音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 90年代ロックを代表する、ロス・ロボスのぶっ飛び名盤!

<<   作成日時 : 2008/01/08 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
今夜のBGM・・・ LOS LOBOS / COLOSSAL HEAD


これは90年代のロック・アルバムの中でも確実に5本の指に入る大・大・大傑作だと思ってます。なんで今まで取り上げてなかったんんだろ?これはブッ飛びまっせ〜!!


ロス・ロボスといえば今だに「ラ・バンバ」の陽気で明るいラテン・ロック・バンドのイメージが強いのかも知れない。当然わたしも96年にこのアルバムを聴くまではそのイメージをもっていたのだけれど、この骨太なオルタナ・サウンドを聴いて印象がガラリと変わりました。ムチャクチャかっこいいやん!


そもそもベテランで演奏力は折り紙つきな彼らですが、当時としては最先端のトンがった音をモノにできたのは、ミッチェル・フルーム&チャド・ブレイクのプロデューサーコンビの手腕によるところが大きい。


このアルバムの前に、同じコンビがラテン・プレイボーイズ名義で繰り広げたさまざまな実験的要素が、この「コロッサル・ヘッド」でキャッチーに大爆発した、という感じです。


それにしても、先回の記事とコメントでたまたまロビー・ロバートソン&ダニエル・ラノワの話題が出たので、そのロビー・ロバートソンのアルバムとこのロス・ロボスのアルバムを聴き比べていたのだけれど、あまりの音の感触の違いに笑ってしまいました。


ネイティブ・アメリカンとラテンという違いはあれど、どちらも同じ米国ルーツ音楽に根ざしたサウンド。しかし、U2でもおなじみダニエル・ラノワの、いかにも80年代といった深いエコーの効いた人工的な音造りと、90年代を代表するプロデューサー・チーム、ミッチェル&チャドの生々しく歪んだサウンドではこうも違うのか、と。


とにかくザラリ、ゴロリとした手触りのロス・ロボスのオルタナ・ラテン・ロックをぜひ堪能して下さい。ぶっ飛びはA「マス・イ・マス」、ラテン歌謡っぽいB「マリセーラ」も泣けるし、C「エヴリバディ・ラヴズ・ア・トレイン」はイントロのリズムのカッコよさにKOです。そしてジャケットのロボ君のインパクトも凄い!


Colossal HeadColossal Head
Los Lobos

Warner Bros. 1996-03-19
売り上げランキング : 50016
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Latin PlayboysLatin Playboys
Latin Playboys

Slash 1994-03-08
売り上げランキング : 75113
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、聴いてまへん。ぶっとびまっか?
しかし記事に脈絡があって、うらやましいな〜。
substitute
2008/01/08 22:07
>substituteさん

こんばんは!
記事に脈絡があっても性格には脈絡がありません(笑)。
これは発売された時にはかなり聴きまくってました。リズムのカッコよさは特級品です。
カナ
2008/01/10 03:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
90年代ロックを代表する、ロス・ロボスのぶっ飛び名盤! 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる