音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ジミヘンのファースト&廃盤特集。

<<   作成日時 : 2008/03/18 05:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
今夜のBGM・・・ JIMI HENDRIX / ARE YOU EXPERIENCED


「♪キツネっぽ〜い女〜」




・・・ジミヘン「FOXY LADY」を、つい王様の日本語直訳バージョンで歌ってしまう、カナと申します。あなたのまわりにも、キツネっぽい女いませんか?


最近どビックリしたのが、ソフトバンクのケータイのブラッド・ピットが出てるCMで、ジミヘンの「ヴードゥー・チャイル」が使われてたこと。イギー・ポップに続いて、ホントに好き者な担当者ですね。



さて、「♪キツネっぽ〜い女〜」から始まる、ロック史に残る記念すべきジミのファーストアルバム「アー・ユー・エクスペリアンスド」です。


いつもA「マニック・ディプレッション」ミッチ・ミッチェルのドラムの手数の多さに笑えるし、B「レッド・ハウス」を聴いてとろけそうになってしまうし、C「キャン・ユー・シー・ミー」のタメも最高だし、D「ラヴ・オア・コンフュージョン」のめくるめく展開に驚愕するし・・・と、1曲1曲あげていくとキリがないくらい充実してます。溢れ出るアイデアを止めることができない、といった感じ。

ライヴの野性味だけが強調されがちなジミですが、スタジオ盤では録音も凝りに凝っていて実に繊細です。

アー・ユー・エクスペリエンスト?アー・ユー・エクスペリエンスト?
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス

ユニバーサル インターナショナル 2006-06-21
売り上げランキング : 17243
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



一応、これでジミのオリジナル・スタジオ盤は全て紹介したことになります。一応、というのは、ジミの作品は死後いろいろな形で出て、それが廃盤になったり出直したりとワケのわからないことになってて・・・


このファースト、そしてセカンドの「ボールド・アズ・ラヴ」、サードの「エレクトリック・レディ・ランド」、ここまではジミの生前に出ているので文句なしのオリジナル・スタジオ盤。

アクシス:ボールド・アズ・ラヴアクシス:ボールド・アズ・ラヴ
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス

ユニバーサル インターナショナル 2006-06-21
売り上げランキング : 70098
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エレクトリック・レディランドエレクトリック・レディランド
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス

ユニバーサル インターナショナル 2006-06-21
売り上げランキング : 3370
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




で、死後最初に出た作品集が、「クライ・オブ・ラブ」

画像


これが長いこと、幻の4枚目のスタジオ盤ということになってました。「フリーダム」「エンジェル」といった名曲もあり、ジミのソングライターとしての穏やかな一面も味わえる、とても好きな作品です。



画像


これは「戦場の勇士たち」、ジャケは不気味ですが、「ステッピング・ストーン」などスリリングな曲も収録された侮れない未発表曲集。



画像


これは死後発表された作品の中では個人的に最も気に入っている作品「クラッシュ・ランディング」。1曲目「メッセージ・トゥ・ラヴ」から、ファンキーで黒い。おそらくジミのギターに後からオーヴァーダビングされた作品が大半で、リズムの躍動感に欠けるんだけど、ジャケといい雰囲気といい、なんか妙に魅力的なんです、このアルバム・・・。


他にも、「レインボウ・ブリッジ」なんてサントラや、「ルーズ・エンズ」「ミッドナイト・ライトニング」なんてのも出てました。


このようにとっ散らかっていた未発表作品集を全て廃盤にして、それらを正規の4thアルバムとしてまとめ上げたのが、「ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン」です。

ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サンファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン
ジミ・ヘンドリックス

ユニバーサル インターナショナル 2006-06-21
売り上げランキング : 36287
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




スタジオ盤でさえこの複雑さ、ましてやライヴ盤なんてグチャグチャです。

現行で出ているライヴ盤は、1つのステージをコンプリートに近い形で収録したものが多くなってますが、それまではいろんなライヴ音源をツギハギにしたものが主流でした。


しかし、必ずしもコンプリート盤の出来がよいとは限らないのが面白いところ。実際に、ジミのライヴ盤で一番カッコイイのが、廃盤になってしまった編集ライヴ、「ヘンドリックス・イン・ザ・ウェスト」!これです。

画像


世界中に何百、何千とあるであろうこの曲のカヴァーの中でも頂点に位置する、最高のカッ飛び・「ジョニー・B・グッド」から始まります。思えばこの「ジョニー・B・グッド」を聴いたのが運のツキ。ジミヘン底なし沼への始めの一歩でした。


「ヴードゥー・チャイル」のカッティングの切れもモノ凄いし、「レッド・ハウス」もスタジオ以上にトロトロのトロリンコ!


貴重なステージをそのままアルバムで再現するのも重要な仕事ですが、編集ライヴでもいいものはいい!まずはこの名ライヴ盤を再発することを切に願います!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます&感謝です!ジミヘンは分かりづらいのなんのって(笑)詳細良くわかりました!ジミヘンは聴けば聴くほど、新たな発見をしてしまいます!早死にするのも頷けます。きっとロバジョン同様、クロスロードで悪魔と取引したんでしょう♪
リュウ
2008/03/19 11:06
>ジミヘンの「ヴードゥー・チャイル」

あ、ずっと「ヴードゥー・チャイルド」と思っていました。アルバム持ってへんもな、Electroic Ladylandだけ。あとLadylandだから名古屋のライブハウスの表記もELLでなく、ELが正しいかも。

あのCMも画像もかっこいいので、ジミヘンのギターもハマってますよね。初めて見たとき、「おぉ!」と思ってしまいました。

>、「ヘンドリックス・イン・ザ・ウェスト」!

これCD化されていたのですね!アナログ盤持ってました。「リトル・ウィング」も入ってましたよね、たしか。
JT
2008/03/20 00:31
以前から記事にしようと思ってたけど一向にかけません。ぐちゃぐちゃだったからなんだ。もう好きな曲だらけ!「ブードゥ・チャイル」「リトル・ウィング」も好きだがディランの「ライク・ア・ローリングストーン」が めっさカッコええ♪
まり
2008/03/20 07:09
>リュウさん

こんばんわ!
ジミの未発表音源の発掘はこれからも続いていくんでしょうね。短い活動期間でそれだけの音源を残していたことが驚愕です。
カナ
2008/03/21 01:58
>JTさん

普通に読めば「チャイルド」でしょうね。でもチャイルって書いてあります(笑)。発音がチャイルだから?ジミヘンには他にも「ハイウェイ・チャイル」って曲もあります。当時の日本の担当者のこだわり?

「イン・ザ・ウェスト」のCD、出てた期間が短いので結構貴重なはずです。いいタイミングで手に入れてよかったです。
カナ
2008/03/21 02:01
>まりさん

ジミは優しい男なので「ライク・ア・ローリング・ストーン」のような曲でも優しく優しく歌います。優しくなければ「リトル・ウィング」や「エンジェル」のような歌が書けるわけがない。

ジミの歌が好きだという人は全面的に信頼することにしています(笑)。
カナ
2008/03/21 02:05
当年とって62歳のロック好き爺さんです。60年代から70年代のロック、ポップスが大好きです。10年ほど前、引越しする際にかみさんからうるさく言われて泣く泣くレコードを処分しました。300枚程度あったなかで最も高く買ってくれたのがこのアルバム「アー・ユー・エクスペリエンスド?」でした。といってもたしか3600円でしたが。いま思うと惜しいことをした、と悔やまれます。
blueswave
2008/03/21 18:06
>blueswaveさん

はじめまして。コメントありがとうございます。当方は36歳の若輩者ですのでジミヘン語るのはおこがましいですが、追体験なりの視点で音楽ブログやっています。
リアルタイムで60年代・70年代ロックを体験されてる方は憧れで、羨望の眼差しで見てしまいます。

>引越しする際にかみさんからうるさく言われて

どこの奥さんも同じですね(笑)。音楽生活は家族との軋轢とその回避とを繰り返す日々です。
カナ
2008/03/24 04:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジミヘンのファースト&廃盤特集。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる