音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ビバ!80’s・・・お洒落硬派、ブロウ・モンキーズ

<<   作成日時 : 2008/02/13 02:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
今夜のBGM・・・ THE BLOW MONKEYS / SHE WAS ONLY A GLOCER’S DAUGHTER

昨日のスクリッティ・ポリッティの記事で、黒人音楽に傾倒したニュー・ウェイヴ期のバンドとしてスタイル・カウンシルシンプリー・レッドの名前を挙げたけど、大事な人たちを忘れてました。


ジャ〜ン、もちろん、われらが〜、ザ・ブロウ・モンキーズでーす!!    















え、知らないって?・・・・・



う、20代の人たち、アークティック・モンキーズなら知ってるって?え、40代の人たち、ただのモンキーズなら知ってるって?



う・・・じゃあ、80年代に青春時代を過ごした30代のアナタ!もちろん知ってるよね!・・・・・え、知らない?  ショボン・・・





と、とにかく、わが青春のブロウ・モンキーズ、彼らの出世作シングル、「ディギング・ユア・シーン」のプロモ・クリップをMTVで見て(←ここが80年代ぽいでしょ?)、お洒落でダンサブルで、それでいて何か企んでいるような目つきの悪いヴォーカルのDr.ロバートを見て、当時メタルばっか聴いてた中3のわたしは、ああ〜もうメタルなんか聴いてちゃ女子にモテない!これからはこーいうお洒落な音楽を聴こう!!と決意した思い出の1曲であります。(←バカ)



そのわりには高校入ってフォーク・ギター部というモテないクラブに所属してしまったのでありますが・・・。



まあそれはともかく、お洒落でケーハクそうな音楽とは裏腹に、歌詞はメチャクチャ政治的で硬派だったりするのが、女子だけでなく男子をもトリコにするところ。このDr.ロバートという人は相当に頑固な人で、当時ミュージック・ライフだったかな?のインタビューで、

「マイケル・ジャクソン、プリンス、テレンス・トレント・ダービーについてどう思いますか?」

というような質問に、


「マイケルは好き。プリンスも好き。テレンス・トレント・ダービーは・・・・大ッ嫌い!」


なんて発言してたのを覚えてます。マイケルやプリンスはリスペクトするけど、自分と同時期に出てきて先にブレイクしていたテレンスに対しては複雑な感情持ってたみたいですね。



んで、そんな彼の政治的主張を前面に押し出した歌詞と、黒くてファッショナブルな楽曲の融合がピークを迎えたのが、3rdアルバム「オンリー・ア・グローサーズ・ドーター」


このアルバム、当時のサッチャー政権を強烈に皮肉ってて、アルバムタイトルも、「(サッチャーなんて)たかが乾物屋の娘じゃないか」と、彼女の実家を例えに出しておちょくってます。
こうやって書くとなんか乾物屋の娘をバカにしてるみたいで嫌だけど。言っときますが、わたしは乾物屋の娘さん好きですからね。「あしたのジョー」の紀ちゃん好きだし。(←わけわからん)


アナログ盤のレーベル面にも、サッチャーらしき女性の肖像画が印刷されてました。やる時は徹底的にやります、粘着質のDr.ロバート。
画像




なーんて、政治や思想の話は置いといても、このアルバムはとても素晴らしいのです。リード・シングルの「ビー・ジス・ウェイ」をはじめ、とにかく曲がキャッチーで粒揃い。




「デイ・アフター・ユー」では御大カーティス・メイフィールドを引っ張り出してきてデュエットしてます。これも素晴らしい仕上がり。ポール・ウェラーにしてもDr.ロバートにしても、ソウルに傾倒してて政治的意識の高い人って、みんなカーティスのことが大好きだね。


She Was Only a Grocer's DaughterShe Was Only a Grocer's Daughter
Blow Monkeys

Bmg Int'l 2002-06-25
売り上げランキング : 39280
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このCDは中古しか市場に出回ってません。なくならないうちにゲットだ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
80年代に、リアルタイムでは全く聞いていませんでしたが、こうしてYoutubeで見てみると、やはり80年代という事で、自分には聞きやすいですね。

何といっても、80年代。
繰り返し聞いているのはこの時代のCDというのがこの頃わたし、、、
だいまつ
2008/02/13 07:51
ブロウ・モンキーズ=「ディギング・ユア・シーン」の私です。当時えらく聴いた1曲です。

アルバム(多分「ディギング〜」が入っていたヤツ?)は友人が持っていたのをテープにダビングしたのを覚えていますが、殆んど記憶にないです・・・。
カナさんの記事を読み、聴き直したくなりました。(昔を反省)
Junk
2008/02/14 11:51
>だいまつさん

レス遅れて申し訳ないです。

われわれの世代にはやっぱり80年代は重要です。60年代や70年代の方がロック史的には重要な作品が多いと思うけど、個人史的には80年代の方がはるかに重要なのです。
カナ
2008/02/18 23:30
>Junkさん

レス遅れて申し訳ないです。

ブロウ・モンキーズのベスト、たまに中古屋で500円切るくらいの値段でみかけますので、見つけたらぜひゲットして下さい!
カナ
2008/02/18 23:32
This is my first time go to see at here and i am really impressed to read all at one place.
Bell
URL
2017/07/24 22:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビバ!80’s・・・お洒落硬派、ブロウ・モンキーズ 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる