音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 国が違えば基準も違う。

<<   作成日時 : 2009/04/03 02:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

画像
今夜のBGM・・・ ROXY MUSIC / COUNTRY LIFE

突然始まったロキシー・ミュージック祭り。たとえ書き込みがゼロ件だろうが続くのだ。

74年発売の4枚目、「カントリー・ライフ」。これは外せないでしょ!ビジュアル的にも。

当時アメリカでは女性の姿を完全に消した「草むら」だけのジャケットで発売。日本では、右の女性のヘアーの部分に修正をほどこして発売。ちなみに、アメリカでは左側の女性、日本では右側の女性が規制の対象になったという。お国が違えば問題になる部分も違うと。勉強になるなあ。しかし今ではこうやって無修正バージョンを堂々とブログに貼れる時代。ニッポン、ヨイクニダネ!


・・・はっ!オラオラ、ガキは早く寝ろってんだ!!


ついでに言うと、右の女性は左の女性の彼氏の妹なんだって。肩幅の広さからニューハーフ説もあり。しかしジャケットだけでこんなに語れるってのもやっぱり凄い確信犯。


音楽的には、ロキシー中期に当たる作品ですね。2枚目まででブライアン・イーノが抜けて、イーノ&フェリーの両ブライアンによる双頭バンドから、フェリー独裁体制へとシフトチェンジ。イーノの代わりにちゃんとしたミュージシャンの(笑)エディ・ジョブソン(Key/ヴァイオリン)が入って、それまでの近未来的アヴァンギャルドなアート・ロックからヨーロピアン・ロマンティックへとサウンドも変化させた時期。素人集団だったメンバーの演奏力も格段に進歩して、ようやくまともなアンサンブルができるようになってきた頃です(笑)。


後の「アヴァロン」のような圧倒的な完成度はありませんが、ギラギラとグラマラスなサウンドが魅力的。ロキシーの中で一番「グラム・ロック」という言葉が似合うアルバムかも。彼らなりにアメリカン・ミュージックにアプローチした内容で、たしかボウイの「ヤング・アメリカン」が75年だから時代を先取りしてます。黒っぽさには欠けるけど。


名曲B「オール・アイ・ウォント・イズ・ユー」C「アウト・オブ・ザ・ブルー」と続く流れもよいけれど、E「ビター・スウィート」H「ア・リアリー・グッド・タイム」の、その名の通りビタースウィートで退廃的なムードとフェリーの歌いっぷりが好き。特にHはロキシーの中でも一番ロマンティックな曲なんじゃないかな?美メロとデカダンスな香りがたまりません。




メチャメチャやってるってことが衝撃的な1枚目。ちなみにプロデュースはキング・クリムゾンの詩人、ピート・シンフィールド!
Roxy MusicRoxy Music
Roxy Music

Virgin 2000-02-25
売り上げランキング : 52265
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ちょっと音楽的にまとまったけど、その分少しだけつまらなくなった2枚目。ジャケは最高だけど。
For Your PleasureFor Your Pleasure
Roxy Music

Virgin 2000-02-25
売り上げランキング : 64488
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



イーノが抜けて音楽的にグレード・アップした3枚目。
StrandedStranded
Roxy Music

Virgin 2000-02-25
売り上げランキング : 112148
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



さらに楽曲のクオリティーが上がった4枚目。
Country LifeCountry Life
Roxy Music

Virgin 2000-03-14
売り上げランキング : 87268
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



5枚目以降は次回に続く・・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 財布
国が違えば基準も違う。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/04 02:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お国違えばって、本当その通りです。
スペインなんて、すごいですよ! 何でもあり。
皆処構わずタバコを吸いまくり、ポイ捨てしまくり。
バール文化。
TVでは、普通に色んな所を露出。

ところで、Roxy、僕は見事に抜けてるんですよ。
この先数年の間には、是非ちゃんと聴いてみたいです。
substitute
2009/04/04 20:48
>substituteさん

スペイン!そうなんですか。一度行かねば(笑)。普通に色んな所を露出って、どんな所!(爆)

ロキシー、抜けてる人は結構多いみたいです、というか、substituteさんコメント第一号ですよ(笑)。このまま最後まで0件で行くのかと思った。まあ、わたしもそんなに好きって程でもなかったんですが、突然今マイブームが来て。とりあえず始めたからにはあと「サイレン」と「アヴァロン」だけは書きます。
カナ
2009/04/05 06:38
遅ればせながら・・・・中期以降は何のかんのと言いながら聴いていました。
ウルトラボックスと同じ位置で聴いていたかもしれません。
当時は、ああいうヤラシイ歌い方すると、モテるんだなんて、横道それてましたが(苦笑)
今でも・・・・たまに聴いてます・・。
リュウ
2009/04/05 21:51
>リュウさん

>ああいうヤラシイ歌い方すると、モテるんだ

(笑)面白すぎる!ついでにああいうクネクネした踊りもつけるともっとモテるかも知れませんね(笑)。
今の時代では結構、微妙な立ち位置のバンドになってますね、ロキシー。再評価もあんまりされてないし、後継者もいないっすね。うちのブログから盛り上げようと思ったんですが、盛りあがらなそうです(笑)。
カナ
2009/04/06 03:27
> 日本では、右の女性のヘアーの部分に修正をほどこして発売。

あれ〜、そうだったかな?
確か昔、レコ屋で穴のあくほど見た気がするんだけど(笑)。日本版のLPジャケも修正されていなかったような気が。

音の方は全然聴いてませんが(爆)
ルドルフ
2009/04/06 06:11
コメないだろうって、このジャケはなんか言いたくなっちゃうじゃないですか!いい身体してんな〜。ルドルフさんのコメみて爆笑!
chuchu
2009/04/07 01:55
>ルドルフさん

あー、日本盤の修正は、なんか味付け海苔みたいなヤツを貼り付けたみたいになってて、パッと見それかどうかわからなくなってたそうです。現物を見たことはないですが(笑)。
こういうヘアー実質解禁みたいになったのってわりと最近ですよね。90年代入ってからのような気が。樋口可南子写真集以降?
カナ
2009/04/07 04:03
>chuchuさん

chuchuさん毎度です。なんか意外とコメントが(笑)。ジャケのインパクトって大きいですねえ。

>ルドルフさんのコメみて爆笑!

男はみんな穴があくほど見るもんです(笑)。
カナ
2009/04/07 04:06
いや、気持ちはわかりますが、レコード屋でじーっと見ている図が頭に浮かんできちゃって、コーヒー噴出しました。
chuchu
2009/04/07 21:02
>chuchuさん

>コーヒー噴出しました

わはは!PCにかかってない?一応精密機械なのでコーヒーかけてはいけません(笑)。
カナ
2009/04/09 03:27
もーコーヒーどころか、蜂蜜落としてキーがかたまっちゃったので、修理に出しましたよー。$160もかかっちゃった。
chuchu
2009/04/09 20:54
>chuchuさん

ハチミツ!(笑)そりゃーキーボード交換した方が安いかもー。ちなみに昔よく酒飲みながらブログ書いてた頃は焼酎とかこぼしてました。正月には日本酒こぼしたら臭えの。
カナ
2009/04/13 01:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国が違えば基準も違う。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる