音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ハットフィールド&ザ・ノースから辿るプチ・カンタベリー講座。

<<   作成日時 : 2009/04/29 02:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

画像
今夜のBGM・・・ HATFIELD AND THE NORTH / THE ROTTER’S CLUB

ちょっと久々に聴いたけどやっぱり素晴らしいハットフィールド&ザ・ノース「ザ・ロッターズ・クラブ」。今から7年ぐらい前に個人的ブームが来て、その当時は随分と繰り返し聴きました。とっくの昔に記事書いてるだろうと思って、検索してみたらまだ書いてなかった。大丈夫なのか記憶力。大好きなのに。


とにかくこんなに知的なロックって他に知らない。いわゆるカンタベリー・ロック全体に言える特徴でもあるんだけど、演奏はメチャクチャ高度で複雑なことをやってるのに、それを熱く表現するのではなく、あくまでもクールに理性的に提示するので、出てくる音はとっても耳にソフトで聴き易い。特にその度合いがこのハットフィールド&ザ・ノースは飛び抜けてる!


このアルバムがとっつき易い一番大きな理由が、1曲目に超ポップでキャッチーでコンパクトな楽曲「シェア・イット」を持ってきた所と、その作者であるリチャード・シンクレア(b・vo、元キャラバン)の人懐っこくて飄々として、それでいてなんとも叙情的なヴォーカル。


そしていきなりAではフィル・ミラー(g、元マッチング・モウル)のつづれおりのようなギターに絡むドラム&ベースの超絶アンサンブルにガツンとやられる。ドラムのピップ・パイル(元ゴング)は変拍子の鬼。その変拍子をものともしないキーボードのデイヴ・スチュアート(元エッグ、後のスチュアート&ガスキン)のリズム感も凄い。テクニカルなんだけどテクニック至上主義という感じは全然しなくて、あくまで楽曲とアンサンブルを大切にしているのがわかる。楽曲志向のキャラバンと演奏志向のソフト・マシーンの遺伝子を受け継いでるだけあって、両方のいいとこ取りしてるところが究極のカンタベリー・グループと呼ばれる所以でしょう。


Gなんて英国版「リターン・トゥ・フォーエヴァー」みたい。そう言われるとスチュアートのキーボードの音色がチック・コリアみたいに聴こえてくるから不思議。本編ラストを飾る怒涛の組曲Hでは、オープニングでスパイロジャイラバーバラ・ガスキンらが天上界の女神のごとき美コーラスを聴かせてくれます。


何しろ何百回聴いても聴き飽きることなどあり得ない大名盤で、内容も凄いのにジャケットの美しさだけでも十分100点!!





ハットフィールド&ザ・ノースから辿るプチ・カンタベリー講座

カンタベリーだのプログレだの言う前にロック史に残る名作。
The Rotters' ClubThe Rotters' Club
Hatfield and the North

Virgin 1992-04-10
売り上げランキング : 4240
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そのハットフィールズから進化したナショナル・ヘルス
National HealthNational Health
National Health

Visa 1997-06-01
売り上げランキング : 172386
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヴォーカル&ベースのリチャート・シンクレアが在籍したキャラバンの名作。
In the Land of Grey and PinkIn the Land of Grey and Pink
Caravan

Universal/Island 2005-12-22
売り上げランキング : 99804
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ギターのフィル・ミラーが在籍した、ロバート・ワイアット率いるマッチング・モウル。
Matching MoleMatching Mole
Matching Mole

Bgo (Beat Goes on) (UK) 1993-04-01
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドラムのピップ・パイルの在籍したゴングの2nd。
Camembert ElectriqueCamembert Electrique
Gong

Spalax 2007-07-17
売り上げランキング : 179749
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キーボードのデイヴ・スチュアートが在籍したエッグのデビュー盤。
EggEgg
Egg

Universal 2005-02-15
売り上げランキング : 311610
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コーラスで参加したバーバラ・ガスキンが在籍したフォーク・ロック・バンド、スパイロジャイラ。
Bells Boots & ShamblesBells Boots & Shambles
Spirogyra

Repertoire 2002-11-13
売り上げランキング : 38613
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 財布
ハットフィールド&ザ・ノースから辿るプチ・カンタベリー講座。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/04 01:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ソフトマシーンに魅せられたため、カンタベリー全般を当たる運命を背負ってしまったワタクシです。
コレは本当にイイですねえ。プレイボタンを押すと難しい理屈抜きに最後まで気持ちよく聴いてしまいます。ああ〜、この連休中はカンタベリーがBGMになりそうな予感。
ぜん
2009/04/30 06:34
カナさんこんばんは。
プログレ好きなのでこのアルバムは知ってますが
未だ手に入れられず、未聴です(汗

カンタベリーはあまり聴いていないのですが
その数少ないうちの一つのキャメルというバンドが好きで、この記事読んで久々にアルバムを聴きかえしています。
そういえばキャメルにも、リチャード・シンクレアがいた時期があったんですよね。僕の持ってるアルバムにはクレジットされてないみたいですが、参加してるアルバムも買ってみようかな〜、と思ったり。
あ〜る
2009/04/30 22:59
カンタベリー…弱いっ!
ソフト・マシーンとメンバーの「ソロ」
(Matching Moleもね)だけだあ、追っかけたの。
あ、Gongはすき。あとはCaravanと
National Healthだけ、しかも1枚づつで(笑)。
Hatfield and the Northとか代名詞なのにねえ…
いまだに聴いたことありませーん。
yoiko
2009/04/30 23:49
>ぜんさん

こんばんは!
ソフト・マシーン自体はそれほどじゃなくても(笑)、メンバーのソロを追っかけてくと凄い名作がゴロゴロしてますよね、ワイアットとかエアーズとか。人脈を追っていくだけで楽しいです。

>難しい理屈抜きに最後まで気持ちよく聴いてしまいます。

そこ!ポイントですよね。この連休はカンタベリー聞き倒してしまって下さい!
カナ
2009/05/02 02:35
>あ〜るさん

こんばんは。
あ〜るさん若いのに詳しいですね!そういやキャメルは持ってませんでしたが、調べたらリチャード・シンクレア参加してますね。それでカンタベリーに分類されることがあるのか。
そういえば、ワーグナー・ラヴまだやってなかった(汗)。
カナ
2009/05/02 02:41
>yoikoさん

毎度!

>カンタベリー…弱いっ!

巨匠、何をおっしゃる!弱くないって。ソフツとメンバーのソロを追っかけて、あとキャラバンとゴング聴いてたらもうカンタベリーだって(笑)。あとはヘンリー・カウ周辺くらいか?俺も言うほど強くないんだよね〜、それぞれのバンド代表作ぐらいしか持ってないし。掘ってくと英国ジャズシーンやトラッドまで繋がってくからキリがないよね。深い森に迷い込んでしまいそう。
カナ
2009/05/02 02:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハットフィールド&ザ・ノースから辿るプチ・カンタベリー講座。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる