音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴングというバンドはファンカデリックに似ている(と思う)。

<<   作成日時 : 2009/01/13 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

画像
今夜のBGM・・・ GONG / FLYNG TEAPOT


ぷっ、うぷぷぷ。


ヘンなジャケ(笑)。



しかしジャケはヘンでも、音楽は・・・やっぱりヘンなのだが、しかしヘンなりにカッコいいデヴィッド・アレン率いるゴングの3rdアルバム、「フライング・ティーポット」。『レディオ・ノーム・インヴィジブル』=『見えない電波の妖精の物語』なるロック・オペラ3部作の最初の1枚であり、その完結編となるのが名盤「YOU」なのだが、はっきり言ってその話の内容はよく知らないんだよね。ちょっとは知ってるけど。

「それじゃゴングの本質を理解したことにならない」ってコアなファンの人には怒られるかも知れないけど、今のところゴングについて興味があるのはそのサウンドだけだ。



「びびびびび、べろべろべろべろべろ・・・」

怪しげな呟きとフルートの音に導かれて始まる極彩色でユーモアに満ち溢れた世界。尋常じゃないのはタイトル曲Aの2分15秒過ぎから始まるファンキーなベースだ。このリズムとギターのパターンはガンズ&ローゼズの「ロコモーティヴ」の元ネタかと思ったんだけど違うかな?ガンズがゴング聴いてたとは思えないもんな。


このブログでも何度かソロアルバムを紹介した、ギタリストのスティーヴ・ヒレッジが初めて参加したのがこのアルバムで、ここでもすでにDなどで彼独特の「びよ〜ん」「ふにゃ〜ん」といったヘンなギターを聴かせてくれて笑える。テクニック的には「YOU」で凄い所まで行ってしまうけど、このアルバム全体に感じられる素朴さというか、どこかすっとぼけてノホホ〜ンとしている感じが妙に好きだ。


ゴングというと、フレンチ・プログレとかカンタベリー系ジャズ・ロックと紹介されることが多いけど、この混沌と規律のブレンド具合といい、ファンキーさといいユーモアといい、むしろファンカデリックに通じるものを感じるのです。ジャケの大雑把なイラストまでファンカっぽい。何より、ゴングのリーダー、デヴィッド・アレンとファンカの総帥ジョージ・クリントンという人は絶対に同類、キャラかぶってると思います。


The Flying Teapot (Radio Gnome Invisible, Pt. 1)The Flying Teapot (Radio Gnome Invisible, Pt. 1)
Gong

JVC Japan 2007-09-11
売り上げランキング : 35108
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Angel's Egg (Radio Gnome Invisible, Pt. 2)Angel's Egg (Radio Gnome Invisible, Pt. 2)
Gong

Virgin 2004-12-28
売り上げランキング : 36652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


You (Radio Gnome Invisible, Pt. 3)You (Radio Gnome Invisible, Pt. 3)
Gong

Snapper 2007-06-26
売り上げランキング : 192211
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 通販
ゴングというバンドはファンカデリックに似ている(と思う)。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 通販
2013/07/03 21:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ、このジャケかわいくないすか!?
色かなー私が思ってんのは…
よくわかんなくなってきた。ゴング好き!だからこそ
>ファンカデリックに通じるものを感じるのです
って超新鮮…ってファンカデリックの音は、記憶と所有CDやっと1枚なのでアレですけど…置いてかれる〜。
えーーファンカデリックのイラストジャケは悪趣味だよー(笑)。パーラメントのよりは好きですけど…。
yoiko
2009/01/14 21:37
>yoikoさん

かわいーよね。うん、色使いとか。でも可愛いけどヘンだよ、やっぱ(笑)。

ファンカに通じるってのはわたしにはそう聴こえるんですけど、それはグループの構成とか音楽のコンセプトとか、そういうのを全部ひっくるめた上で被る部分が多いな〜と普段思っているからかも知れなくて、パッと聴いた音の印象では多分全然違うと思います。うん、ゴングと一時期のザッパとファンカは似てるよ、やっぱ。
カナ
2009/01/16 03:52
カナさん、はじめまして。数年前に某所からのリンクで辿り着いて以来、ずーっとこちらを愛読しておりましたがコメントするのは初めてです。軽妙な文体でさりげなく本質をついたり、いつも感心して、というか面白がって読ませていただいております。

私はブラックミュージックがちょいと弱いので、ファンカデリックは聴いたことがありません。パーラメントは知っているんですが。ほとんどメンバーが一緒なんですね。今度聴いてみます。

で、ゴングは大好きです。この三部作は必聴ですね。
ぜん
2009/01/16 07:00
>ぜんさん

はじめまして!いつもお読みいただいて、ありがとうございます。お褒めいただいて光栄です。でもすぐ調子に乗るのであまりおだてないで下さいよ!(←本当は凄く嬉しい。)

ファンカデリックとパーラメントは、時期によってメンバーが入れ替わっていますが(何せ主要参加メンバーだけで数十人はいると思われるので)、母体としては同じです。わりと整合されたクールなファンクはパーラメントで、もっとドロドロしたロック色の強い演奏がファンカデリックで名義を使い分けています。後期になるとあまり区別がつかなくなってくるのですが・・・。是非一度お聴き下さい。また、コメントもよろしくお願いします!

カナ
2009/01/17 04:31
はじめまして。
思うにですね、ゴングもファンカデリックも、文化的に政治的にうぜえ現実社会に中指立てて、宇宙にこそわれらの先祖がおり、また宇宙こそがわれらの約束された地である、という点で共通しております。
こども
2009/01/21 20:32
>こどもさん

はじめまして!

成る程、共通点はやはり宇宙でしたか。そういう意味ではサン・ラとかにも通じるものを感じますね。
カナ
2009/01/22 03:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゴングというバンドはファンカデリックに似ている(と思う)。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる