音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽酒場的、怒りと闘争と反戦の記事ベスト。

<<   作成日時 : 2008/02/02 02:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

画像
今夜のBGM・・・ ROBERT WYATT / NOTHING CAN STOP US


今月号のロッキング・オンの特集が、「怒りと闘いのアルバム100選」


最近はサラッと立ち読みで済ませてしまうことがほとんどでしたが、この特集で即決購入しました。怒り、闘争、反逆、これらのキーワードにめっぽう弱いのです。


学生時代に選択した授業が「アメリカ黒人史」だったり、卒論のテーマが「北米チャイナタウンにおける差別とコミュニティ形成の歴史」だったり・・・。はっきりいって就職活動の時も仕事の実務でも何の役にも立ちませんでしたが、人間として大切なものの多くをこの時期に学んだと思ってます。


今話題になってる中国製のギョーザの問題だって、ともすれば中国人のモラルだの衛生観念だのの問題にすり返られそうになりますが、自分達が食べる魚の骨まで低賃金の中国人労働者に抜いてもらっているという事実をまず恥ずかしいと思うのが普通ではないのか?


ものごとそんなに単純ではないのだ。




それにしてもこのロッキング・オンの特集、久々に読み応えのあるいい特集でした。

過去にこの「音楽酒場」でとりあげたアルバムもたくさん紹介されてます。


そこで、過去にとりあげた「怒り」「闘争」「反戦」に関するアルバムの記事で、自分的にまあ気に入っているものをいくつかピックアップしてみました。


とはいえ、なんだかんだ言って平和な日本でノウノウと暮らす自分の日常の些細な怒りなんて実にショボいものですけどね(笑)。



35歳サラリーマン、グリーン・デイにグッとくる。

これはグリーン・デイの「マイノリティ」の歌詞にグッときた気持ちを表現するために書いた記事です。ボブ・ディランと松田優作の言葉に大いに共感したというのもあります。



やり場のない怒りを音楽で発散!レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン編

この記事書いた時はとにかくメチャクチャ怒ってました。より大きな怒りの音楽によって自らの怒りの炎を消すという、火をもって火を制するという実験です(笑)。



プライマル・スクリームは唯一の現役パンク・バンドだ!

せっかく手に入れたサマーソニックのチケットを手放さずにいられなかった怒りを記事にぶつけてます(笑)。それにしてもここまで破壊力を持ったアルバムを未だに知りません。



若かりしイギー・ポップの究極のカラダと音楽。

ぷよった自分のカラダに対する怒り(笑)。



ミサイルが飛んできた日、カーティスを聴きながら。

北朝鮮からミサイルが発射された日に、戦争への不安と自分の無力さを思い知って、子供たちの将来を想って書いた記事。うまく表現できてないけど。



デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズの、若気の至りがカッコイイ1stアルバム。

最後に映画「ザ・コミットメンツ」に言及するところが気に入ってます。



「アイルランドのクラッシュ」、スティッフ・リトル・フィンガーズ登場!

なんか酒のことについて熱く語ってますね。懐かしい。



マイルスからパブリック・エネミーに至る黒人レベル・ミュージックの系譜

さまざまな黒人音楽の闘争の歴史を一本の記事で総括しようとした無謀な記事。



番外編:穴金、怒る!

「音楽酒場」ではないですが、もう一方のブログから。日常の怒り、ここに極まれり!くだらねー(笑)。



最後に、ロバート・ワイアット「ナッシング・キャン・ストップ・アス」を紹介しておきます。

世界中の労働者の歌、差別に対する反逆の歌、反戦の歌を集めて、ワイアットがあの声で訥々と歌います。激しい歌だけがレベル・ソングではない、静かな反逆の歌が感動的です。



ナッシング・キャン・ストップ・アスナッシング・キャン・ストップ・アス
ロバート・ワイアット

ビデオアーツ・ミュージック 2002-02-27
売り上げランキング : 262012
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
雪の季節にレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
土曜日は大阪でもたくさんの雪が降った。 寒さの中、残った仕事をこなすため午後から出社。 道すがら小学生と思わしき子供が雪を掴んで嬉しそうに遊んでる。 もちろん素手で掴んでるわけだが、冷たくないのか? 冷たくないんだろう。 僕はけっこう少年っぽさが売りなのだが(自分で言うな!?)、あの寒さの中雪を素手で掴もうとは思えない。 どうあがいても自分がただのオッサンであることを、その時思いっきり自覚した。 僕はちょっとブルーな気分になりながら凍えそうな身体を丸め会社に向かった。 ...続きを見る
名盤!
2008/02/10 20:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お邪魔します。
以前、インダストリアルから検索をかけて旅をしていたらカナさんのところに辿りつきました。
Robert Wyattワタシも好きです。最近聴いていなかったのですがまた聴きたくなりました。ありがとうございます。
また立ち寄らせていただきますね。
女芽子
2008/02/02 03:16
怒っていいんですよ。
それを、自分の中で形にして表現する方法を知っていた方が、自分を大事にしている事になると思うんです。

冷静を保ったように、過ごしていた所で、本来の自分に向き合っていないので、後で絶対違う形で自分の中で吹き出してくるモノ。
怒りのエネルギーを、前向きな形に変換できるか、、。
自分もいつも考えていますよ、、。
だいまつ
2008/02/02 07:58
あれから、カーティスのトリュビート・アルバムを聞いて良さが分りました。
日本も格差社会になってゆくので、こういった怒りは充満してますね!
まり
2008/02/02 20:16
こんばんは。
今日怒ったことは、ヤフーニュースでみた「知的障害女性を使った爆弾テロ」のニュースです。
目先の欲や保身にしか興味のない人が多い世の中で、人が人を傷つけることに怒れる人は、とても自然で尊いと思います。

勇気の出る記事を、ありがとうございます!
スザキ
2008/02/03 03:36
>女芽子さん

はじめまして!インダストリアル系はそんなに記事にしてないと思いますので、よくたどり着いていただいたと思います。この縁で今後もどぞよろしくお願いします。
ワイアットいいですよね!
カナ
2008/02/03 07:08
>だいまつさんへ

>怒りのエネルギーを、前向きな形に変換できるか、、。

これ、すごく大事ですよね。怒りを憎しみにしか変換できないというのは悲しすぎます。が、テロや殺人、世の中で起きてる事件というのはほとんどそれが原因。

今朝もイラクでの知的障害者を使った人間爆弾テロのニュースを聞いて憤ってます。大義のために人が殺せるとは思いません。やっぱり根本的にあるのは怒り、愛憎・・・。

自分をコントロールすること、まだまだ修行中です。

カナ
2008/02/03 07:19
>まりさん

いつも記事を詳細まで読んでいただいて感謝してます。
いつもニコニコと人あたりがよく、でも間違っていると思えることに対してはNoと言える、そんなカーティスのような親父になりたいと思ってます(笑)。
カナ
2008/02/03 07:25
>スザキさん

こんにちは!
わたしも朝からこのニュース聞いて憤ってます。
普段はあまり政治的、社会的な話題は取り上げないんですけど、さすがに気分悪いですね。

>人が人を傷つけることに怒れる人は、とても自然で尊いと思います。

こちらこそ、そう言っていただけることが一番勇気をもらえます。ありがとうございます!
カナ
2008/02/03 07:29
ハイ♪コツコツと女芽子ストライクなブログを探していたのです。T.Gの記事も面白かったです。

こちらこそどぞよろしくお願いいたします。
女芽子
2008/02/04 03:21
>女芽子さん

女芽子さんブログ全部読んでしまいました。
心の琴線に触れるものがあって・・・。

リンク貼らせていただきましたのでこれからもよろしくお願いします!
カナ
2008/02/05 01:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
音楽酒場的、怒りと闘争と反戦の記事ベスト。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる