BOX 「人間万葉歌 阿久悠 作詞集」 だけは、廃盤にならないうちにしっかり購入しときました。


5枚のディスクにはそれぞれコンセプトがあって、ディスク1が演歌を中心に集めた「愛と哀しみの旅路」、ディスク2がピンク・レディー、桜田淳子などのスタア誕生出身組を集めた「スタア誕生」、ディスク3が沢田研二や西城秀樹などの王道歌謡曲やアニメソングを集めた「ショウほど素敵な商売はない」、ディスク4がフォーク系の曲を集めた「青春の光と影」、そしてディスク5が、阿久悠自身がお気に入りをセレクトした「人間 万葉歌」となってます。

さっそく曲目をどうぞ。


ディスク:1
1. 熱き心に / 小林 旭
2. 北の宿から / 都 はるみ
3. 雨やどり / 都 はるみ
4. 契り / 五木 ひろし
5. 港の五番町 / 五木 ひろし
6. 居酒屋 / 木の実 ナナ/五木 ひろし
7. おまえさん / 木の実 ナナ
8. 冬の旅 / 森 進一
9. さらば友よ / 森 進一
10. 北の螢 / 森 進一
11. 京都から博多まで / 藤 圭子
12. 本牧メルヘン / 鹿内 孝
13. 円舞曲(ワルツ) / ちあき なおみ
14. 舟唄 / 八代 亜紀
15. 雨の慕情 / 八代 亜紀
16. 男と女・昭和編 / 井出 せつ子/みなみ らんぼう
17. 花のように 鳥のように / 桂 銀淑
18. 港町三文オペラ / 日高 正人
19. 昭和放浪記 / 水前寺 清子

ディスク:2
1. ペッパー警部 / ピンク・レディー
2. S・O・S / ピンク・レディー
3. カルメン '77 / ピンク・レディー
4. 渚のシンドバッド / ピンク・レディー
5. ウォンテッド(指名手配) / ピンク・レディー
6. UFO / ピンク・レディー
7. サウスポー / ピンク・レディー
8. モンスター / ピンク・レディー
9. 透明人間 / ピンク・レディー
10. わたしの青い鳥 / 桜田 淳子
11. 夏にご用心 / 桜田 淳子
12. ロマンス / 岩崎 宏美
13. シンデレラ・ハネムーン / 岩崎 宏美
14. さらば涙と言おう / 森田 健作
15. 水色の手紙 / あべ 静江
16. ひまわり娘 / 伊藤 咲子
17. 乙女のワルツ / 伊藤 咲子
18. 狼なんか怖くない / 石野 真子
19. せんせい / 森 昌子
20. 嫁に来ないか / 新沼 謙治
21. 津軽海峡・冬景色 / 石川 さゆり
22. 能登半島 / 石川 さゆり
23. どうにもとまらない / 山本 リンダ
24. 狙いうち / 山本 リンダ

ディスク:3
1. 時の過ぎゆくままに / 沢田 研二
2. 勝手にしやがれ / 沢田 研二
3. サムライ / 沢田 研二
4. ダーリング / 沢田 研二
5. カサブランカ・ダンディ / 沢田 研二
6. 酒場でDabada / 沢田 研二
7. ジャガー / 西城 秀樹
8. ブルースカイブルー / 西城 秀樹
9. 林檎殺人事件 / 郷 ひろみ/樹木 希林
10. 白い蝶のサンバ / 森山 加世子
11. 昨日、今日、明日 / 井上 順
12. 京都の女の子 / 研 ナオコ
13. 絹の靴下 / 夏木 マリ
14. 気絶するほど悩ましい / Char
15. ピンポンパン体操 / 杉並児童合唱団/金森 勢
16. ウルトラマン・タロウ / 武村 太郎/みずうみ
17. 宇宙戦艦ヤマト / ささき いさお/ロイヤル・ナイツ
18. ヤマトより愛をこめて / 沢田 研二
19. 個人授業 / フィンガー5
20. 恋のダイヤル6700 / フィンガー5
21. 笑って許して / 和田 アキ子
22. あの鐘を鳴らすのはあなた / 和田 アキ子

ディスク:4
1. また逢う日まで / 尾崎 紀世彦
2. ジョニィへの伝言 / ペドロ&カプリシャス
3. 五番街のマリーへ / ペドロ&カプリシャス
4. 街の灯り / 堺 正章
5. たそがれマイ・ラブ / 大橋 純子
6. もしもピアノが弾けたなら / 西田 敏行
7. 鳥の詩 / 杉田 かおる
8. 乳母車 / 森田 公一 とトップギャラン
9. 青春時代 / 森田 公一 とトップギャラン
10. 人間はひとりの方がいい / 森田 公一 とトップギャラン
11. 東京物語 / 森 進一
12. 送春曲 / 野口 五郎
13. 思秋期 / 岩崎 宏美
14. ひとりの悲しみ / ズー・ニー・ヴー
15. 未成年 / ズー・ニー・ヴー
16. 若草の髪かざり / チェリッシュ
17. 世迷い言 / 日吉 ミミ
18. 青春挽歌 / かまやつ ひろし
19. みかん / 大竹 しのぶ
20. 水中花 / 井上 忠夫
21. ざんげの値打ちもない / 北原 ミレイ
22. 時代おくれ / 河島 英五

ディスク:5
1. モンキー・ダンス / 田辺 昭知 とザ・スパイダース
2. 朝まで待てない / ザ・モップス
3. 白いサンゴ礁 / ズー・ニー・ヴー
4. 酔いどれかぐや姫 / 南 高節 とかぐや姫
5. 幼きものの手をひいて / かまやつ ひろし
6. きりきり舞い / 山本 リンダ
7. 長距離バス / 森田 公一とトップギャラン
8. マンデー・モナリザ・クラブ / ピンク・レディー
9. 十年ロマンス / ザ・タイガース
10. 瀬戸内行進曲(In The Mood) / クリスタルキング
11. 「あゝ甲子園」君よ八月に熱くなれ / 夏川 りみ
12. 学園天国 / 小泉 今日子
13. 三都物語 / 谷村 新司
14. あれから / 小林 旭
15. 純情 / 吉田 拓郎 &加藤 和彦
16. ロックの好きなベイビー抱いて / SHEENA & THE ROKKETS
17. 昭和最後の秋のこと / 桂 銀淑
18. 転がる石 / 石川 さゆり
19. 傘ん中 / 五木 ひろし
20. ムカシ / 都 はるみ
21. ふるえて眠る子守唄 / 渚 ようこ



それにしても八代亜紀藤圭子を聴いてグッとくる日が来るとは、20代の頃には想像もつかなかったね。


世代的には目玉はディスク2のピンク・レディーとディスク3のジュリーだけど、ピンクレディーとジュリーのベストは前から持ってるので、ある意味、桜田淳子西城秀樹の方が新鮮でした。


圧巻はやっぱりディスク4の冒頭、尾崎紀世彦ペドロ&カプリシャスかな。時代を超える本当の名曲というのがどういったものか、身に染みてわかります。


阿久悠さんがアニメソングをたくさん作っているのは知ってたけど、「ウルトラマンタロウ」もそうだったとは知らなかったな(笑)。物心ついた頃には「♪タロウ、タロウ、タロウ」と口ずさんでいた記憶があるので、ある意味、父親ですな。アニソン名曲中の名曲「今日もどこかでデビルマン」が収録されてないのがちょっと不満ですけど。


最後にディスク5。モップス「朝まで待てない」が収録されてるのが嬉しい。鈴木ヒロミツまで一緒に追悼しなきゃいけないのは寂しいけど。それからかまやつひろし「幼きものの手を引いて」、これがびっくりするほどお洒落でモダンなポップスでよい。シーナ&ザ・ロケッツ「ロックの好きなベイビー抱いて」、タイトルも歌詞もスゲーなあ(笑)。うん、カッコイイッす。



人間万葉歌~阿久悠作詩集人間万葉歌~阿久悠作詩集
オムニバス 小林旭 都はるみ

Viictor Entertainment,Inc.(V)(M) 2005-06-22
売り上げランキング : 194
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


歌謡曲の時代歌謡曲の時代
阿久 悠

新潮社 2004-09-16
売り上げランキング : 7226
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


愛すべき名歌たち (岩波新書)愛すべき名歌たち (岩波新書)
阿久 悠

岩波書店 1999-07
売り上げランキング : 10584
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
復活おめでとうございます。私の世代は 山本リンダで 「どうにもとまらない」はカラオケの十八番。ジュリーは4年前にコンサートへいって ファンも高齢化してたけど 総立ちで ラスト曲「TOKIO」は やはり最高でした。「ああ甲子園君よ八月に熱くなれ」も阿九悠さんでしたか。この曲は名曲ですよね。
まり
2007/09/02 07:49
こんばんは!
最近、「宇宙戦艦ヤマト」を聴くと涙が出そうになります。

>アニソン名曲中の名曲「今日もどこかでデビルマン」
これって歌詞も素晴らしいですが、物凄くグルーヴィーなサウンドではないですか?踊れそうです。
chitlin
2007/09/03 00:48
>まりさん

どもです!
ジュリー、事務所独立してから、宣伝もしてもらえないし、干されそうになったりしましたが、今でも地道なコンサート活動と1年に1枚ペースのアルバム発表を続けてるんですよね。
最近はちょっとメタボっぽいですけど。

山本リンダ「ねらいうち」は、最近「まるまるちびまる子ちゃん」で使われて人気が再燃してるみたいで、かけてやると娘が大喜びします。
カナ
2007/09/03 04:17
>chitlinさん

こんばんは!

>「宇宙戦艦ヤマト」を聴くと涙が出そうになります。

同じです(笑)。歌詞よりも、あのメロディ、特に前奏とか間奏がたまらなくよ良いと思いませんか?

「今日もどこかでデビルマン」イントロのオルガンとギターのカッティング・・・めちゃファンキーです!
カナ
2007/09/03 04:20
Woah! I'm really digging the template/theme of this site.
It's simple, yet effective. A lot of times it's difficult to get that "perfect balance" between usability and visual appearance.
I must say you have done a amazing job with this. Also,
the blog loads super fast for me on Firefox.
Exceptional Blog!
Milan
URL
2017/07/29 02:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「音楽酒場でDabada」 阿久悠 作詞集 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる