音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS やわらかく歪んだサイケデリック・ラウンジ・ミュージック。

<<   作成日時 : 2008/01/31 01:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ LOVE / FOREVER CHANGES

毎日聴くと緩やかに気が狂っていきそうなので怖くてできませんが、折りに触れて取り出さずにいられないのが、黒いブライアン・ウィルソン(そんな呼び方あるか知らないけど、勝手にそう呼んでいる)、アーサー・リー率いるラヴのサード・アルバム「フォーエヴァー・チェンジズ」だ。


1960年代の西海岸で最もヒップだった黒人といえば、ジミヘンスライ、そしてこのアーサー・リー。面白いことに、ジミはブルーズ〜ハード・ロック、スライはR&B〜ファンク、そしてアーサー・リーはポップス〜フォーク・ロックと、それぞれが一見違うジャンルの音楽をやっているようでいて、3者の音楽はサイケデリックという言葉をキーワードに縦横無尽にクロスオーバーしているような気がする。



それにしてもラヴの音楽のなんとカッコいいことだろう。バーズに影響を受けたというフォーキーでグルーヴ感のあるアコギの音色と、そこに重なるやわらかいコーラス。まるでマリアッチのようなトランペットの響き。一聴するとソフトなラウンジ・ミュージックのようなのに、全体的に醸しだす退廃的な雰囲気はやはりサイケの薫り。


こういうソフトなサイケが聴きたい気分の時に、イギリスのニルヴァーナ(カート・コバーンではない)と並んでよく聴くけど、どっちかというとラヴの方が繊細かな?Hのイントロの筆舌に尽くしがたい美しさ。なんでこの美しい曲がこんな風に終わるの??やっぱり毎日聴いたら気が狂ってしまいそう。


ルックス的にも、アーサー・リーは男前だし、ファッションとか見ても凄くお洒落でイカしてるんだけど、孤独を好む孤高の才人ゆえに、ラヴの音楽はジミヘンやスライほど多くの聴衆に届けられることはありませんでした。


このライノから出ているデラックス・エディションは、ボーナス・トラックが7曲ついて、音もいいのでオススメです。ボーナス・トラックの、歌なしアコギだけの飾り気のないデモテイクがまた素晴らしいのです。


それにしても、「ラヴ」ってシンプルで力強くて凄いバンド名だよなあ。早い時代に登場したバンドって得だよね。バンド名なんて先につけたもん勝ちだもんなあ。


Forever ChangesForever Changes
Love

Rhino 2001-02-20
売り上げランキング : 106411
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うわ〜大好きな音盤です。LOVEってストレートな名前でしたね!気恥ずかしいような、でも早い者勝ちで(笑)KISSも早い者勝ちでしたね!(爆)
私もこれ聞いていると何処か狂ってきます。
はじめの3曲しか聞きません。その3曲がめっちゃ凄いと思います。美しいです。
う〜ん、久しぶりに聴きたくなりましたね〜
evergreen
2008/02/01 20:38
>evergreenさん

エヴァさんどうも!
美しいのにどっか歪んでますよね〜。ゆっくりと狂気をはらんでいくような感覚に陥ります。
カナ
2008/02/02 03:05
ブログはじめたばっかりの時、
早いうちにLOVEの記事を書こうと思っていたのに、もう3年目に入ってしまいました(^^;)。
カナさんの記事を読んで、また聴きたくなりました!
波野井露楠
2008/02/04 16:48
>波野井露楠さん

波野井さんどーもです!
もう3年目ですか!でもあっという間に人気ブログになっちゃいましたね。それも波野井さんの誠実な人柄ゆえだと思います。

こちらも3月で丸3年になります。ボチボチやってきま〜す。
カナ
2008/02/05 01:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やわらかく歪んだサイケデリック・ラウンジ・ミュージック。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる