音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分で自分に「くよくよするなよ」(笑)

<<   作成日時 : 2007/10/10 02:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
今夜のBGM・・・ BOB DYLAN / THE FREEWHEELIN’ BOB DYLAN


いましゃらながら、こんな歴史的名作の登場ですんまソン。



ボブ・ディランのファンならずとも、多くの人にとって(キュートなスーズ・ロトロが印象的なジャケットとともに)大切にしてるアルバムの1枚だと思うけど、わたしにとってはやっぱり「くよくよするなよ」1曲が入ってるだけで十分特別な存在のアルバムです。


「くよくよするなよ」・・・・ディランの曲の中でも最初期に好きになった曲です。ディラン初めて聴いたのは高校3年ぐらいの時だったと思うけど、曲調といい、歌声といい、難解な歌詞といい、スッと入り込めるようなシロモノではなかった(汗)。でも、「くよくよするなよ」はメロディも歌詞も明確でわかりやすかった。


ちょうど失恋した頃だったしね(笑)。


これ、多分、同じ失恋でも女の人の視点から見たら「なんてわがままで勝手な男の歌」!ってことになるんでしょうね。でも男なんてもともと身勝手なもんすよ。ホニュウルイのオスなんて、外でフラフラと子孫繁栄に励んで、家で子供育てるのは女の役目〜なんていってね。最低っすね。


でもこの歌詞に関して言えば、身勝手で言いたいこと言って出てく男の歌なんだけど、その裏には、この女性が好きで好きでしょうがなくて、それでも出てかなきゃいけない男の最後の強がり・・・つまりヤセ我慢の美学みたいなもので、その辺のセンスに強烈にディランを感じてしまうのです。


だいたい自分で自分に「くよくよするなよ」って(笑)。歌詞を読むまでは誰かを励ましてる歌かと思ってたぞ!自虐の極地だね、こりゃ。もう大好きです。多分、この先の人生でずっと聴いてくでしょうね、今みたいな気分の時は。




くよくよするなよ

腰をおろして考えこんだってどうにもなりゃしない
しょうがなかったことなんだ
腰をおろして考えこんだってどうにもなりゃしない
いままでにわかっていないようではね
夜明けにオンドリが鳴くとき
窓から見てごらん ぼくはきえてるぜ
きみのせいでぼくは旅をつづけるんだ
くよくよしてもはじまらない、これでいいんだ

あかりをつけてもどうにもなりゃしない
ぼくにはあかりなんてなかったもの
あかりをつけてもどうにもなりゃしない
ぼくは道の暗い側にいるんだから
でも君には何かいうとかするとかしてほしかった
行かないでって ぼくの気持ちをかえてほしかったんだ
ふたりはあんまりはなしもしなかったから
くよくよしてもはじまらない、これでいいんだ

ぼくの名まえをわめいたところでどうにもなりゃしない
いままで一度もしなかったことだもの
ぼくの名まえをわめいたところでどうにもなりゃしない
もうぼくにはきこえないんだから
道をたどりながら かんがえ おもいつづけている
かつて女を恋した、あんたは子どもねといわれた
ぼくは心を捧げたけれど彼女はぼくの魂をほしがった
だけど くよくよしてもはじまらない、これでいいんだ

あの遠い、さびしい道を、ぼくはあるいている
   どこへいくか わからない
だけど さよならなんてことばは もったいない
だからただこう言う 元気でね
きみがつめたかったなんていうつもりはない
もうちょっとやさしくしてほしかったけど しかたがない
ぼくの貴重な時間をむだにしたようなもんだ
けど くよくよしてもはじまらない、これでいいんだ



ボブ・ディラン/片桐ユズル訳




フリーホイーリン・ボブ・ディランフリーホイーリン・ボブ・ディラン
ボブ・ディラン

Sony Music Direct 2005-08-24
売り上げランキング : 4503
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


30th Anniversary Concert Celebration30th Anniversary Concert Celebration
Bob Dylan

Sony Mid-Price 1993-08-24
売り上げランキング : 34024
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

言うまでもなく、この曲の最高のカヴァーはこのライブでのクラプトンのヴァージョン。
演奏は最高ですが、観衆にはヘドが出ます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
恥ずかしい話ですが、この年でようやくDylanがスッと身体に入ってくるようになりました。(笑)

でっ、やっぱりそうなると、単純に格好いい♪

やせ我慢の美学っ!!

確かにそうですねっ!!

これで、少し大人になったかもしれません!!
リュウ
2007/10/10 12:19
彼女、私が10代最後の夏に恋した人にそっくりなんです。今でもレコードを眺めると彼女を想い出します。なにせ、その後、2年も片想いしました(笑)

でも、彼女は最高の想い出を残してくれました。

彼女と最後にあった日の1年後、運命的でしょうか、ディランの来日公演に行きました。
jerry
2007/10/10 22:13
>リュウさんへ

やせ我慢の美学、なんか憧れます。未練たらたらのところがいいんですよ(笑)。

やっぱ、スパッと割り切って切り替えができる男って、仕事ができて理系なイメージですが、ずるずる、ドロドロと引きずる情けない文系男(わたし)にとってはこのディランの心情がすんごいよくわかります。当然、仕事にも影響がでまくります(爆)。
カナ
2007/10/11 01:19
>jerryさんへ

スーズ・ロトロにそっくりな彼女!素敵じゃないですか!切なくっていい思い出ですね。

10代最後の夏ってところがいいなあ。あの日に帰りたい・・・って思うこと最近たまにありますよ。
カナ
2007/10/11 01:24
ひさびさにこのアルバム聴きました。
ジャケットに写る少年のような風貌のディランからは、想像できないような老成した声と歌い方ですね、改めて聴くと。
このアルバム、ディランの代表曲も多いですね。
JT
2007/10/12 01:13
>JTさん

こんな声で歌う20歳そこそこの青年がもし近くにいたら嫌ですよ〜(笑)。
「はげしい雨が降る」とかも大好きです。
広辞苑みたいに分厚いディランの詩集を持ってるんですが、よくそれを開きながら音楽に合わせて歌ってました。
カナ
2007/10/13 01:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自分で自分に「くよくよするなよ」(笑) 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる