音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚きの55枚入りクラシックCDのBOX。

<<   作成日時 : 2009/10/27 05:27   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 9

画像
今夜のBGM・・・ 111 YEARS OF DEUTSCHE GRAMMOPHON

珍しくクラシックのCDを。しかもなんと55枚組のBOXセット!!

名門レーベル、ドイツ・グラモフォンの創立111周年を記念して最近発売されたBOXセット。これがなんと、輸入盤の予約価格で税込み9,136円!!CD1枚あたり単価は驚きの166円。ぎょえ〜!!安い。安すぎる。どうなっているのだクラシック業界。これで利益が出るのか??


普段クラシックあまり聴かないので、当然CDもそんなに持ってないのですが、これはこの際思い切ってまとめて買っちまえ!ってことで予約ボタンをポチッとな。で、先日届きました。


画像


ド〜ンと存在感のある立方体のハコ。造りもしっかりしてる。それにしてもデザインがビートルズの「1」に似ている・・・。


画像


ハコをあけると、紙ジャケットに包まれた55枚のCDがキレイに並んでいる。オモテ面はオリジナルLPのデザインを再現、ウラ面には曲名、作曲者、演奏者などの基本データはもとより、ごていねいに55枚の通し番号まで入っている。この紙ジャケ、もっとペラい紙スリーブケースのようなものを想像していたので、思ったより造りが丁寧でしっかりしていて嬉しい。豪華で分厚い解説ブックレットも入ってる。この解説もドイツ語と英語のバイリンガル仕様になっている。親切だ。どっちにしろ、読めんのだけど・・・。


画像


それにしてもジャケがオリジナル・デザインってのがいい。それだけで愛着が湧く。これがこのビートルズみたいな赤いジャケットで統一されていたら買わない。セレクトされた盤の内容も、ドイツ・グラモフォンの持つ膨大なカタログの中から、新旧の幅広い音楽スタイル、有名指揮者・演奏家のベストセラー作品を厳選。よく知らんのだけどね(笑)。でも素人だからこそこれは買わなきゃ損だという直感が走った。


ロックやソウルの聴き過ぎで耳が凝(こ)ってきた時にマッサージ的に聴けるもの入ってるし、気合入れて聴かなきゃ押し潰されるような重厚な交響曲もあるし、ホント幅広い。恥ずかしながらモーツァルトのレクイエム初めてちゃんと聴いて感動しました。あと、バッハのオルガン曲聴いてキース・エマーソンかと思った。(←逆だろ!)音もいいし、気に入ってます。


ただ、予約して買った時は9,000円ちょいだったけど、今はamazon.でも値段が上がってます。それでもかなりお買い得だと思うけど、自分は1万円切ってないと買わないだろうなー。やっぱり俺、ロックンロールな人だから。(←矢沢永吉か!)

111 Years of Deutsche Grammophon/Various (Coll)111 Years of Deutsche Grammophon/Various (Coll)
Various Artists

Deutsche Grammophon 2009-10-20
売り上げランキング : 818
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
驚きの55枚入りクラシックCDのBOX。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/10 03:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
クラシックも時には聴きたくなりますよね(^^♪
エリック・サティのように邪魔にならない音楽もいいです。
チェロなども秋に合いますね
まり
2009/10/28 07:22
>まりさん

キース・リチャーズは、自宅でモーツァルト聴いてると言ってます。モーツァルトは泣けるぜ、とも(笑)。
フランク・ザッパはストラヴィンスキーに多大な影響を受けてます。
あと、オペラを爆音で聴くとイタリアン・マフィアにでもなった気分で、もうこのままマシンガンで蜂の巣にされてもいいというか(笑)非常にゴッドファーザー的なというか、マーチン・スコセッシ的というか、とにかくロックな気分になります。
カナ
2009/10/29 00:27
クラシックのボックス物は驚きの低価格のものが多くあり、いったい価格設定どーなってんの?と驚くことしばしば。その中でもこれは内容的にも驚愕モンですね。

例えばCD5のミケランジェロの弾くドビュッシーは、レコード時代は「前奏曲集」と「映像」がそれぞれ単独だったのを1枚にカップリングしてます。なので実質55枚以上のヴォリュームがあります。真の名盤も数多く、正直、びっくりしました。たまに50年代録音のものもありますが、60年代以降の録音は今の耳にもそれほど問題なく聴けると思います。

当然、アマゾンに行ってポチッとします。
ぜん
2009/11/01 08:32
>ぜんさん

本当に価格設定どうなってるんでしょうね。もちろん聴き手にとっては嬉しいですね。

>例えばCD5のミケランジェロの弾くドビュッシーは、レコード時代は「前奏曲集」と「映像」がそれぞれ単独だったのを1枚にカップリングしてます。なので実質55枚以上のヴォリュームがあります。

なるほど!勉強になります。ひとまず1日1枚ぐらいのペースでCD1から順番に聴いてますが、まだ制覇には1ヶ月以上かかります(汗)。ミケランジェリは聴きました。クラシックのピアノソロは他にグレン・グールドのバッハを持ってますが、グールドの奔放な感じとは対照的で、隅々まで神経を張りつめたような緊張感が凄いと思いました。
カナ
2009/11/02 02:19
Yahoo オークションで 4,500円 で落札したら中国からの発送でした。Made in EU とは書いてあるものの、不安です。紙ジャケットの糊付けが甘く、新品なのに開いていたり、他のジャケットとくっついていたり...おかげで CD49 は2枚入ってました。(そんなのうれしくなーい)

ただのグチですが、誰かに聞いてほしくて...
失礼しました。
KN-CORO
2012/03/18 11:35
よく見るとディスク内周の刻印も無く、海賊盤だったようです。
KN-CORO
2012/03/18 17:09
>KN-COROさん

はじめまして!そ、それは災難でしたね(汗)。正規盤はハコの作りはしっかりしてますし、ジャケットはペラいといえばペラいですが、のり付けが甘いということはないですし、勿論他のジャケットとくっついているようなことはありませんでした。ドイツグラモフォンですからそんな酷い仕事はしないですよね。中国ヤバイですねー、ヤフオクは便利ですけど当たり外れがありますね。
カナ
2012/03/20 01:57
>カナさん

古い話題にレス頂き有難うございます。海賊版でも音さえちゃんと出ればと思っていたら、音飛び、音割れもあって、結局3万円出して海外正規版を購入しました。EDITION 2 は アマゾンで 1万円で買えました。

何故、EDITION 2 は売れ残っているのか。もしかして世間の人は @がベスト1〜55、Aがベスト 56〜111 だと思っているのでしょうか。

111の中の売り上げ順位も気になるところですね。
KN-CORO
2012/03/21 21:51
>KN-COROさん

わたしもEDITION 2は買っていません。1をまだ十分に聴ききれてないというのと、別にDECCAのハコを買ってしまったので(←こちらも聴ききれていない)。

でもEDITION 1と2を合わせて111枚になるというところは憎いですね。購買意欲をそそられます。しかしまず1とDECCAのハコを聴かなければ・・・。

カナ
2012/03/28 02:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
驚きの55枚入りクラシックCDのBOX。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる