音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ロック名盤おさらいシリーズ・・・Cタクさんが『ツェッペリンU』を熱く語る。

<<   作成日時 : 2008/08/26 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

画像
今夜のBGM・・・ LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN U


カナ「タクさん、北京オリンピックの閉会式見た?」

タク「ああ〜見たよ。出てきたね、ジミー・ペイジ。2階立てバスの中から。」

カナ「出てきましたね〜、ドラちゃん。」

タク「・・・またそういうこと言う。」

カナ「ドラちゃんは言いすぎか。以前に比べてそこまで太ってないもんな。」

タク「そういうことばっか言ってるから、『お前は本当に好きなのか』とか『バカにするな!』とか言われて怒られるんだよ。」

カナ「クリムゾンの時は相当言われたなー。でも、これは愛情の裏返しなんですって。渋谷陽一だって一時期ペイジのことボロクソに言ってたでしょ?」

タク「どうだかね。」

カナ「タクさんは当然、ツェッペリンはリアルタイム派でしょ?」

タク「ああ、ツェッペリンWが出たばっかの時、兄貴の友達の家で聴かせてもらったのが最初かな?やっぱ月並みだけど『天国への階段』聴いて感動したよ。」

カナ「いい出会いですね〜。僕なんかジミー・ペイジ最初に聴いたのがザ・ファームですからね。最悪ですよ。」

タク「あれはペイジのアルバムってよりポール・ロジャースのアルバムだね。」

カナ「ポール・ロジャースって、ミック・ジャガーに『お前歌下手だな』って言ったらしくて、そのエピソード聞いて以来イマイチ好きになれない。」

タク「ホントかよ、その話。」

カナ「雑誌で沢田研二が言ってた話なので、ホントかどうかはわからない。」

タク「(笑)わけわからん。ポール・ロジャース、俺は嫌いじゃないけどね。」

カナ「フリーは好き。でも、それはポール・コゾフアンディ・フレイザーの青臭さが好きだから。だからバドカンはそんなに。どうもあのコブシの回る歌い方が好みじゃないんだよね。だからクイーンに入ったって話を聞いた時は怒りを覚えたね。俺のフレディの歌をよくも・・・」

タク「ペイジの話じゃなかったの?」

カナ「あっ、そうそう。そんで、ライヴ・エイドでツェッペリン再結成したのをTVで見てたのが中学ぐらいなんで、思いっきり後追いですよ。」

タク「マスターは確か、中期から後期のツェッペリンが好きなんだよね。」

カナ「アルバムだと『フィジカル・グラフティ』か『プレゼンス』ですね。『プレゼンス』で到達した地点は、ある意味、ロックの極北だと思います。あまりに完璧だけど、むしろ『フィジカル〜』の混沌としたパワーに圧倒されますね。」

タク「・・・・ふふふ、青いな。」

カナ「えっ、青いすか?」

タク「ふふふ、まだまだケツが青いよ、君。やっぱりねー、何だかんだ言ってゼップの真髄は4枚目までにあるんだよ。特にこのUだね!これをあと100回聴いて出直してきなさい。混沌としたパワーといったらフィジカルよりもこれだよ。」

カナ「確かに、ブルースだのアコースティックだのハードロックだのエルヴィスだのが渾然一体となって、すごいドロドロしたアルバムですよね。」

タク「そうそう。ツアーして酒飲んでホテルで暴れて、スタジオ押さえてちょっとレコーディングして、またツアーして酒飲んで暴れてレコーディングして・・・という繰り返しの末に無理矢理ひねり出したアルバムだからね。曲ごとに録音状態が全然違うのよ。それを無理矢理編集してつなぎ合わせてる。」

カナ「そんな状態じゃ普通パワーが落ちそうなもんですけどね。」

タク「そこはアレだよ、酒とクスリと女で乗り切るんだよ。メンバーは酔っ払ってラリってるけど、若いからパワーと才能だけは溢れるほどあるしね。この時期のメンバーなんて怖くて誰も近寄れないって。こういうのを、カオスを焼き付けた本物のロック・アルバムっていうんだよ。」

カナ「なな、なるほど!」

タク「だいたい『胸いっぱいの愛を』なんて邦題のついた曲が、あんなメチャクチャ前衛的な曲なんて思わないだろ?」

カナ「曲のタイトルを初めて見たときは、どんな美しいラブ・バラードなんだろうと思いました。」

タク「それがフタをあけたらあのクレイジーな展開。やっぱり俺にとってのツェッペリンのNo.1はこのアルバムだね。」

カナ「う〜ん・・・そう言われると、『フィジカル〜』や『プレゼンス』が凄く落ち着いた大人のアルバムのような気がしてきた・・・。」

タク「そうそう、あんなのこれに比べりゃAORだって。」

カナ「・・・(それは言いすぎだよ、タクさん。)」



レッド・ツェッペリンIIレッド・ツェッペリンII
レッド・ツェッペリン

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-05-25
売り上げランキング : 22137
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィジカル・グラフィティフィジカル・グラフィティ
レッド・ツェッペリン

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-05-25
売り上げランキング : 28626
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


PresencePresence
Led Zeppelin

Wea Japan 1994-08-18
売り上げランキング : 4321
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The FirmThe Firm
The Firm

Columbia 1990-10-25
売り上げランキング : 69916
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バッド・カンパニーバッド・カンパニー
バッド・カンパニー

Warner Music Japan =music= 2008-01-23
売り上げランキング : 134724
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ファイアー・アンド・ウォーター+6ファイアー・アンド・ウォーター+6
フリー

ユニバーサル インターナショナル 2006-06-21
売り上げランキング : 81260
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。アフィリのジャケット見ると心が静まります。このセカンド、昔「名盤」と紹介されて聞いた時には、ビートルズやパープルくらいしか知らなかったので、そのメロディのキャッチーな部分が皆無なところでノックアウトされた中坊でした。

ZEPってある程度音楽聴きこまなければ、その良さが分かりづらいバンドだと思います。私も後期のアルバムに心ひかれながら、ベスト盤の一曲目ではノックアウトされたり。たぶん、BOXがやってきたら毎日悶絶ものだと思います。(←変態?)
ぷくちゃん
2008/08/27 06:27
とにかく、このアルバムはベスト3に入るほどよく聴きました。
おかげで体型もドラちゃんに…
まあ専門家じゃないですが、ディプパープルをガマンしてコッチに転向してロックの深みにはいりこみました。
ちなみにプレゼンス以降は持ってません(~_~;)
まり
2008/08/27 19:43
>ぷくちゃん

『ロックン・ロール』とか『ブラック・ドッグ』とかは一発でわかりましたが、やっぱり変形ブルースのような曲はわかるまでだいぶ時間がかかりました。『幻惑されて』とか『レモン・ソング』とか。黒人ブルース聴かないと本当の良さがわからないバンドかも知れません。あと、いかに上手にパクッてるかも。
カナ
2008/08/28 03:49
>まりちゃん

体型はドラちゃんにならないようにお互い気をつけましょう(笑)。

パープル路線を突き進むと最終的には雑誌「バーン!」があなたを待っています。良かったですね、こっち路線に転向して!(←別にパープルが嫌いなわけではないので誤解のなきよう)
カナ
2008/08/28 03:53
ロバートさんのボーカル以外に『ブラック・ドッグ』の裏表わかなくなるリズムが駄目だったかもしれません、当時。

でもBBCライブとか、ライブDVDとか持っていたりします。あと1stとか。
JT
2008/08/28 23:02
カナさん、こんにちは。

私の中で、ビートルズに次いでZEPを別格の存在にしたのがこのアルバム『U』でした。
このアルバムで、ペイジとボンゾを愛するようになった、記念のアルバムでもあります。(笑)
Junk
2008/08/29 17:24
>JTさん

>『ブラック・ドッグ』の裏表わかなくなるリズム

大学生の時バイトしてたCD屋の店長がツェッペリンのコピーバンドでドラムやってたんですが、この曲だけは絶対にうまく合わんと嘆いてたのを思い出しました。
カナ
2008/08/30 05:25
>Junkさん

JunkさんZEP大好きでしたね。ところで、今回のトップ画像に持ってきた金髪女性はどうですか?・・・いつもJunkさんのお好みに合うかどうかという基準で選んでます(笑)。
カナ
2008/08/30 05:28
カナさん、こんばんは。またお邪魔します。

>ところで、今回のトップ画像に持ってきた金髪女性はどうですか?

いやぁ、グッドです!細身そうだし。やはり金髪はいいですね。(笑)
実はトップ画像の女性、変わった時から気になっていたんですよ。どんな方なんでしょう?
Junk
2008/08/30 21:52
この人はべス・ローリーというイギリスのシンガーで、ソウルフルでジャジーな感じの音楽やってます。こういうタイプのシンガー・ソングライターがイギリスで流行ってるみたいです。

「マイスペース」で試聴できます。
http://www.myspace.com/bethrowley
カナ
2008/08/31 04:37
カナさん、再々度すみません。

ベス・ローリーさんですか。
さっそく試聴してみました。なかなか良いですね。これからの季節にピッタリのような♪
非常に気になっています。

また私好みの女性ジャケ画像お願いします。(笑)
Junk
2008/08/31 18:39
>Junkさん

了解です!(笑)

これからもJunkさんストレートな女性ミュージシャンの画像を発掘し続けます!あ、音楽もなかなかよいですよね、この人。
カナ
2008/09/01 05:57
It is truly a great and useful piece of info. I'm glad that you simply shared
this useful information with us. Please keep us up to date like this.
Thanks for sharing.
Valeria
URL
2017/05/04 03:48
I create a leave a response each time I like a post on a
site or if I have something to valuable to contribute to the
discussion. It is caused by the sincerness displayed in the article I browsed.
And after this post _bN___V_[YEEEC^N__wcFby_UxM___B _y_@since 2005/EFu_u_O. I was actually moved enough to drop a thought ;) I actually do have some questions for you if it's okay. Is it just me or do a few of the responses look as if they are written by brain dead people? :-P And, if you are writing on additional online social sites, I would like to follow anything new you have to post. Could you list all of your community sites like your linkedin profile, Facebook page or twitter feed?
Rosalina
URL
2017/07/02 22:53
I am very happy to read this. This is the type of manual that needs to be given and not the accidental
misinformation that is at the other blogs.
Appreciate your sharing this best doc.
Heidi
URL
2017/07/03 12:02
For the reason that the admin of this web page is working, no
uncertainty very rapidly it will be famous,
due to its quality contents.
Hannah
URL
2017/07/06 07:33
Quality articles is the secret to be a focus for the visitors to pay a visit the web page, that's what this web site is
providing.
Ruthie
URL
2017/07/21 15:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロック名盤おさらいシリーズ・・・Cタクさんが『ツェッペリンU』を熱く語る。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる