音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 大人のヘヴィ・ロック。アリス・イン・チェインズの復活盤。

<<   作成日時 : 2009/11/05 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ ALICE IN CHAINS / BLACK GIVES WAY TO BLUE

グランジ・ロックの4大バンドと言えば、ニルヴァーナパール・ジャムサウンドガーデン、そしてアリス・イン・チェインズ

中にはダイナソーJr.やスマッシング・パンプキンズの名を挙げる人もいるかも知れないが、グランジ発祥の地であるシアトル近郊を活動の中心にしていたという意味ではやはりこの4バンドを推したいところ。

ヘヴィでありながらパンキッシュなニルヴァーナ、スケールの大きい王道アメリカン・ロックのパール・ジャム、ひたすらハード&ヘヴィなリフで押しまくるサウンドガーデン、そして地を這うようにうねるギターリフに陰鬱なヴォーカルがからみダークで耽美な世界を描き出すアリス・イン・チェインズ。

この中ではサウンドガーデンとアリス・イン・チェインズのブラック・サバスっぽい重いリフにヘヴィ・メタル色が感じられる。実際、アリス・イン・チェインズはメガデスの前座をやっていたし、彼らの2ndアルバム「ダート」のライナーノーツは伊藤政則氏とバーン!の増田勇一氏が書いているから、当時そういう聴かれ方をしていたと思う。

ただし、サウンド的にはメタルに近くても、ヴォーカルのレイン・ステイリーの歌声はいわゆるメタル・バンドの高音シャウト型のヴォーカルとは全く違っていた。どちらかといえばブラック・サバスのオジー・オズボーン型なのだが、コミカルな面も持っていたオジーとは違ってひたすらシリアスで醒めており狂気すら感じさせた。ヴォーカルのレインの存在に、それまでの旧世代メタルとは違う、確実にグランジ/オルタナティヴという新しい風が吹いているのを感じたものだった。

そんなレインだったが重度の薬物中毒から抜け出すことができずにバンドは常にその問題を抱えていた。1990年代に3枚のアルバムを発表して、特に3rd「アリス・イン・チェインズ」は全米ナンバー1の大ヒットとなったが、レインの薬物問題でバンド活動はその後休止がちとなる。そして2002年にオーヴァードーズでレインが他界。バンドはそのまま自然解散するかに思われた。

しかし、2006年に新ヴォーカリスト、ウィリアム・デュヴァールを迎えてまさかの活動再開。ライヴ活動を経て、ついに今年発表されたのがなんと14年ぶりのニュー・アルバム「ブラック・トゥ・ブルー」だ。これがとてもよい。

デュヴァールのヴォーカルはレインのような狂気は孕んでいないが、相変わらず地を這うがごとくウネるジェリー・カントレルのギター・リフが作り出すゆるやかなヘヴィ・グルーヴによくマッチする声だ。もともとアコギな要素も持っていたバンドだが、そちらの面でも年月を経て実にいい味を出している。変な言い方だが、落ち着いて聴ける大人のヘヴィ・ロック。雨の夜の街を車で流した時にカーステレオで鳴らしたらハマッた。



そもそもグランジ・ムーヴメントが起きた1990年前後、自分もハタチ前後でヘヴィなロックにアダルト・オリエンテッドな要素なんて望むべくもなかったけど、あれから20年。自分もバンドも大人になったし、こういう40代になっても聴けるようなヘヴィ・ロックがあってもいいんじゃないかと思うようになった。ま、それでもこれが聴ける40代なんて相当トンガッてると思うけどね(笑)。


FaceliftFacelift
Alice in Chains

Columbia 1990-09-04
売り上げランキング : 54511
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DirtDirt
Alice in Chains

Columbia 1992-09-30
売り上げランキング : 8251
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Alice in ChainsAlice in Chains
Alice In Chains

Sony 1995-11-07
売り上げランキング : 34361
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブラック・トゥ・ブルーブラック・トゥ・ブルー
アリス・イン・チェインズ

EMIミュージックジャパン 2009-09-30
売り上げランキング : 2759
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。最近、ニルヴァーナのライヴ・アット・レディングを見てます。
僕はすごいUSオルタナ(グランジ)系好きです。
アリス・イン・チェインズやサウンドガーデンはまだそこまで聞き込んでいないのでよく分かりませんが、ダイナソーJr.とスマパンも加えるなら、ピクシーズ、ソニック・ユース、マッドハニーも加えたくなってしまいす。(←好きな話題で興奮気味)
できればいつか(できればで良いので)ソニック・ユースをリクエストしてもいいですか?
TwinNails
2009/11/05 23:51
ニルヴァーナ、サウンドガーデン、マッドハニーで
グランジ御三家という意見もあるらしいですけど、
私もどちらかというと重すぎない
ピクシーズ、ダイナソーJr.の流れが好きです。
ジャム
2009/11/07 06:51
>TwinNailsさん

レディング観たいです!CDも出ましたねー。
ソニック・ユースはグランジの前からずっとやってるイメージで、USオルタナの元祖というかNYパンクの末裔という感じもありますね。ピクシーズ懐かしい!ダイナソーからセバドーとか、ペイヴメントっていうローファイの流れも好きです。グランジじゃないけどUSオルタナってことで、レッチリ、フィッシュボーンやフェイス・ノー・モア、リヴィング・カラー、リンボー・マニアックスっていうミクスチャー・ロックも好きでした。(←止まらない)
カナ
2009/11/07 07:32
>ジャムさん

シアトル=サブ・ポップ・レーベルということではその3つでしょうね。マッドハニーは最初期に出てきましたけどバンドとしては他より小粒なイメージがあります。
ダイナソーは大好きです。流れからは外れるけどジョン・スペンサーとかも。
カナ
2009/11/07 07:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大人のヘヴィ・ロック。アリス・イン・チェインズの復活盤。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる