音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 『恐るべき子供達』は怪物になった。

<<   作成日時 : 2009/03/15 06:21   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
今夜のBGM・・・ RADWIMPS / アルトコロニーの定理


RADWIMPS(ラッドウィンプス)の新作『アルトコロニーの定理』聴いてます。スゲー。凄すぎる。マジ、声出ない。凄いアルバム・・・。1曲目からグイグイ引き込まれる。静かな曲では声がコーネリアスに似てるかも。日本の若いバンドの中じゃ圧倒的に凄いというか、格の違いがありすぎる。「若者向け」なんて逃げないで聴いといた方がいい。


野田洋次郎(Vo&Gtr)の才能が開花どころかビッグバンを起こしてる。もちろん全作詞作曲。特に詞が凄い。作詞能力もさることながら、詞のメロディへの載せ方が抜群にうまい。歌詞カード2ページ分の長尺詞を、とてつもない早口で3分台のポップソングにまとめあげてしまうとは。ちゃんと韻も踏んでるし、哲学的でメッセージ性も強いのに詩的表現になってるから押し付けがましくないし・・・ディラン?


予兆は前作アルバム『おかずのごはん』に収録された『セツナレンサ』をはじめて聴いた時からあった。




・・・衝撃でした。エモーショナルだけど切ないメロディに乗って、英語と日本語を自由自在に行ったり来たりする歌詞が溢れるように迸る。すげ。すげえんだけど、自分たちの世代とは発想が全く違うというか、絶対に考え付かないだろうアイデア満載で、この時彼らはまだ10代そこそこだったと思うんだけど・・・完全なるロック新世代というか・・・恐ろしい子たちが出てきたなあ、というのが正直な感想でした。


しかしこのアルバム聴いて確信が持てました。彼らは別にロック新世代というわけでもなんでもなくて、野田洋次郎という才能があまりにも巨大で特殊で異端で突出してるだけだったのです。世代なんていうツマンナイくくりで括れないほどの巨大な才能なのです。史上のロック洋邦の巨人たちと同じように。彼はルックス的にも異端だから、本人はコンプレックスの塊らしいけど、それ聞いてプリンス思い出した。


実は去年のサマソニで彼らのライヴをチラッと観たんだけど、演奏激ウマでした。ライヴバンド。あまりにもライヴバンド。特にベース、若いのにブリブリ。なんでこんなにブリブリなの?と思ったら、彼ら全員レッチリの大ファンなんだって。どうりで。野田くんの頭脳にこの演奏力抜群の若い肉体による表現力が備わったら、そりゃー強いわ。



リード曲『おしゃかしゃま』を聴くだけでその凄さは十分伝わると思うけど、アルバム全曲から才気が迸りまくっている。後に日本のロック史に残る作品と言われることになるでしょう。


・・・・・なーんてことは、今さらわたしみたいなオヤジが偉そうに言わなくたって、彼らと同世代の若いファンならとっくの昔に分かってたことなんだろうな。今頃何言ってんの?みたいな感じで。






アルトコロニーの定理アルトコロニーの定理
RADWIMPS

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2009-03-11
売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RADWIMPS4~おかずのごはん~RADWIMPS4~おかずのごはん~
RADWIMPS 野田洋次郎

EMIミュージック・ジャパン 2006-12-06
売り上げランキング : 252
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
野田洋次郎は不細工じゃない!〜RADWIMPS/絶体絶命〜
いきなり失礼なタイトルですみません。 でも、一言断っておきますが、私は本気で不細工だと思ってません。全く。 雰囲気があって、実はすごく好きな感じの人です。(一般的に全く同意されませんが…汗) 最近の男の子はなんかこう、きれいな子が増えましたよね。 いいことなんですけど(笑)、みんな似たような感じでちょっとつまらないと思っている煌砂です!こんばんは! ...続きを見る
OMNI
2011/04/29 02:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。さっそくエントリされてるんですね!
今日、書店に行ってレココレ買ったんですが、彼らが表紙を飾る雑誌がいくつもあってビックリ!時間なくてインタヴューまで読んでないですが、確かにこの新譜を聴いたら納得ですねぇ。
レッチリだけでなく、いろんなものを飲み込んで消化し切ってるところが肝というか、ホントに末恐ろしいですね。
chitlin
2009/03/18 23:54
>chitlinさん

こんばんは!!恐ろしいですね〜この子たちは。飲み込んで消化して、それをカタチにして出す時のセンスが素晴らしいと思います。あとこの野田洋次郎という人は腹に相当色々な黒いもの抱えているんじゃないかと思いました。わたしもインタビュー一回も読んだことないんですけどね(笑)。

レココレ、アイランド特集ですね。買いました(笑)。アイランドレコードにはそれこそあらゆるジャンルの聴き逃しならない名作がたくさんありますからね。楽しいです。
カナ
2009/03/19 04:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『恐るべき子供達』は怪物になった。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる