音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS アル・クーパーのソウルフルな傑作は歌詞もいい。

<<   作成日時 : 2008/01/19 03:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
今夜のBGM・・・ AL KOOPER / NAKED SONGS

アル・クーパーのこのアルバムは、80年代までは知る人ぞ知る、というマニアックな作品だったんですが、90年代に入ってから、クラブのDJたちや、いわゆる渋谷系の人たちの間で、このアルバムの中の「ジョリー」がメチャクチャ流行って・・・特にオリジナル・ラブ田島貴男が激賞してたっけなあ・・・そのおかげで今ではすっかり70年代ロックの名盤中の名盤という位置づけになっていますね。


当然、わたしもこのアルバムの存在を知ったのはその頃で・・・オリジナル・ラブのファンだったので・・・・・手持ちのCDの発売日は1992年になってますが、そのちょっと後だと思います。オビのところに世界初CD化!って書いてあります。


それから折に触れては取り出して聴いてますが、やっぱり何度聴いても素晴らしいものは素晴らしいです。今日もちょっとセンチメンタルな気持ちになることがあって、久々に聴いてるんですが、もう胸にグッと来まくりです。


曲や演奏の素晴らしさもさることながら、(ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」でおなじみの揺らぎのあるオルガン・サウンドと、これでもか!ってくらい情感たっぷりでブルージーなギター)・・・・実は歌詞がすごくいいんですよ。カバー曲も何曲か入ってますが、アルのオリジナルの歌詞は本当に視点が優しくて、、、癒されます。


超名曲@「(BE YOURSELF) BE REAL」の歌詞なんて、一歩間違うとSMAP「世界に1つだけの花」だよ(笑)。でもあんな全方向的で誰に向かって発してるかわかんないメッセージじゃなくて、もっと個人的でプライベートな視点だから共感できるんです。あれってマッキーの書いた歌詞だっけ?なんか「そうさ僕らは世界にひとつだけの花」とか、決め付けられると俺は違うぞって思う(爆)。マッキーはいいメロディーメーカーだと思うけど、昔から歌詞にはどうも共感できない。歌詞はやっぱり私小説的に書いたものの方がいいなあと個人的には思います。


・・・・話が脱線しましたが、F「PEACOCK LADY」にしても普通のラブソングなんですが表現がジェントルでロマンティックなんですよ。アルバムのどこを切っても、歌詞からも演奏からも、アルの優しさが溢れ出てくる、まさに「NAKED SONGS」。


基本的にアル・クーパーって人は、ロックというよりもソウルの人なんだと思う。このアルバムはブルー・アイド・ソウルの最高峰。サム・クックのカバーも、タメがたっぷりで実に感動的です。


赤心の歌赤心の歌
アル・クーパー

Sony Music Direct 2005-09-21
売り上げランキング : 56833
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フリー・ソウル クラシック・オブ・アル・クーパーフリー・ソウル クラシック・オブ・アル・クーパー
アル・クーパー ブラッド・スウェット&ティアーズ

Sony Music Direct 2003-06-18
売り上げランキング : 26197
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アルをクラブでかけるということ発見したDJたち。そんな視点で編まれたコンピレーション。オススメです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
コレはイイですよね!
近いうちに自分の所で書こっかな、と思ってました。
substitute
2008/01/19 15:44
こんにちは、カナさん。

このアルバム、タイトルもジャケットも知っていましたが、聞いたことありませんでした。カナさんの記事読んで聞いてみたくなりました。今度、買ってみようかと思います。

大学時代、アルバムジャケットのアル・クーパーさんと同じ髪型でバンドでピアノ弾いてました。ヘタでしたが(苦笑)。
JT
2008/01/19 16:51
>substituteさん

しょっちゅう聴いてるわけではないんですが、何度聴いてもいいです。記事書いたら是非教えて下さい!
カナ
2008/01/22 04:18
>JTさん

>大学時代、アルバムジャケットのアル・クーパーさんと同じ髪型でバンドでピアノ弾いてました。

なんと素敵な!アフロが伸びたような・・・カーリーヘアっていうんでしょうか?ブライアン・メイのような。そんなに伸ばしてたんですか!もう1回やりましょう(笑)。
カナ
2008/01/22 04:20
カナさん、こんばんは。
これはこれは洗練の極みの1枚ですね!
オシャレなだけに留まらない傑作だと思います。
chitlin
2008/01/29 01:01
>chitlinさん

こんばんは!
意図してオシャレに作ったわけではなく、ソウルフルでブルージーな演奏なのに、結果的にオシャレになってるところがたまらないですね!
カナ
2008/01/30 05:47
こんにちは。
アル・クーパーって、日本ではなんか異常に人気ある方ですよね。
「日本に一番自分のファンがいる、本国では忘れ去られてる存在なのに」(と、本人が言ってた)。
最近になって来日もして、私は涙々で見に行きました。
そうそう「自分のサイトに日本からもメールが来るのだけど、日本語で書いてあってわからない!英語で書いてくれー!」と嬉しい悲鳴?をあげておりました。
らいと
2008/02/18 22:13
>らいとサン

らいとサン、はじめまして!
彼の70年代の作品を世界に先駆けてCD化したのは日本ですもんね。近作「ブラック・コーヒー」もよかったですね。
カナ
2008/02/18 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アル・クーパーのソウルフルな傑作は歌詞もいい。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる