音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近フレディ・マーキュリーのソロをガンガン聴いている。

<<   作成日時 : 2009/06/21 04:59   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ FREDDIE MERCURY / MR.BAD GUY

痛快度
★★★★★
歌詞泣ける度
★★★★
男のパラダイス度
★★★★★
リロリロレー度
★★★★★

フレディ・マーキュリーは全面的に信頼できるミュージシャンだと思う。クイーンは昔から大好きで、ブライアン・メイのギターとか、ジョン・ディーコンの作曲能力とか、ロジャー・テイラーのヴォーカルとか、好きな要素はいっぱいあるけど、やっぱりフレディのことが圧倒的に好きだったんだなあと、このソロアルバムを聴きながら考えている次第。

その証拠に、フレディ死後のクイーンの活動とかぜんっぜん興味ない。ポール・ロジャースとかと一緒に色々やってるの見ても、なんにも感じなかったし正直みっともないとさえ思った。クイーンのバンド名の名付け親はフレディだしフレディこそがクイーンそのもの。(特にブライアンのサウンド作りにおける貢献が多大なのを承知の上で。)もちろんバンド存続したいメンバーの気持ちや、クイーンナンバーを生で聴くのを待ってるファンの気持ちもわかるけど、たとえ他の誰かが欠けたならともかく、フレディの声と曲とビジュアルイメージのないクイーンはクイーンじゃないと個人的には思います。


このフレディのソロアルバム、中学、高校の頃はカセットテープでよく聴いてたけど、最近リマスターCD買って改めて聴きなおしてる。当時は聴こえなかった音が色々聴こえてきて新たな発見がたくさんあります。
特にサウンド面。10年前までは、80年代独特のシンセ音とペラい音質がダサいと思ってたけど、今の耳で聴くとかえって新鮮に聴こえるのは何故だろう。10年は一昔というけど、20年経つと周期がひと回りするのか、80年代の音を聴くということに耳が慣れたのか。特に音圧はリマスターCDで聴いてるせいか全然薄くない。

このアルバムに限らず80年代モノの音が最近やけに面白く感じます。クイーンでも「ホット・スペース」とか「ワークス」とか「カインド・オブ・マジック」とか、ファンの間でもあまり人気の高くない80年代のアルバムをあえてガンガン聴いてる。これがサウンド的にもメッチャ面白い。70年代モノを聴き飽きてしまったというのもあるんだけどね。


フレディの名刺代わりの1曲となったB「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」(後にクイーンの残りのメンバーが音を付け足して再発してるけど、こっちのオリジナルの方がずっといい!)を筆頭に、駄曲など1曲もありません。フレディの才能と魅力がどこを切っても溢れ出てきます。あらためてA「メイド・イン・へヴン」の歌詞読んで泣いてしまったり。F「MAN MADE PARADISE」は本来は「人口の楽園」って意味ですが、邦題は「男のパラダイス」(笑)。ってオイ!狙い過ぎだろ。いくらフレディだからといって・・・。ちなみにフレディを圧倒的に支持してますがわたし自身はそっち方面の人ではありません(汗)。そしてH「リヴィング・オン・マイ・オウン」聴いてフレディと一緒に合唱しましょう!リロリロレ〜ロ!


最後にフレディがこのアルバムを捧げた相手に送った言葉:「僕の猫のジェリー、それからトム、オスカー、そしてティファニーと宇宙すべての愛猫家に。他の奴はみんな糞食らえだ!」 ・・・・最高!



単独CDは入手困難。「♪バルセロ〜ナ〜」とセットになってボーナスCDもついたこちらのCDがリマスター仕様で入手も比較的容易。わたしもコレで聴いてます。歌詞のついた日本盤で。
ベスト・オブ・フレディ・マーキュリー / SOLOベスト・オブ・フレディ・マーキュリー / SOLO
フレディ・マーキュリー エリー・グリーンウィッチ バック・ラム

EMIミュージック・ジャパン 2000-10-25
売り上げランキング : 79242
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちなみにその「♪バルセロ〜ナ〜」は今聴くと何?コレって思うくらいプログレッシヴな凄い曲。要再聴。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
フレディ・マーキュリー好きですけど、あまり彼の記事に出くわさない。
「バルセロナ」がまた聴きたくなりました♪

フレディがいないクイーンは考えられないに一票!
十年に一度無性に聴きたくなるバンドです!!
まり
2009/06/22 07:17
カナさん、こんばんは。

>このアルバムに限らず80年代モノの音が最近やけに面白く感じます。

これ、わかります。なんだかんだいっても我々の世代には80’Sの音が原点としてあるよな、という気がします。クイーンなら『WORKS』、シカゴなら『16』『17』、イーグルスは当然かっこいいけど何気に聴きたくなるのはグレン・フライやドン・ヘンリーのソロだったり、あとスティーヴ・ペリーのソロとか、フィル・コリンズとか。。。
ただ、このフレディ・マーキュリーのソロは実は通りませんでした。あの頃、何聴いてるかは友達にかっこつけるために重要だったので、フレディー聴いてるのバレた日にゃそのケありかと誤解されそうだったので(←なんたる自意識過剰のバカ。。。)
goldenblue
2009/06/23 01:36
>まりさん

>あまり彼の記事に出くわさない。

出くわさないですよねー。みんな、そっちの方面の人と勘違いされるのを恐れているのでしょうか。何をビクビクしているんだ、レッツ・カミングアウト!(←バカ)
カナ
2009/06/23 02:53
>goldenblueさん

ありがとうございます!やっぱエイティーズは避けては通れない青春時代です。goldenblueさんの挙げているアーティスト達の曲もMTVのクリップと一緒に体に染み付いちゃってますよね。

最近エイティーズの影響を隠さずに表現してるアーティストが増えてきてるのも時代の必然のような気がしてます。レディー・ガガなんて芸名がクイーンの「レディオ・ガガ」ですからね。
カナ
2009/06/23 02:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最近フレディ・マーキュリーのソロをガンガン聴いている。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる