音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽を泣いてスッキリするための道具にしたくない。

<<   作成日時 : 2009/03/07 04:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

画像
今夜のBGM・・・ ROBERT WYATT / ROCK BOTTOM

最近、涙腺がめっきり弱くなってホント困ってるんだけど。ちょっとしたことですぐ涙が出て。どれぐらい弱くなってるかっていうと、それはもう西田敏行ぐらいに。


その西田敏行も出てる『誰も知らない泣ける歌』って番組がある。ふつうの音楽番組では余り取り上げられない泣ける曲を、再現ドラマを交えながら紹介する番組で、結構視聴率もいいらしく、番組で紹介した曲を集めたコンピレーションCDもヒットしている。こんな番組が人気あるってことは、世の中の人は今、泣きたがってるのかね?


でもさー、個人的な感想を言わせてもらうと、あんなお涙頂戴のクサい演出されて、くりぃむしちゅー上田のウンチク垂れられた日にゃ、泣ける曲も泣けなくなるっちゅーの。


そもそも、「何か泣ける曲ない?」とか、「泣ける映画知らない?今日は泣きたい気分なんだよねー」とか、なんかストレスを発散するために無理矢理涙を出すみたいな風潮がおかしくないっすか。涙ってそんなに軽いものだったのか。期せずして自然に感情が高ぶった時に流れる涙だから貴重なんだと思ってた。涙流して「あーすっきりした」でそれで終わるのか。そもそも「泣く」って目的なのか?なんかヘンだ。泣くこと自体に意味があるんじゃなくて、その涙を流すに至った心の動きが重要なんだと思う。


人を泣かせようと思って作った音楽や番組なんてろくなもんじゃないよ。まず、音楽がそこにありきで、それをどうとらえるかはその人の心次第なんだと思うし。


別に泣きたいから聴くわけじゃないけど、聴くと必ず涙がこぼれる曲がある。ロバート・ワイアット「SEA SONG」

もちろん、ワイアットの事故と、彼を支えた女性・アルフィーとの物語は知っているけど、別にそれを知らなくたってこの曲のワイアットのあまりにも無垢な歌声を聴いて心が揺さぶられないわけはない。ガラス造りのように繊細なメロディは後半にしたがって螺旋を描くように深い海の底から天空へと舞い上がっていき、不器用だけど美しすぎるスキャットが聴こえる頃にはいつもじんわりと目頭が熱くなる。理屈じゃなくて本当に歌声とメロディと音色だけに感動して涙がこぼれる。それはこの曲だけじゃなくてアルバム全編に言える。だから輸入盤でもOKなんだけど、歌詞も本当に本当に美しいので国内盤だと歌詞カード読む楽しみが増える。でも歌詞カード読んで得る感動と、音楽を聴いて得る感動は別モノかな。リスニング能力があれば2つの感動が同時に襲ってくるのかも知れないけど。



ワイアットの過去記事

画像




ロック・ボトムロック・ボトム
ロバート・ワイアット

ビデオアーツ・ミュージック 2002-02-27
売り上げランキング : 282373
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰も知らない泣ける歌 オフィシャル・コンピレーションアルバム誰も知らない泣ける歌 オフィシャル・コンピレーションアルバム
オムニバス

VAP =music= 2009-02-18
売り上げランキング : 282
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
いやでも、泣くっていう行為はストレス解消になると心理学的にも証明されています。カナさん的考え方は、自分の感情に真摯ではあるけれども、意識されないところにどんな感情があるかは自分でもわからないので、泣ける音楽とか映画というのは、なんかモヤモヤとしているけど、それがなんだかわからないときに、意識的に泣ける状態に自分を持って行って、意識下にある悩みとかなんかネガティヴな感情を、泣くことによって吐き出してしまう、という大変ヘルシーな行為だと思います。
ちゅちゅ
2009/03/07 22:27
こんばんわ〜
カナさんの言う事はかなりわかる・・
今の世の中って基準が奇妙だったりするから、
ふと、「不自然じゃない?」と思った事が"あたりまえ"になっちゃってるってトコありますよね。
このまま腐って行って、どこまで腐っていくんだろう・・
とか思ったり・・
でも"しょうがない"という一面もあったりして、
なんか難しいです・・
africa
2009/03/07 22:42
>ちゅちゅさん

どもー!あ、うん、ちゅちゅさんのおっしゃるとおり、泣くことがストレス解消になるし健康的だってことはその通りだと思います。

>なんかモヤモヤとしているけど、それがなんだかわからないときに、意識的に泣ける状態に自分を持って行って、意識下にある悩みとかなんかネガティヴな感情を、泣くことによって吐き出してしまう

なるほどね。自分がなんでモヤモヤしてるのかわからない時に、無理矢理涙出す状況に持ってったら、それがなんだったのかわかってモヤモヤが晴れることがあるかも知れないですね。それは気付かなかったなあ。

長いから下へ続く・・・。

カナ
2009/03/08 00:00
>再びちゅちゅさんへ

さっきの続き。

で、わたしが言いたかったのは、この『誰も知らない泣ける歌』って番組見て、なんか気持ち悪いなあと思って。デトロイトで見れるか分からないですけど。その不自然さが何なのか考えた時、音楽が涙出すための単なる道具として使われてるなあと。

上にCDのジャケット載せたんですけど、西田敏行が泣いてるヤツ。こんなCDわたしは絶対欲しくないんですけど(笑)、これが売れてるってのも凄く違和感があって。音楽ってそんな安いもんなの?と。

あえて一番大切なロバート・ワイアットのこの崇高な精神性、というと大げさだけど、強いアーティスト性が出ていてわたしが本当に泣ける音楽と比較することであぶりだそうと思ったんですけど・・・わかりにくかったですね(笑)。
カナ
2009/03/08 00:02
>africaさん

africaさん、コメントありがとうございます。
「不自然じゃない?」って思うこと多いですよねー。自分の周辺でも社会でも政治でも。せっかくこういうブログという媒体があるので声を上げたいことが色々あるのですが、馬鹿なので音楽以外のことには自信が無くて言葉にできなかったりするのですが。せめて音楽周りのことだけはヘンに思うことがあったら発信して行こうと思ってます。自分は音楽の下僕ですので(笑)。
カナ
2009/03/08 00:13
>もっかいちゅちゅさんへ

ちょっと文章がわかりにくかったので、タイトル変えて加筆修正を加えました。
カナ
2009/03/08 05:39
でましたね〜ド名盤。ワイアットは色々なバックボーンがあるけど、そんなこと以前に、もうあの薄ーーいガラスみたいな声とメロに胸苦しさを覚えます。
私は極力泣かないよ(笑)。明日まぶたがむくむとか、そっちを先に気にしてしまう。でも花粉症の人の目を見て地味にもらい泣きするの、昔から(笑)。
yoiko
2009/03/08 19:52
>yoikoさん

ども〜お疲れっす。
いやー真剣困ってるんだよ、涙腺弱くなって。子供とTV観ててちょっと泣けるシーンが出てくると、まず俺の顔覗いてくるんだよ子供が。「今泣いたでしょ」とか言って。そんなお涙頂戴の番組ばっか作ってどーすんだと。ワイアット全然関係ないけど(笑)。

花粉症はねー幸いまだデビューしてないけど、父親が40過ぎぐらいで発症してるんで、毎年この時期はビクビクしてる。この時期に風邪ひくと、ついに花粉症デビューか!?と思って焦るんだよね。
カナ
2009/03/09 04:29
>デトロイトで見れるか分からないですけど

観られないだろ〜な〜(爆)あ!でもわかんない、今ってテクノロジーすすんでるし(おばさんだもんで)

ああ〜そうだったんだ。こういうTV番組とかって、なんでも低俗にしちゃうからね。そういうのムカつくってのは同感!
ちゅちゅ
2009/03/09 21:09
>ちゅちゅさん

あ、You Tubeで観れるか。一応貼っとくけど、観ない方がいいかも(笑)多分、ムカツクよ。

http://www.youtube.com/watch?v=TG1yT9GGQEw
カナ
2009/03/10 04:08
私もそんなコンピ、金を積まれても聴きたくありませんです。
ホントになんて安直なんだろと。
で、本作ですが、これは聴いとかないとまずいですよね。私の場合はこの辺りが手薄なんで勉強させていただきます。(汗)
chitlin
2009/03/14 00:17
>chitlinさん

ねー、100万積まれて推薦文書いてくれって言われても絶対嫌ですよ。う、本当はちょっと迷うけどやっぱり断ります。魂売り渡すようなもんです。

もうジャケットからして死ぬほど嫌。中に収められている曲は、よく知らないのですが曲自体に罪はないのだと思います。企画がホントーに嫌です。

あ、これは名作ですけど「SEA SONG」1曲だけでも十分に聴く価値あります。
カナ
2009/03/14 01:33
昔、「全米が泣いた!」とかいう売り文句の映画(タイトル忘れた)を、見に行くか行かないか、彼女ともめたことがあります。
僕は「そんなあざとい映画、見てたまるかい!」と拒否し続けました。やがて彼女は「そんなひねくれた心の狭い男とはやってられへんわ!」と去ってゆきました。

…フラれて僕は泣きました、というオチです。笑ってやってくださいな。
めがちょん
2009/03/14 13:08
>めがちょんさん

痛い思い出ですね(笑)。痛いですが身に覚えがあり過ぎます・・・。

>「そんなひねくれた心の狭い男とはやってられへんわ!」

われわれのヒネクレ心は直すことが出来ないですからね。あとは心を広く持つか、自我を押し通すか…彼女の見たい映画に付き合って自分の観たい映画を我慢するか、自分の観たい映画を「観たい」と言ってくれる彼女と付き合うか、どっちかですね(笑)。理想は後者でしょうけど、われわれと趣味の合致する一般人はほぼいないですから…結婚生活を維持していくってのは、我慢の連続ですね。
カナ
2009/03/15 05:11
When I initially commented I clicked the "Notify me when new comments are added" checkbox and now each time a comment is added I get several emails with the same comment.
Is there any way you can remove me from that service? Cheers!
Margart
URL
2017/08/19 11:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
音楽を泣いてスッキリするための道具にしたくない。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる