音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 世紀末お祭り宇宙ファンク、プリンス「1999」。

<<   作成日時 : 2009/09/26 04:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
今夜のBGM・・・ PRINCE / 1999

「だって西暦2000年0分0秒に
この世の祭りは終わる
だから今夜は思いっきり騒ぐのさ
まるで1999年のように」


・・・そう、このアルバムが発表された1982年には、1999年なんて遙か彼方の未来。ノストラダムス後の世界、核戦争が起きてこの世界なんてまだあるかどうかも疑わしいと思っていたオイラは小学5年生。


それからあっちゅーまに時が流れて、気がついたら1999年なんてもう10年も昔の世界じゃないの、どーするよオイ!


というわけで今夜はそんな時の流れの早さに身震いしながら、プリンスの「1999」聴いてます。やっぱこれは名作やー。初期4枚の密室宅録エロ・ファンクみたいなプライヴェートな作風から、より外に向かってオープンなロックっぽい仕上がりになった通算5枚目。より次の「パープル・レイン」に近づいたとも言えるけど、青春自叙伝サントラロックという側面があった「パープル・レイン」よりも「1999」の方が内容的にはバラエティ豊か。


冒頭のキャッチー4連発がとにかく強烈。世紀末お祭り宇宙ファンクのタイトル曲@「1999」。祝祭的、宇宙的ということでもパーラメント「マザーシップ・コネクション」と共通点多し。A「リトル・レッド・コルヴェット」は個人的にも思い入れの深い深ーい、プリンスの青春歌謡ロック路線でも頂点を極める名曲中の名曲。どこを切っても泣けるけど特にリトル・ジミヘンみたいなギターが泣ける。何度も言ってるけどギタリストとしてのプリンスはホントに素晴らしい。

ロカビリーを取り入れたB「デリリアス」みたいな単純な曲でもプリンスとしか言いようのないミニマルなアレンジから才能がほとばしる。後に「KISS」で極めるシンプル化の走り?C「夜のプリテンダー」ではおなじみ「ドン、パン、ドン、パン・・・」のパンク・ファンク・リズムで突き進む。

昔のCDではカットされてた長尺ファンクD「D.M.S.R.」は実はこのアルバムのテーマ曲というか、プリンス自身にとっての永遠のテーマとも言える「ダンス、ミュージック、セックス、ロマンス」を宣言した王道ファンク、腰がガクガクになるまで踊れ!それにしてもギター、こういうファンクでのカッティングにしても、ロック的なソロをとってもホントに上手い。

プリンスらしいビューティフルバラードG「フリー」はマジで泣ける。そしてこのアルバムでの一番のクライマックスがH「レディ・キャブ・ドライバー」。このクールなファンクはDの王道ファンクとも違う完全オリジナルなプリンス・ワールド。昔、自分で焼いて作ったプリンスの編集盤にも冒頭にこの曲持ってきたぐらい大好きな曲。エッチなSEにも耳が釘付け!

それにしても、こんな凄い名作アルバムと同レベルの名作群がズラリと並ぶプリンスの80年代のディスコグラフィー。しかもどのアルバムにも独特の個性があって、どれも前衛的なのにみんな大ヒットしてるという恐ろしさ。こんなのリアルタイムで追っかけてきたらそりゃー耳も肥えるはずだわ。あらためて今の自分がいるのはプリンスのおかげなんだと再認識。ありがたし。


「1999」以降のプリンス80年代名作群。

19991999
Prince

Wea Japan 1994-10-19
売り上げランキング : 54464
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Purple Rain (1984 Film)Purple Rain (1984 Film)
Prince & the Revolution

Warner Bros. 1994-06-17
売り上げランキング : 3893
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Around the World in a DayAround the World in a Day
Prince & the Revolution

Warner Bros. 1994-08-04
売り上げランキング : 9437
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Prince And The Revolution/Parade: Music From The Motion Picture Under The Cherry MoonPrince And The Revolution/Parade: Music From The Motion Picture Under The Cherry Moon
Prince & the Revolution

Wea Germany 1994-08-22
売り上げランキング : 58762
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Sign 'O' the TimesSign 'O' the Times
Prince

Wea Japan 1994-11-24
売り上げランキング : 46934
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


LovesexyLovesexy
Prince

Wea Japan 1994-10-19
売り上げランキング : 59847
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。ジャムと申します。
よろしくお願いします。

管理人さんより10歳ほどとっている私の
80年代はプリンスを中心に回っていました。
そういえば、今年でた新作「LotusFlow3r」は聴かれましたか?
凄くいい出来ですよ。日本盤がでないのは残念ですが・・・
ジャム
2009/09/26 07:35
思えば、ここからプリンスの快進撃始まったんですよね♪女物の衣装に身を包んだ変態が、ただの変態じゃなくなった瞬間(笑)
でも、このアルバムが、一番思い入れ深いです。
初プリンスだけに!
リュウ
2009/09/26 12:06
>ジャムさん

はじめまして!こちらこそよろしくお願いします。
80年代は多感な時期だったので、プリンスに色々教えられた気がします。音楽のことだけじゃなくてエッチなこととか色々(笑)。
最近の新譜も追っかけてはいるんですが、数ヶ月遅れとか、この頃のように新譜の発売日を楽しみに待つ、ということはなくなってしまいました。というわけで「LotusFlow3r」もまだ入手してないのです。早めに聴いてみます!
カナ
2009/09/27 04:44
>リュウさん

自分は初プリが「パープル・レイン」で、「1999」はそこからさかのぼって聴いたんですよ。もちろん当時のレンタル・レコードで(笑)。ドキドキしながら聴いたものです。親のいるところじゃ聴けなかったなあ〜。
カナ
2009/09/27 04:48
上の4枚ウチにもあります♪
まずはこのアルバムを聴かなくちゃね♪
プリンス&レボリューションをこないだ聴いて記事にしようと思ったけど、レベルが高かったです。
まずはこっちからですね(笑)
まり
2009/09/29 07:24
>まりさん

>レベル高い
んー、レボリューション時代はロックとのミクスチャー感満載ですからね。まりさんのようなブラック・ミュージックのファンには初期とか割と最近の作品の方が入り易いかも知れませんね。
カナ
2009/10/02 06:06
こんばんは!chitlin改め北沢オーストラリアと申します。今後もよろしくどうぞ〜。

さて、Prince。私は今夏、初めて本格的に聴いたんですよ。今までは不思議と縁がなくって。
“密室宅録エロ・ファンク”という言い方が的を得ていますね!どちらにしても変態音楽は大好きですので、懲りずに聴き続けてみようと思っています。

ttp://chitlin.blog121.fc2.com/blog-entry-886.html
北沢オーストラリア
2009/10/09 00:00
>北沢オーストラリアさん

こんばんは。ハンドルネーム変えられたのですね。こちらこそ今後もよろしくです〜。

密室度、変態度ということならこれの前の初期4枚が、特に「戦慄の貴公子」がオススメです!
カナ
2009/10/11 02:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世紀末お祭り宇宙ファンク、プリンス「1999」。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる