音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年個人的年間ベストアルバム・・・J−POP編

<<   作成日時 : 2008/12/27 06:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
今夜のBGM・・・ MAKAI / STARS


さて、2008年個人的年間ベストということですが、じつは年間ベストの記事書くの初めてなんですよね。90年代ベスト80年代ベストというのは以前書いたことあるんですけど。で、最初は総合ベストにしようと思ったんですが、順位にまとまりがなくなるので、J−POPと洋楽に分けさせて下さい。

今年は仕事の関係もあったのですが、J-POPを今までにない位たくさん聴いた年でした。それこそ、B’z浜崎あゆみからジェロまで聴いたもんね。

それでわかったこと。いいものは確かにあるけど、大半がどーでもいい音楽であること。一部の大手レーベルが完全に金儲け主義に走っていて、本当にいい音楽を作ろうとする努力をしてないってこと。特に無意味に連発されるベスト盤攻撃には辟易しました。中には1年に3枚もベストアルバムを出したアーティストもいるし。こうなるともうわけがわかりません。あまりにも音楽を軽く考えてます。

メーカー側がそういう姿勢なので、当然1枚のアルバムをじっくり聴こうというファンも減り、「ま、着ウタでもいいか」ということになると思うのです。所詮、流行歌なんて消費されていくものとだ思うし、チョイスの幅を広げるのはよいことなのかも知れません。しかし、ボタン1つでメモリーから消えてしまうように、1つの音楽が人々の心から消えていくスピードも加速しているような気がしてなりません。【・・・自戒を込めて・・・】


・・・と、いきなりヘヴィーな出だしになってしまいましたが、もちろん中にはいいものもたくさんあります。そんな中から、今年聴いた回数が多かったなあと思うJ−POPのアルバムを5枚選びました。まずは5位からいきまーす!


5位 MAKAI 「STARS」

STARSSTARS
MAKAI

BMG JAPAN Inc.(BMG)(M) 2008-09-24
売り上げランキング : 13700
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・・・自分でも嫌だな〜と思いながらも、車に積みっぱなしだったこともあり、一時期ず〜と聴いてました。売れっ子DJ/クリエイターのMAKAI氏の「STARS」。フィーチャリング・ヴォーカルが曲ごとに違うだけで、後はみんな同じ曲か???と錯覚するほどのワンパターンなんですが(爆)、そもそもクラブで踊るための音楽なのだからそれでよい。

とにかく無意味なまでにキラキラしていて、なんも考えずに爆音で聴きながら車を飛ばすと、頭の中が空っぽになって、でもアドレナリンだけはビュービュー出て、自分がクルクルパーになった気がして実にストレス発散になります。そんな気分になったらそれはMAKAI氏の術中にハマッているということ。悔しいけど何度もハメさせてもらいました。



4位 中島美嘉 「VOICE」

VOICEVOICE
中島美嘉

SMA(SME)(M) 2008-11-26
売り上げランキング : 39
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


くわしいことは先日記事にしたばかりなので書きませんが、本当によい出来です。歌番組での彼女の歌を聴いて、「歌ヘタやな〜」と思っている人に聴いて欲しい。ライヴよりスタジオで声質が生きるタイプの歌手なのです。
ところで、ライヴでの彼女はメイクといい衣装といい猫背な姿勢といい、なんか幽霊ぽいよね。恨めしやって感じ。



3位 電気グルーヴ 「J−POP」

J-POPJ-POP
電気グルーヴ

キューンレコード 2008-04-02
売り上げランキング : 1076
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


久々に復活した電気グルーヴは今年2枚のアルバムをリリース。この「J-POP」は歌モノ中心、もう1枚の「YELLOW」はインスト中心、2枚ワンセットで評価するべきでしょう。装飾を極限まで削ぎ落としたコアなテクノの上に乗っかった呪文のような歌詞がなんともいえない中毒性を生み出していて、クセになります。



2位 パフューム 「GAME」

GAME(DVD付) 【初回限定盤】GAME(DVD付) 【初回限定盤】
中田ヤスタカ

Tokuma Japan Communications =music= 2008-04-16
売り上げランキング : 952
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


個人的には、というより世間的にも今年はパフューム・イヤーでしたね。お茶の間でのブレイクは彼女たちのキャラクターによるところが大きいですが、音楽的にはやっぱり中田ヤスタカ氏の生み出すテクノサウンドとセンチメンタルな歌詞によるところが大。詩才もあるところがK室T哉との決定的な違い。彼のメイン・ユニットであるCapsuleのアルバムも入れたかったのですが、こちらを入れたので外しました。

駄曲など1曲もないパーフェクトなポップ・アルバム。この後シングル2枚出してますが、全く勢いが衰えていないどころかむしろ増しているのが凄い。ジャケットは通常盤よりこちらの初回盤ブラックの方が圧倒的に良いが、すでにプレミアで入手困難!



1位 ミスター・チルドレン 「SUPERMARKET FANTASY」

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
Mr.Children

TOY'S FACTORY Inc.(VAP) 2008-12-10
売り上げランキング : 17
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


年の瀬も押し迫って最後に凄いのが出ました。J-POP、洋楽合わせても今年のナンバー1がこれ。個人的には90年代以来、比較的醒めていたミスチル熱が一気に開花した感じです。既にいろんなところで言われているように、彼らの最高傑作と呼ばれるでしょう。

一時期、メロディはいいと思っても精神的葛藤を描写した歌詞が重すぎてついていけない時があったのですが、老成したのか?今回は歌詞もすんなり受け入れられたし、じんわりと心に沁みます。何よりPOPという1点に向かって結実した普遍的なメロディの良さ!よく言われるオーバープロデュスも、このアルバムに関してはプラスに作用していて、全曲になんらかのマジックを感じる瞬間があります。

内容的にもセールス的にもなんとなくキャリアの総決算的な雰囲気があるので、このアルバムとこの後のツアーで燃え尽きてしまわないかどうか心配です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、JTです。

パフュームはアルバムでは聴いたことがありませんが、TVでRockin in Japan FESと武道館でのライブを見ました。

随分前に見たFESの方は、客は盛り上がっているけど昼間の野外でバックバンドもいない幕の前でのパフォーマンスだとデパートの営業みたいでなんだかなぁ、と思ったのですが、先日見た武道館ライブは照明やセットもばっちりでとてもよかったです。

やっぱり曲がよいですね。

あと中田ヤスタカ氏ばかりが注目されていますが、振り付けも気になっていました。武道館ライブでのリハーサルシーンでは振り付けのMIKIKOさんという方が出ていました。軽く紹介されていただけでだったので、もう少し話が聞きたかったところです。

JT
2008/12/28 22:04
Jポップは流れているのを聴くのみですが、パーフュームはよく聴いたと思います。
20周年のミスチルもほしい〜!
まり
2008/12/29 11:26
>JTさん

振り付けは確かに気になります。というか凄すぎる。「LOVE THE WORLD」の振り付けで究極の、あり得ないぐらいのレベルまで行ってしまったとメンバーも言ってました。あと、中田さんは振り付けのことをまったく考えてないと少し文句タレてました(笑)。
カナ
2008/12/30 07:18
>まりさん

ミスチル買うて下さいな。うちの店にいっぱい余ってまっせ〜!(←やたらプッシュする事情の1つでもある)
カナ
2008/12/30 07:20
どうも、つちふまずです。
僕の今年の邦楽ベストはザ・ピロウズの「パイドパイパー」です。
彼らのオルタナでポップなメロディーと青臭すぎない歌詞は日本語ロックに厳しいカナさんの琴線にも触れると思います!
PS.大学受験の応援ありがとうございました。センターにむけてがんばります!
つちふまず
2008/12/30 16:32
こんばんわ、はじめまして…だっけ??
いつもピックアップしてる盤が独特で好きです!
なんかインスパイアされて?僕個人的なものをあげてみました、

5位 olive oil『spring break』
4位 Dokaka『HUMAN INTERFACE』
3位 Superfly『Superfly』
2位 浜崎あゆみ『GUILTY』
1位 さかいゆう『Yu. Sakai』

です。まあ、"JPOP"では無いですね…スイマセン。
宇多田とか、グループ魂とか、tobaccojuiceとか、Greeeenとか、CKBも良かったんですが
今年はこれ!というのがイマイチありませんでしたねぇ〜。今年「も」ベスト盤イヤーでした。
男子の方が腐ってて女子の方が面白かったような。。
日本の音楽界も"WE CAN CHANGE"出来るといいですね。

中島とミスチル聴いてみます。
africa
2008/12/30 19:10
>つちふまずさん

ピロウズは最近聴いてないな〜。昔、ミスチルと対バンしてたんですよね。今でも仲がいいはず。

いよいよセンターですか。もうひと踏ん張りですね!思えば自分が大学受験の時に共通一次からセンター試験に名前が変わったんだよな〜。もう20年近く前の話しですが(汗)。
カナ
2008/12/31 04:37
>africaさん

はじめまして、ですね!

>いつもピックアップしてる盤が独特で好きです!

ありがとうございます!無軌道、無節操なだけですけどね。そういえばSuperflyは良かったですね。入れ忘れました(笑)。

>今年「も」ベスト盤イヤーでした。
>男子の方が腐ってて女子の方が面白かったような。。

ベスト盤とコンピ盤イヤーでしたね。「アイのうた」とか。男はジャニーズばっかですね。嵐とか。あとベスト盤3枚出したエイベックスのイケメン兄さん達とか。エイベックスで好きなのはアムロちゃんだけです。
全体的に女子の方が元気ですね。期待してるシンガー何人かいます。来年出る福原美穂のアルバムには期待してます。


カナ
2008/12/31 04:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008年個人的年間ベストアルバム・・・J−POP編 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる