音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ギターを使ってUFOと通信ができる男、スティーヴ・ヒレッジ。

<<   作成日時 : 2008/11/26 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
今夜のBGM・・・ STEVE HILLAGE / MOTIVATION RADIO

フレンチ・プログレ・・・というよりジャズ・ロックと言った方がしっくりくるバンド、ゴングの全盛期を支えたギタリスト、スティーヴ・ヒレッジのソロ3作目「MOTIVATION RADIO」。ジャケットのどこ見てんだかわからない逝っちゃってる笑顔が素敵です。


意外に思われるかも知れませんが、わたしはこの人の作品が結構好きでソロアルバムもほとんど持ってます。ゴング本体よりもむしろ好き。


ポップなジャズ・ロック、とでも呼べばいいのだろうか。この3枚目は、ほとんどの曲がヒレッジのヘナチョコ・ヴォーカルをフィーチャーした歌モノで実に聴き易く、R&B系のプロデューサーを迎えてリズムも黒くてファンキー。


まあ、はっきり言ってアメリカのマーケットを意識したサウンドなんですが、セールス的にはコケました。しかし、プログレ、ジャズロックという枠にとらわれないポピュラーで肩の力の抜けた脱力サウンドが大きな魅力です。
 

さらにヒレッジのヘナチョコ・ヴォーカルと呼応するかのように、ディレイを効かせたスペイシーなギターソロがピロピロ、ヘコヘコとUFOのように宙を舞うのがアクセントになっている。この効果音のようなギターサウンド、アホっぽいのだが実にいい味なのだ。


アホっぽいとは何事だ!とコアなファンは怒るかも知れません。が、例えば、ジミヘンのギターなんか聴いてると、この人はギターを使ってナチュラルに宇宙と交信してんじゃないか?と思わせるような鳥肌の立つ瞬間がありますが、このスティーヴ・ヒレッジの場合は自分で「わて、ギターで宇宙人と通信できまんねん」とでも言いたげな、いかにもなサウンドとコンセプトだったりするので、「お前ウソ臭いな」と突っ込みを入れたくなるような怪しさとケレン味があり、その胡散臭さが逆に魅力である、と。そーいう意味でアホっぽいと言っているわけです。


この変態スペーシー・ギターに引っ掛かった人は、ギターインスト度が強い4thアルバム「GREEN」も聴いてみることを強くオススメ。結構うまいギタリストということがわかります。


ちなみに彼の活動は次第にロックからアンビエント/テクノの世界にシフトしていきました。「GREEN」あたりのスペイシーなサウンドを聴いていると、それも納得。


Fish RisingFish Rising
Steve Hillage

EMI/Virgin 2006-09-29
売り上げランキング : 51264

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


LL
Steve Hillage

EMI/Virgin 2006-09-29
売り上げランキング : 166368

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Motivation RadioMotivation Radio
Steve Hillage

EMI/Virgin 2006-09-29
売り上げランキング : 167118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


GreenGreen
Steve Hillage

Toshiba EMI 2006-11-30
売り上げランキング : 27805
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
UFO話大好き!
だいまつです、、。

さて、私もこの頃、アンビエントだのとちょっと前だったら訳が判らんというような音楽がこの頃大好き!

、、といっても、ネットラジオで聞いているだけだけど、、。

でも、なんかそんなのばかり聞いてんだよな、、、。
返ってボーカル入っているとダメだったり、、。
ちなみにこの人は、自分、、全く知らないんですよ。
だいまつ
2008/11/26 09:09
アンビエント系は何かに集中したい時(読書とか仕事とか)に流しとくとはかどります。全く音がないとダメなんですよ。ヴォーカル入ってると気が散りますよね。

アンビエントではなくフュージョンに近いですが、この人だったら「GREEN」というアルバムがインスト度が高くてオススメです。ちょっとヴォーカルも入ってますけど。ジャケとか曲のタイトルとか明らかにUFO系です(笑)。
カナ
2008/11/28 05:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ギターを使ってUFOと通信ができる男、スティーヴ・ヒレッジ。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる