音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS スウェードが90年代に引き継いだグラム・ロックの系譜

<<   作成日時 : 2007/10/14 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

画像
今夜のBGM・・・ suede / suede

少年どうしのキスシーン・ジャケットもなまめかしい、スウェードの1stアルバム。


93年の発表ですが、この時代のアルバムというのはあまりにもリアルタイム過ぎて、取り上げるのがなんか照れくさいというか、気恥ずかしいというか、客観的に見れないところがちょっとありますね。


当時は大学生でCDショップでバイトしてて、勉強も就職活動もろくにせず(爆)毎日音楽ばっか聴いてました。一番貪欲に音楽を吸収してた頃です。今の下地はほとんどこの時期にできました。


この頃の音楽シーン、米ではニルヴァーナがブレイクしてグランジブームが巻き起こり、英ではストーン・ローゼズハッピー・マンデーズらのマンチェスター/アシッド・ムーヴメントが下火になって停滞してた頃です。そんな中、英ロック復権を担う期待の大型新人として華々しくデビューしてきたのがこのスウェードでした。


まあ、イギリスの音楽ムーヴメントなんて多分にマスコミが作り上げるところがあるのですが、このスウェードが70年代グラム・ロックといういかにも英国らしい要素をまとってブレイクしたのがキッカケとなって、翌年にブラーの「パーク・ライフ」、そしてオアシスのデビュー盤が発表され、いわゆるブリット・ポップの時代が始まるわけです。


スウェードというバンドについては、グラム・ロックの末裔・・・70年代のデヴィッド・ボウイ→80年代のJAPAN→90年代のスウェードという系譜でわかりやすくつながるわけですが、この系譜はここ日本においては特に、いわゆるヴィジュアル系ロックから、耽美系コミックや小説(いわゆるボーイズ・ラブ)といったサブカルに至るまで、それこそ70年代からずっと10代の少女たち、そして元少女たち(笑)に大きな影響を与え続けています。


美しい男性どうしの恋愛が大好きな日本の少女たち。


それは別にいいんですが、いつまでたってもその幻影から抜けられないと、20年後にちょっと変わったおばさんになってます(爆)。わたしも長いこと本屋で働いてたんで、たまにレジとか立ってるとよく来るんですよね、ボーイズ・ラブ・コミックを10冊単位でまとめ買いしてくおばさん・・・。ニコニコしながら、ブツブツ言ってるんですよね・・・・。



・・・・話がそれた。それはともかく、男のわたしの目から見ても、このスウェードのヴォーカル、ブレット・アンダーソンは美しいと思います。デビューの頃は過剰に中性的な動きや振る舞いを見せてましたが、自然にしててもホント、いい男!それにスウェードはそれだけじゃなくて、結構骨太でキャッチーなメロディを紡ぎ出すギターのバーナード・バトラーがギター少年達にも注目される存在だったという強みがありました。ボウイに対するミック・ロンソン的な。2ndで脱退してしまいましたが、それまではこの2人のライバル関係にも似たせめぎ合いが魅力でもありました。


この1stの@「SO YOUNG」A「ANIMAL NITRATE」という退廃的でエロティックな流れは今聴いてもゾクッとします。90年代英ロックを代表する名作。ちなみにわたしはオアシスよりずっと好き。(←いつもこの一言が多い)



スウェードスウェード
スウェード

エピックレコードジャパン 1993-04-01
売り上げランキング : 49399
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Dog Man StarDog Man Star
Suede

Nude 2002-08-12
売り上げランキング : 39667
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

名ジャケ!

カミング・アップカミング・アップ
スウェード

エピックレコードジャパン 1996-09-02
売り上げランキング : 87942
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「TRASH」名曲。

ヘッド・ミュージックヘッド・ミュージック
スウェード ブレッド・アンダーソン ニール・コドリング

エピックレコードジャパン 1999-04-28
売り上げランキング : 77380
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「HE'S GONE」名曲。



ちなみに日本のイエロー・モンキー、初めて聴いた時あまりにスウェードしてたのでちょっとビックリした覚えがあります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シングルクリップ・・・美味しいです♪
今のアイドルもなかなかです⇒DVD ...続きを見る
キャンディーズ
2007/10/16 01:50
ダンシング・クウィーンだぁ♪
アバってご存知ですか? 70年代を代表する4人組の人気ポップグループです。シングル、アルバムの売り上げ枚数、2億5000万枚という驚異的な記録をもっています。人気ミュージカル『ママ・ミア』も彼らの代表作ですね。 ...続きを見る
キャンディーズ
2007/10/18 00:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
大学生の時、ハノイのコピーやりながらも、密かに聴いていました(^^;)。
密かにっていうか、アルバムほとんど持ってますが(笑)。
メロディがしっかりしていて大好きでした。
ところで、輸入盤だと「ロンドン・スウェード」ってバンド名なんですね。この間、ブック・オフで見つけて知りました。
波野井露楠
2007/10/14 12:12
カナさん、どうもです。

スウェード最近全く聴いていなかったので、どんな感じか忘れかけてました。(苦笑)
今夜はこのファーストを引っ張り出して、スウェードのちょっと倒錯的な耽美な世界観にドップリはまってみたいと思います。
Junk
2007/10/14 17:32
初めて聴きましたよ。

波野井さんのブログでも紹介されていたのですが この映像と音楽を聴いて がぜん レンタルしたくなりました。

あの当時は美少年好きでしたが 今はうんと ストライクゾーンが広くなって 贅沢にもなりました(笑)
まり
2007/10/14 17:53
>波野井露楠さん

>「ロンドン・スウェード」

ああ、なんか聞いたことがあるような。よくイギリスとアメリカで互いの存在を知らずに同じバンド名をつけちゃう事ってありますよね。ニルヴァーナも英米に存在するし。
「ザ・ビート」ってバンドも英米にあって、後の両者がそれぞれ「イングリッシュ・ビート」「ポール・コリンズ・ビート」って改名しました。

関係ないですが、日本のアニメが好きなあまり「ウルセイヤツラ」ってバンド名にした人たちがいましたが、許可が下りずに「ヤツラ」って改名したのは笑いました。
カナ
2007/10/16 01:52
>Junkさんへ

Junkさん確かスウェードお好きだったというのは覚えてました。実はわたしも久しぶりに聴きましたが新鮮でした!
カナ
2007/10/16 01:54
>まりさんへ

ストライクゾーンが広がるのはよいことですが、広がりすぎると誰見てもよいと思えるようになって大変です。(最近のわたくし)

「ベニスに死す」を見ると美少年にハマる気持ちがよくわかります。美少年愛好会でも作りますか?(←ヤバイ会)
カナ
2007/10/16 01:59
A motivating discussion is definitely worth comment.
I believe that you ought to write more about this topic, it might
not be a taboo matter but typically folks don't speak
about these topics. To the next! Cheers!!
Wilfredo
URL
2017/07/29 03:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スウェードが90年代に引き継いだグラム・ロックの系譜 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる