音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 21世紀の裏ビートルズ、毛皮のマリーズ。

<<   作成日時 : 2009/09/30 00:40   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 8

画像
今夜のBGM・・・ 毛皮のマリーズ / Gloomy

半年ほど前に聴いてガツンと来て、それ以来、たまに取り出してはニソニソ、ひやひやしながら聴いてましたが、なかなか人にオススメしづらいので今まで取り上げませんでした。

しかしこれだけビートルズ盛り上がってるので、21世紀の裏ビートルズとして取り上げるのもいいかな?というわけで、「破壊と狂乱のガレージ・バンド」毛皮のマリーズの3rdフル・アルバム「Gloomy」を聴いてます。


ガレージ・パンク・ナンバーの間に差し込まれるビートルズ調のメロディアスでポップな楽曲。ストレートかつ文学的、哲学的な歌詞のテーマは「宗教」 「神様」 「死」 「愛」 「人生」。

静かに祈るように歌われる@「チャーチにて」から一転、いきなりニルヴァーナ「IN BLOOM」風のイントロで叩きつけられるガレージ・パンクA「人間不信」の歌詞が衝撃・・・というか笑劇。これはちょっとここには書けないので聴いてもらうしかない。笑えます、でも深い。とりあえずウチの子には聴かせられない・・・。

続くB「愛する or die」は先行シングルの別バージョン。これも衝撃。
「♪あ〜あ〜えげつなーい えげつなーい 刺すぞ殺すぞ死ね死ね死ねー 俺だけ愛してくださいよ〜」
というサビの部分はライヴで合唱必至。

この2曲のハード・ナンバーが強烈過ぎるのだが、以降はビートルズや黄金期の洋楽ロックへオマージュを捧げたようなナンバーが続く。

まんま「ゲット・バック」のC「Honey Apple

「ヘルター・スケルター」で始まって「アイ・アム・ザ・ウォルラス」で終わるF「God Only Heavy Metal」。

「クライ・ベイビー・クライ」なG「超観念生命体私

「アンド・ユア・バード・キャン・シング」なH「小鳥と私

「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」なJ「平和


・・・などなど、真面目なビートルズ・ファンの人が聴いたら怒ってしまいそうだけど、ビートルズっぽいアレンジはあくまでオマージュなのであって悪意はない。(個人的にはこういった引用は原曲への愛が感じられればよいと思っている。これは感じられる)。それにこのバンドの本質はそこにはない。ただのビートルズのコピーバンドとは違う。

やはり歌詞。10代の時に聴いたら人生変わる子もいるだろうなーと思わせる。誰でもフッと考えることはあるのに、口に出したら反モラルになってしまう、そんな過激だけど本質を突いた鋭い言葉の数々が胸に突き刺さる。


個人的なお気に入りは、学校の先生に対する激烈なメッセージソングの形を借りて、人生の本質に迫るその名もE「人生U」。ちなみにイントロがザ・フー、そしてニック・ロウの「CRUEL TO BE KIND」っぽいパワー・ポップ・ナンバーだ。

そして一番好きなのが、D「ザ・フール」。これは本当にいい曲。「♪バカがぽつねんとひとり〜バカだからひとり〜」という歌い出しから、歌詞カード追ってくとラストで涙ぽろぽろ。この歌の主人公の心情に同調している自分がいるのに気付く。明るい曲調なのにホントに泣ける、こういうタイプの曲に弱いのだ。サビでは赤塚不二夫の偉大さにも想いが及ぶ。この1曲だけでも聴けてよかったのだ、タリラリラ〜ン。

GloomyGloomy
志磨遼平 毛皮のマリーズ

インディーズ・メーカー 2009-04-08
売り上げランキング : 8463
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
毛皮のマリーズ週間その4〜毛皮のマリーズ/Gloomy〜
今夜も地味に記事を書いている煌砂です(ちーん) やってきましたよ、とんだ問題作「Gloomy」の記事を書く日が。 ...続きを見る
OMNI
2010/12/19 01:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おお〜〜まさかここで毛皮のマリーズがでてくるとは〜...ありがたや、ありがたや〜(笑)。
最近雑誌の特集でも取り上げらているようなので、巷では株が上がってるんですかね〜?
自分の自宅ではケーブルテレビを引いていますが、MONSTER ROCKという日本のバンドを紹介する番組を毎週見てます。その中では何かの回で2回同じバンドが紹介されていて、それがつしまみれと毛皮のマリーズでした。
今年聞いた日本のバンドではこの二つの株が上がっています↑↑↑。
長文で失礼しました。
TwinNails
2009/09/30 01:21
そうなんだ、日本のバンドだったんだ(^O^)知らなかった。コメされてるつしまみれはサマソニで見ました。知りませんでしたがつい面白パフォーマンスだったので見ました。確かによかった!


一方毛皮さんのテーマはやはり普遍で勿論興味津々です。宗教関連でいいますと秋は寺季ですからね、いてきますよ。紅葉が絡むとおばん群被害があるので、個人的には夏冬の苦境時がオススメです。痛いような寒さの室生寺最高でしたからカナさん〜土門拳もいうてましたから間違いない


そんなこんなで(?)おかげさまでまだまだ甲虫に夢中なのです。しかしジョンの声、刺さるなぁ〜
ideharasyacho
2009/10/02 04:18
>TwinNailsさん

ケーブルいいなあ。ウチなんかBSも観れないです(笑)。確かにマリーズ特集の雑誌出てましたね。誰が買うんだろうと思ってました。ヴォーカルの志摩さんと吉井和哉の対談が載ってました。あと、ローリーは毛皮のマリーズ大好きだそうです。
カナ
2009/10/02 06:09
>ideharasyachoさん

「毛皮の」ってついてるから日本のバンドですよ(笑)。つしまみれ←サマソニ出てたんですね。そうですか、観ればよかったです。
冬の室生寺、寒そうですねー。長谷寺とか室生寺とか、あの近くは結構仕事で通る機会があるのですが、10年以上行ってません。今度仕事さぼって寄ってみよう(爆)。
カナ
2009/10/02 06:12
カナさんこんばんは☆
トラックバックありがとうございました!

実は私、結構前にこの記事読んでまして、今回「gloomy」に関して書くにあたってトラックバックさせていただこうかと思ったんです。
でも、私のしょうもないblogに勝手にリンク貼られるの嫌かも…と思って、貼れなかったんです(←ネクラ)

今改めてカナさんの記事を読ませていただいて、私が思いつかなかった元ネタのとこがすごく詳しく書かれていたのですごく勉強になりました。

やっぱりカナさんは詳しいですね。
「ちゃんと」音楽を聴いていらっしゃるんだろうなぁ…。

彼らについて書く時のキーワードが似ていて嬉しいです。
でも、私が忘れていただけで、頭のどこかに残っていたカナさんの記事の影響が出ているのかもしれません…。
カナさんの記事、大好きですので。
煌砂
2010/12/16 01:23
>煌砂さん

読んでいただいてたんですねー!逆に恐縮ですよ。恐れ多いお言葉ありがとうございます。
全然「ちゃんと」聴いてませんよー、酒飲んでガーッてな感じで、最近物忘れも激しいし(笑)。あ、トラックバックは全然フリーですのよければどんどん飛ばして下さい!
カナ
2010/12/16 01:56
Pretty! This has been a really wonderful article. Thank you
for providing these details.
Muhammad
URL
2017/07/24 17:39
Yes! Finally someone writes about What do you do when your Achilles tendon hurts?.
Micki
URL
2017/08/24 15:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
21世紀の裏ビートルズ、毛皮のマリーズ。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる