音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンカデリックこそブラック美学の集大成。

<<   作成日時 : 2008/03/11 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ FUNKADELIC / FUNKADELIC

自分なりのブラック・ミュージック観を頭の中で整理・整頓している最近のわたしですが、今日は本命の登場です。


王道ブラック・ミュージック、という観点では異端かも知れませんが、自分の中でのナンバー1はやっぱりファンカデリック。彼らが一番黒い!という結論に達しました。


ロック的な要素が強い彼らの音楽を一番黒いと言ってしまうのも勇気が入るけれども。


感情表現としての黒人ブルーズの原初的な黒さと、アフリカ的なポリリズムを導入したJB発のファンク・リズムの黒さを、アンプにダイレクトでプラグインして高圧電流で歪ませたようなファンカデリックのとぐろを巻くグルーヴが感覚的にはやっぱり一番黒い。


いわゆる普通のロックとは食感がぜんぜん違うのだ。


そのファンカのアルバムの中でも、コールタールのようにギラギラと黒光っているのがこの1st。後のアルバムほどすっきりと整理されてませんが、まさに原始の黒さが渦を巻いているような恐ろしいアルバムです。


まず聴いて欲しいのはC。イントロのギターを聴いてると日本の津軽三味線のリズムも相当黒かったんだということに気付きます(笑)。そしてゾワゾワとしたユニゾンのコーラスが嫌が上でも高揚感を煽り、ジミヘン譲りのギターソロは左右のチャンネルをグルグルと回転して脳みそをかき回す。大盛り上がりの後のラスト、16だったリズムがいつの間にか8ビートに変わって、それが次第にシャッフルに変化しながらフェイドアウトしていくところが鳥肌モノです。


彼らのデビューシングルであるAの、ネチっこ〜い引きずるようなビートがダラダラと続く快感を一度知ってしまうと病みつきになります。なにしろブルース剥き出しだったり、洗練という言葉にはほど遠いような楽曲が並んでますが、なんか得体の知れない凄みという点ではこれが一番。怪しさ100%


このファーストを筆頭に、セカンドの「フリー・ユア・マインド〜」、それからサードの「マゴット・ブレイン」までは、内容は非常にシリアスで、ある意味ジミヘンのトリビュートアルバムのようなものと思ってます。それ以降になるとだんだんギャグの要素が入ってきて(笑)、バンドとしての実態もパーラメントと区別が付きにくくなってくる。


もちろん、その辺も大好きなんですが、ロック・フリーク、ジミヘン・フリークにはまず最初の3枚でしょ!


FunkadelicFunkadelic
Funkadelic

Westbound UK 2005-04-25
売り上げランキング : 46132
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファンカの全アルバム中、一番ブルース色が濃いファースト。サイケ・ブルース。

Free Your Mind And Your Ass Will FollowFree Your Mind And Your Ass Will Follow
Funkadelic

Westbound UK 2005-04-25
売り上げランキング : 94292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サイケデリック・ロックとしては一番ぶっ飛んでるセカンド。1曲目から逝っちゃってます。

Maggot BrainMaggot Brain
Funkadelic

Westbound UK 2005-04-25
売り上げランキング : 40244
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

言わずと知れた傑作サード。ロック・アルバムとしてのバランスは一番。祈るような@。ぶっ飛びのF。

America Eats Its YoungAmerica Eats Its Young
Funkadelic

Westbound 2005-11-01
売り上げランキング : 245170
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブーツィー・コリンズ初参加でイッキにファンク度がアップした4枚目。

Cosmic SlopCosmic Slop
Funkadelic

Westbound 2005-11-01
売り上げランキング : 206352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

P.ファンクならではのおバカなコンセプトが出現し始めた5枚目。ジャケもここから、これぞファンカデリックていうサインペン画!

Standing on the Verge of Getting It OnStanding on the Verge of Getting It On
Funkadelic

Westbound 2005-11-01
売り上げランキング : 246224

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

レッド・ツェッペリン色が一番強い6枚目。つまりファンカ流ハード・ロック。ギターリフがメチャかっこいい。

Let's Take It to the StageLet's Take It to the Stage
Funkadelic

Westbound 2005-11-01
売り上げランキング : 278815

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファンク色が一番強い7枚目。つまり一番パーラメントっぽい。

Tales of Kidd FunkadelicTales of Kidd Funkadelic
Funkadelic

Westbound 2005-11-01
売り上げランキング : 149850

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

P.ファンク軍団の副将軍、バーニー・ウォーレルの荘厳なキーボード・プレイが大爆発する8枚目。一番プログレっぽい。

Hardcore JolliesHardcore Jollies
Funkadelic

Snapper UK 2002-07-16
売り上げランキング : 130096
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界中のギター・プレイヤーに捧げられた、ファンカ史上最高のギター・アルバム。なにはともあれタイトル曲のインストC。こんなにカッコいいギター・ロックは他にない。100回は聴いてる。

One Nation Under a GrooveOne Nation Under a Groove
Funkadelic

Charly 2004-04-19
売り上げランキング : 127254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファンクとロックがバランスよく調和した、ファンカ史上最も洗練されたアルバム。ここまでくると美しささえ感じる。個人的にはここからファンカにハマった思い出深い作品。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
遅いコメント、失礼します。
Funkadelic、これまで殆ど縁がなかったのですが、エエ歳こいてからハマりはじめてます。
1stアルバム、とてつもないBlack Rockですね。
Substitute
2008/03/25 23:12
>Substituteさん

ファンカにコメントが付いてよかったです(笑)ありがとうございます!

とてつもなすぎてちょっと怖いアルバムですね!初期は彼らもマジでやってるのでより怖いです。後期はお笑いの要素が増えてきますからね。
お笑いといってもふざけてやってるわけでなく、より黒人大衆に対して門戸を広げるためにエンターテイメント性を高めたということですが、それがまたストリート感を増幅してたまらないです。
ヒップホップに直接つながっていくようなストリート感覚だと思います。
カナ
2008/03/26 01:05
ここ2年ほど私の中でFunka熱が再燃しておりまして、特にOne Nation Under the Groove以前のゴリゴリギターのうねりにやられっぱなしなのです。ロック色が強いといったって、彼らが一番黒いというというご意見にはまったく同感です!黒いというよりどす黒い。最近出た71年のライブアルバムを購入したのですがやっぱりどす黒いアンドうねうねです。もう逃れられないあり地獄にはまったあという感じです。
りかまん
2009/12/09 12:54
>りかまん

コメントありがとうございます!
レス遅くなりまして申し訳ありません。
ファンカどす黒いですよね。彼らの全盛期のライヴを1度でいいから観てみたかったと思います。
カナ
2009/12/13 03:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ファンカデリックこそブラック美学の集大成。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる