音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS クラッシュの1982年伝説のシェイ・スタジアム・ライヴ!!

<<   作成日時 : 2008/11/01 02:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

画像
今夜のBGM・・・ THE CLASH / LIVE AT SHEA STADIUM

久々にクラッシュの記事を書くことができて嬉しい!今日はテンション高めです!


何しろ、クラッシュのオリジナル・アルバムに関しては、このブログを始めた初期の頃に「クラッシュ祭り」と称して、ほぼ全て紹介してしまったのです。→クラッシュの過去記事参照


一度紹介したアルバムは再び取り上げないのがこのブログの原則。ということはクラッシュに関してはニュー・アルバムか再編集盤でも出ない限りは取り上げることができないのです。まあ、「カット・ザ・クラップ」やベスト盤の類で取り上げてないのもあるけど、今さらね・・・。


と思っていたら、出ました!クラッシュ初のフル・ライヴ・アルバム「ライヴ・アット・シェイ・スタジアム」が!前に出た「FROM HERE TO ETERNITY」はフル・ライヴじゃなくてライヴ・コンピレーションだからね。1本のライヴを曲順そのままで収録したアルバムはこれが初めてなのです。(曲間のMCはカットされてるけど)


このアルバムは、1982年10月12日、13日に、ニューヨーク・シェイ・スタジアムで行われたライヴの2日目を全曲収録したもの。当時、アルバム「コンバット・ロック」とシングル「ロック・ザ・カスバ」がアメリカでブレイクしたとはいえ、クラッシュ単独でシェイ・スタジアムを2日間満員にできるわけはありましぇん。そう、このライヴはザ・フーが全米で行った解散ツアーの前座です。しかし、前座とはいえ、ザ・フーのファンと同じぐらいの数のクラッシュ・ファンが詰め掛けたといいます。


前座ということで、クラッシュの出番は約50分間と短め。当時、アメリカでの成功と引きかえに、ジョー・ストラマーミック・ジョーンズの関係が悪化して、バンド内の状態は崩壊寸前だったはずですが、ひとたびライヴが始まればそんなことは関係ないといわんばかりに、凄まじいまでに気合が入った演奏です。気合が入り過ぎたのか、1曲目「ロンドン・コーリング」でジョーが歌い出しのタイミングを間違えている(笑)。しかしそんなことはおかまいなしです。「ロンドン・コーリング」が終わって2曲目「ポリス・オン・マイ・バック」が始まる瞬間の歓声の大きさに一瞬鳥肌が立ちました。


選曲はベストに近いし、グリン・ジョーンズの録音による音質も想像以上によい!そもそも、このツアー終了後に公式ライヴ・アルバムとしてリリースされる予定だったのですが、その後ジョーがミックを解雇するという最悪の事態が起きて、結局このテープはお蔵入りに。このライヴから20年後の2002年12月に、ご存知のとおりジョーが亡くなり、クラッシュというバンドは永遠に復活することはなくなったのです。このテープは、ジョーの自宅で遺品を整理していていたら見つかったといいます。


こうやってあらためて聴いてみると、クラッシュというバンドはスタジオ・アルバムでは初期の高速エイトビートから、ルーツ回帰したり、ジャマイカに接近したり、HIP HOPにアプローチしたり・・・と、リズムに対する貧欲なまでの実験と挑戦を続けてきたのに、ライヴではそれらをまとめてレベル・ロックとしてストレートに叩きつけているところがやっぱり素晴らしい。男前です。


キャッチ・コピーは、

「ビートルズのシェイ・スタジアム、ボブ・ディランのロイヤル・アルバート・ホール、ローリング・ストーンズのオルタモント、ザ・フーのリーズ、ジェイムズ・ブラウンのアポロ・シアター、ジョニー・キャッシュのフォルサム刑務所、セックス・ピストルズのウィンターランドetc. ROCK N’ ROLLの歴史の中で語り継がれて行くであろう伝説のライヴがまた誕生!」

その大げさなキャッチに負けない名作ライヴであることだけは間違いありません!


ライヴ・アット・シェイ・スタジアム(初回生産限定盤)ライヴ・アット・シェイ・スタジアム(初回生産限定盤)
ザ・クラッシュ

SMJ(SME)(M) 2008-10-22
売り上げランキング : 559
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルイヴィトン バッグ
クラッシュの1982年伝説のシェイ・スタジアム・ライヴ!! 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
ルイヴィトン バッグ
2013/07/10 06:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
このアルバムとっても気になってます。
それはさておきストーンズのオルタモントは事件が起こったから歴史に残ってるだけなのに〜
クラッシュのライヴ観てみたかったです。
名盤!
2008/11/02 05:08
おおっ!そんな凄いモノが出ていたんですか!(汗)ビックリっす。1982と言えば、音楽的にピークの頃。ワクワクします!
リュウ
2008/11/02 07:18
こんばんは。
これまだ聞いてませんけど、「ステイ・オア・ゴー」の映像は有名でしたよね。
最初はコリャなんだ?何でクラッシュがこんなに観客集めてんだ?と疑問でしたけどザ・フーの前座っていうことなんですね(笑)
個人的には50分間のフル映像が観たいです。必ずどこかにあるはず!


所長
2008/11/03 00:53
>名盤!さん

>ストーンズのオルタモントは事件が起こったから歴史に残ってるだけなのに〜

確かに(笑)。「オルタモントの悲劇」ってあまりに有名ですけど、ライヴの内容についてはあんまり知らないですね。ストーンズならむしろハイド・パーク・コンサートとか「ラヴ・ユー・ライヴ」のクラブ・エル・モガンボとかの方が知られてますよね。
カナ
2008/11/04 02:48
>リュウさん

リュウさんどもです!
これは燃えます!ロックが足りない時に是非どうぞ!
カナ
2008/11/04 02:52
>所長さん

こんばんわ!
>「ステイ・オア・ゴー」の映像
「THIS IS VIDEO CLASH」で何度も見ました〜。確かにメチャクチャでかい会場でビビッた記憶があります(笑)。フル映像見たいですね〜。この時はもうトッパークビになってるんですよね。それがちょっと残念です、トッパー好きなんで。
カナ
2008/11/04 03:20
Hello, i think that i saw you visited my blog thus i came to _return the favor_.I'm attempting to find things to improve my website!I
suppose its ok to use a few of your ideas!!
Bruce
URL
2017/07/23 06:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クラッシュの1982年伝説のシェイ・スタジアム・ライヴ!! 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる