音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ソウル界のジェダイ騎士、ジョニー・テイラー。

<<   作成日時 : 2009/09/24 02:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

画像
今夜のBGM・・・ JOHNNIE TAYLOR / WHO’S MAKING LOVE

シルバーウィークだか何だかよくわからないけどやっと終わってホッとした。別に祝日ふつうに出勤するのは慣れてるけど、気分的にはいつもの倍疲れた。次は何年後かにまたあるんだっけ?ゴールデンウィークとか盆休みとか、毎年あるもんはしゃーないと思ってるけど、秋のこの過ごしやすい気候、季節的にも切ない時期なのに回りが休んでる中で働いてるってのは、空虚さで心いっぱいになった。もうしばらくは連休要らねーって感じです。

虚しさを振り払うように、ブルージーなジョニー・テイラー聴いてます。ジャケにしびれる(毎度毎度スミマセン)。左上にスタックスの指パッチンマークついてるだけでテンション上がる。しかしこのポーズ、ビッシーッと決まってるよな。金時計と金の指輪、袖から覗く黒のカフスボタンが似合うのよ。片眉つり上がった表情も完璧で絵になる。そして決め手は全身にまとう青いオーラ。ジェダイ騎士団だよこれじゃ。メイス・ウィンドウか。それにしてもカッコよすぎる。

もちろんジャケだけではない。ジョニー・テイラーはオーティス・レディング亡き後の70年代のスタックスを引っ張った、いわば第2世代のドル箱スター。歌い方はサム・クック直系だけどより泥臭くてブルージー。このアルバムは68年の出世作で、プロデューサーにデトロイトのドン・デイヴィスを起用したことで、サザン・ソウルのアーシーな味を残したままデトロイト(つまりモータウン系ノーザン・ソウル)の軽妙な歯切れよさを持ち込むことに成功している。その流麗さはタイトル曲の@「WHO'S MAKIN LOVE」に顕著だよ。

もちろん演奏は信頼のブランド、ブッカー・T&ザ・MGズ(G-スティーヴ・クロッパー、B-ダック・ダン、Org-ブッカー・T・ジョーンズ、Ds-アル・ジャクスンJR)&メンフィス・ホーンズ。ギターのカッティングひとつとっても鬼の切れ味。もちろん軽妙さを増したといってもリズム・セクションはうんとこさーのどっこいしょーと引きずるようなネチッこさ。メンフィス・ソウルのディープな魅力を比較的洗練された聴きやすい音質とアレンジで堪能できる、いわばサザン・ソウルの入門としてもピッタリの1枚ですので是非どーぞ。




Who's Making LoveWho's Making Love
Johnnie Taylor

Stax 1991-07-01
売り上げランキング : 81203

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Johnny Taylor / Who's Making Love (1968)
Johnny Taylorと言えば、M1「Who's Making Love」というヒット曲ですよね。 カナさんが音楽酒場で取り上げられていらしたのに触発されました。傑作ア&... ...続きを見る
ぶっとばすぜハイウェイ
2009/10/12 01:31
レイバン 店舗
ソウル界のジェダイ騎士、ジョニー・テイラー。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/04 02:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャケ、いい仕事してますねー(鑑定団風)


ひんやりしてくると、ソウルを聴きたくなるのは何故でしょうか。カナさんのソウル押しもその一端ではないかと想像します。


私はここ最近、ド定番アレサでございまーす
ideharasyacho
2009/09/24 17:57
これは学生の頃、ジャケにも吸い寄せられLPで購入しました! なにしろスタックスという名前だけで、パブロフの犬状態で格安LPを漁ってたときが懐かしいです。
ジョニーさんは結構ブルージー系もお得意でしたが、リズムナンバーの出来は格別でしたね〜 思わず指パッチンです!
ezee
2009/09/25 00:30
>ideharasyachoさん

秋ですね〜。秋になるとソウルに限らずやっぱりブルージーなやつとか切ない系の音楽聴きたくなります。

>カナさんのソウル押しもその一端

バレました?季節のせいだけでもなく、色々と切ないことが多いのです・・・。
カナ
2009/09/25 04:41
>ezeeさん

LPだとジャケのカッコよさも格別でしょうねー。そうそう、このタイトル曲のリズムにあわせた歌のタイム感とか素晴らしいですよねー。つられてわたしも指パッチン!です(笑)
カナ
2009/09/25 04:44
こちらにもおじゃまします〜。

>戦慄の貴公子
先ほどはアドヴァイスをありがとうございます。殿下の真っすぐな視線が何だか怖いのですが、機会を見つけて挑戦したいです。

早速、影響を受けまして私もJohnny Taylorについてエントリいたしました。無礼なことにその実力を見くびっていたので懺悔も込めて書いてみました。
あの強烈なノド、堪りませんね!

ttp://chitlin.blog121.fc2.com/blog-entry-965.html
北沢オーストラリア
2009/10/12 01:37
>北沢オーストラリアさん

>殿下の真っすぐな視線
「ボクをもっと見て!」と言っています(笑)。1枚目から4枚目まではどれもこちらをじっと見つめています。4枚並べるとたまりませんので、是非どうぞ。

ジョニー・テイラー、歌もいいですがルックスがなんとも好きです。イカサマ師的というかペテン師というか詐欺師というか・・・(オイ!)そんな味わいがあります。フィル・リノットによく似てます。
カナ
2009/10/13 03:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ソウル界のジェダイ騎士、ジョニー・テイラー。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる