音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS うちの猫マーもお気に入り、四人囃子「一触即発」。

<<   作成日時 : 2009/07/07 03:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
今夜のBGM・・・ 四人囃子 / 一触即発

スリリング度
★★★★
まったり度
★★★
ピンクフロイ度
★★★★★
はっぴいえん度
★★★★

四人囃子を語るとき、よく引き合いに出されるのが「日本のピンク・フロイド」とか、本場にヒケをとらないテクニックと構成力とか、ギタリスト森園勝敏のテクニックとか、わりと洋楽コンプレックス的な演奏面のことばかりクローズアップされることが多かったと思うのだが、2009年の今の耳で聴いたらそんな偏った評価がぶっ飛ぶぐらいに歌詞の叙情性と色彩豊かな演奏が織り成す完全オリジナルな世界に圧倒されます。

確かに演奏面でフロイドやディープ・パープルの影響は大きいだろうとは思うけど、そんなことは気にならないぐらいに格調高い日本語詞の力が強い。このサウンドにはこの歌詞しかないでしょってくらいハマってるからこそ演奏のテンションの高さも生きてくる。これで「ベイビー、〜だぜ」って歌詞だったら萎える。

作詞の末松康生はメンバーではなく専業作詞家(本職はコピーライター)。四人囃子の高校時代の友人の森雪之丞の紹介で森園と知り合ったらしい。いわば初期クリムゾンにおけるピート・シンフィールドのような存在?

収録全5曲のうち@Dは短いインストなので実質A「空と雲」B「おまつり」C「一触即発」の長尺曲3曲がメイン。どれも名曲・名演だけどやっぱり「おまつり」の歌と演奏を聴いていたら泣いてしまった。おまつりという言葉自体に郷愁を誘う言霊というか何かある。まつりじゃなくて「お」がつくと余計に。湯浅学さんはこの歌の主人公は犬なのではないかと言っている。筒井康隆の「熊ノ木本線」を思い出す、とも。8分50秒過ぎからのギター・カッティングから盛り上がり、波の音でフェイド・アウトしていくのも好き。

それから何度聴いてもC「一触即発」の暴虐的なまでのハード・ロッキンなイントロを聴くと燃える。音圧がもの凄い。これは是非、2007年発売の紙ジャケリマスター再発盤で。オリジナルLPジャケを忠実に再現してて、ボートラでシングルの人気曲「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」と「ブエン ディア」の2曲が追加されてて、定価1,500円。市場からなくなる前に買わない手はない。

画像


うちの猫、マーもお気に入りの、ナマケモノ?&象&亀の動物ジャケ。ちなみに@「ham[ae]beθ」 のタイトルは造語で「猫のノドを掻いてやること」だそーです。


一触即発(+2)(紙ジャケット仕様)一触即発(+2)(紙ジャケット仕様)
四人囃子

ユニバーサルJ 2007-04-11
売り上げランキング : 16904
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゴールデン・ピクニックスゴールデン・ピクニックス
四人囃子

ソニーレコード 1990-09-15
売り上げランキング : 7733
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
日本人必須アイテム!うん「おまつり」の詞はすごいね、あそこまでシュールだと逆に笑っちゃうときあるんだけど、カナさんは泣けるのか…感性乏しいな私は。
>洋楽コンプレックス的な
だからニューロック枠に入れられちゃうんだね。他がフォークか、まだ小さ過ぎるけどはっぴえんど人脈とか、ミカバンドもか…と、あと関西系とかだもんね。当時これ、意外に売れたんじゃなかったかっけな?なんかで読んだ…同じ時代にプログレ的な音楽やってる人たちもいるんだけど〜マイナー。あ、当時を振り返る森園さんの話を読んだりすると、冷めてて代表的なニューロックの人らみたいにきばってないのが好き(笑)「ゴールデン・ピクニックス」までは好みだけど、森園さんがいなくなってからのは別もんだから…あんま興味なーい、完成度すごいけど。一番最初の「二十歳の原点」ってなるとまた違うし…なんか全部違うような気がする(笑)やっぱ「一触即発」がマスト!長文失礼しました〜
yoiko
2009/07/07 22:55
>yoikoさん

本文より詳しい解説ありがとう!(笑)

>やっぱり「おまつり」の歌と演奏を聴いていたら泣いてしまった

これは「おまつり」のサブタイトル(やっぱりおまつりある街へ行ったら泣いてしまった)のもじりで。本当に泣くかと言われると微妙だけど、グッとくるものはあるよね。

>ニューロックの人らみたいにきばってないのが好き(笑)

これは重要な要素だよ(笑)。われわれは熱血とか向上心とかいうキーワードで引く人種ですのでー。

>なんか全部違うような気がする

そうなんだー。一触即発しか持ってない。「ゴールデン・ピクニックス」ぐらいは聴いときたいんだけどね。またご指導お願いしますぜ、師匠。
カナ
2009/07/08 04:19
コレが出た時は衝撃でした。日本のロックはむこうに10年遅れているって言われていた時期で、「追いついたかな」って思いましたもん。なので、「おまつり」よりも「触発」に耳が行っちゃったんですよねえ。確かに今聴くと印象違うかも、です。

ゴールデン・ピクニックスはLP買えなくて、「レディ・バイオレッタ」のシングル盤買いました。今で言うフュージョンっぽいサウンドに、これまたびっくりでした。
ぜん
2009/07/08 06:51
>ぜんさん

ぜんさん、レス遅くなってすみません!フレッツ光のモデムが壊れてネットができませんでした。(電話も不通でした。)昨日、モデム交換したのでもう大丈夫です。

そうか、ぜんさんはリアルタイムで聴いてるんですね。今と当時の印象では違って当たり前ですよね。当時は日本のロックの演奏面でもついにここまで来たかーといった感慨の方が強かったんでしょうね。今聴くとはっぴいえんど好きな若い子たちにもいけるんじゃないかなって気がします。
カナ
2009/07/12 05:31
Hmm is anyone else experiencing problems with the pictures on this blog loading?
I'm trying to find out if its a problem on my end or if it's the blog.
Any suggestions would be greatly appreciated.
Omer
URL
2017/07/24 23:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
うちの猫マーもお気に入り、四人囃子「一触即発」。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる