音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS EROいんです。セルジュ・ゲンスブールのSEXソング集。

<<   作成日時 : 2008/03/09 04:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
今夜のBGM・・・ SERGE GAINSBOURG / CLASSE X

近所の「買取王国」さんの中古CDコーナーをプラプラしてたら、フレンチ・エロの哲人、セルジュ・ゲンスブール氏の、ジャケもメチャかっこいいコンピ盤を1,200円で発見し、即購入。


ここに収録されたのは、ゲンスブールのエロにまつわる数多くの楽曲の中から厳選した、まさに究極のエロ・ソング20曲。


「人生で大切なことは、まずセックス、酒、煙草、書くこと、そしてまたセックス、それから娘のシャルロット・・・」


ゲンスブールの名言中の名言です。かっこえ〜。「そしてまたセックス」(笑)。普通2回も出さん。「それから娘のシャルロット」てのもしびれます。こんな親父になりたい(←バカ)。



ジェーン・バーキンとのセックス実況ソング、「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」、わたしも大好きな曲ですが、ここではオリジナル版のブリジット・バルドー版を収録。こちらは初めて聴いた。

もともとこの曲はバルドーのために書かれた曲で、当時の夫の怒りを恐れたバルドーが土壇場で発売中止を求めたためお蔵入りになったそうです。可愛いバーキンのウィスパー・ヴォイスに比べてバルドーはもっと肉感的で激しいあえぎ声。どちらが好きかはお好みで・・・わたし?時と場合によるかな。


フランス・ギャルに歌わせた暴虐のフェラ○○ソング、「アニーとボンボン」はジェーン・バーキン・バージョンで収録。


そして、本当に本当に美しいメロディを持つ「セックス・ショップ」は、歌詞が・・・・歌詞が凄すぎる!あばずれ・・・変態女・・・・ああこれ以上は書けん。


知りたい人は買ってください。絶対に対訳付きの日本盤がオススメ。松山晋也氏の素晴らしい解説もついてるし。下のリンクは輸入盤なので、上のアルバム・タイトルのリンクから国内盤に飛びます。


セックスという行為を通じて生そのものの孤独や虚しさを見つめたゲンスブール。その歌の持つ深い業の向こう側には、人生の孤独を照らす一筋の希望の光が見え隠れします。



画像

モザイクの下の不敵な笑みもイカスぜ。


ゲンスブール関連の過去記事


Classe XClasse X
Serge Gainsbourg

Polygram International 1999-02-09
売り上げランキング : 296275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
早速「ジュ・テーム・ノン…」を聴きました。EROソングは美しくなくてはエロくないですね!ゲーンズブールの言葉はサトリに近いです。本音トークの男性が好きだしぞっこんになりマス。
まり
2008/03/10 18:34
>まりさん

美しくなくてはエロくない・・・名言ですね!
まったくその通り。ラヴ&ピース&エロス!
カナ
2008/03/11 23:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
EROいんです。セルジュ・ゲンスブールのSEXソング集。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる