音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS マイケル映画「THIS IS IT」の金髪女性ギタリストにビックリ!

<<   作成日時 : 2009/11/10 01:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 13

画像
今夜のBGM・・・ MICHAEL JACKSON /THIS IS IT

マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」観に行ってきました!よ、良かった・・・。

最初から最後まで涙ボロボロのダダ泣き。恥ずかしかった。えっ、そんな泣けるシーンなんて無かったろって?いやーもう中学生の頃とか色々思い出したり、それにこんな素晴らしいアーティストがもうこの世にいないなんて考えるだけで涙出てきました。マイコーッ!!アイミッシュー!!


まずビックリしたのは、マイケルむちゃ元気。とてもこのフィルムの後しばらくして死んでしまった人には思えない。踊りもバキバキだし声もめっちゃ出てる!これは驚異。これ見るとやっぱりあの事故には人為的なミスが絡んでるとしか思えない。よくわからんけど・・・。

ただ、やっぱり厳しい米国ショービズ界をサバイブしていくにはマイケルの神経は繊細すぎて優しすぎるという印象も確かに感じた。キング・オブ・ポップのマイケルが、もっとワガママ放題やっても誰も文句は言えないのに、優しいのなんのって。怒ってる(と思われる)時も、演奏やミキサーに指示出す時も、強く言えないし言わない。周囲の人を傷つけないように気をつかいまくるマイケル。日本のYAZAWAとはえらい違いだ。キング・オブ・ポップにそんなに気を遣われては回りのスタッフも逆にやりにくかったであろう。唯一、キーボードのヤツが1人で突っかけてたけど、お前キング・マイケルに何いうねん!とか思ってヒヤヒヤしながら見てた(笑)。

10代の少年の心を持ったまま50歳になってしまった人。他の人間が口にしたら胡散臭い地球環境保護とかのメッセージもマイケルだからこそ素直に耳を傾け考える気持ちにもなる。

もちろん、ダンスも含めた音楽的才能という面では、今さら言うのもなんだけど天才通り越して超人。全身がリズム感と絶対音感のカタマリのような人だ。それをこの映画で改めて確認できた。だからこそ、映画を観終わった後で世界がこの才能を失ってしまった喪失感が襲ってきて、余計に深く胸を締めつけるのだけど・・・。

とにかく、観て絶対に損はしません。感動的で素晴らしい映画。このリハが公演として実現しなかったのはスタッフにとってもマイケルにとっても無念だったろうけど、こういう形で素に近いマイケルの姿を見ることができたことに感謝したいと思います。


で、そんなマイケルに負けないぐらい、いやある意味マイケル以上にインパクト強かったのが、ステージでマイケルの傍らでギター弾いてる女性ギタリスト。確かマイケルは以前も女性ギタリスト(ジェニファー・バトン)使ってたと思うけど、この彼女はずっと若い。「今夜はビート・イット」の、あの有名なエディ・ヴァン・ヘイレンのギター・ソロを楽々完コピしてるし。しかもガム噛みながら(笑)。「ブラック・オア・ホワイト」の後のギター・ソロ・コーナーではまさに独壇場!マイケルも「ここがキミの見せ場だ」とか言ってるし。

若い!上手い!金髪!!誰?誰?ってことで色々調べたら、名前はオリアンティ・パナガリス。オーストラリア生まれの若干24歳!!なんでもサンタナに憧れてエレキを弾きはじめたらしく←日本じゃそんな女の子は考えられない(笑)、映画ではトリッキーなプレイもしていたけど、本質的にはサンタナ譲りのブルージーかつエモーショナルなプレイが得意のようだ。2007年のクロスロード・フェスとかにも出てるので、そっち方面では結構有名みたい。「ギター・マガジン」や「プレイヤー」の読者だったら当然知ってる?わたしゃ全然知りませんでした。


You Tubeで画像探したら、ありました、ありました。いきなりサンタナが出てきて彼女を絶賛してる(多分)。




うーむ。このルックスでこの若さでこの腕前。マイケル映画がキッカケでスター一直線ですな。それにしても、ジェフ・ベックのとこにいるベースのタルちゃんことタル・ウィルケンフェルドもオーストラリア出身でしたね。というわけで今日の結論。若くてバカテクで金髪の女性ならオーストラリアを狙え!ってことで。(←どーゆー事?)


マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)
マイケル・ジャクソン

SMJ 2009-10-28
売り上げランキング : 39
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)
マイケル・ジャクソン

SMJ 2009-10-28
売り上げランキング : 3
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Violet JourneyViolet Journey
Orianthi

Universal 2008-05-05
売り上げランキング : 2184
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


BelieveBelieve
Orianthi

Geffen 2009-10-26
売り上げランキング : 101
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
THIS IS IT?
今更ながら…遅まきながら…やっと観てきました「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」。私なんか、亡くなってはじめて興味を持ってはじめて聴いた超初心者なので(ジャクソン5は別ですが)テレビでの特番で十分だろう、と思ってたんですけどね。友達やブログ仲間さんとかならまだしも、会社の人たちまで「あれは良かった」「嫁の付き添いだったから寝てようと思ったのに凄いはまった」とか絶賛していたので、それは素晴らしいんだろうということで出陣。上映延長してくれてよかったよー!作りはリハの映像がひたすら切り貼りさ... ...続きを見る
君が待つのは世界の良い子の手紙
2009/11/20 23:31
マイケルジャクソンの「THIS IS IT」を見てきた
基本的に音楽は雑食で,POPからJAZZまで何でも聴く人。大好きなアーティストは山ほどいるが,そのPOPの中でもKING OF POPと呼ばれるマイケルジャク&... ...続きを見る
■□■高専からの大学編入生の日常■□■
2009/11/30 10:41
いまさらながらTHIS IS IT
遅ればせながら、我が家にもやってきました。 ...続きを見る
POP'nBlog
2010/03/04 10:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
ちわ〜♪ ここにもコメント
日曜日あたりに夜飯つきで観にいきたい魂胆です。

マイケルは若い子のファンも増えつつあるようで
やっぱり偉大な人だったんですね!!
 
まり
2009/11/11 07:29
うわーいきてぇ なんとかやりくりしていこう、、
親父の唯一洋楽テープはスリラーでしたね。

神曲ヒューマンネイチャーやPITあるかなぁ。そんな流れでHEELザWORLD挟まれたら絶対号泣すわ

しかしいかついギター姉ちゃんすね。好感もてます。嫁は、オージーアーティストは田舎くさいバタくさいとバカにする傾向あり(^O^)私はもちろん大好きです。。バタ臭土臭サイコー
ideharasyacho
2009/11/11 08:07
> 全身がリズム感と絶対音感のカタマリのような人だ。

この前、新聞に今度来日する(した?)ライオネル・リッチーのインタビュー記事が載っていたんだけど、それによると、「ウィー・アー・ザ・ワールド」をマイコーと競作したときは、ともに譜面が書けない(!)ので、体でリズムを取りながら、口ずさみながら、それをほかの人に採譜させた云々みたいなことが述べられていました。
てことは、オフ・ザ・ウォールやスリラーのときもおんなじような作曲の仕方をしていたんでしょうね。ドラムを叩きながら曲作りをした、という話も聞いたことがあります。

しかるに、マイコーという人は、凡人には推し量れない音楽的な才能を秘めていたのは事実でしょうね、きっと。
ルドルフ
2009/11/12 10:03
>まりさん

マイケル亡くなってからファンになったっていう若い子もいるみたいですね。劇場にも中学生ぐらいと思われる女の子のグループがいたりしてビックリしました。そういえば娘の小学校の運動会ではダンスの演目で「スリラー」やってる学年がありました(笑)。
カナ
2009/11/13 05:13
>ideharasyachoさん

スリラー聴いてるなんてモダンな親父さんですね〜。ウチの親父なんて鶴田浩二ですわ(笑)。

ヒューマンネイチャーは○○○、PYTは○○○、ヒール・ザ・ワールドは○○○○○ですよ。(←ネタバレになるので伏せときます)

オージー娘は確かに田舎臭いですが垢抜けないファッションとかがだんだん洗練されていく過程を見るのもいーもんです。(カイリー・ミノーグとか結構好き)
カナ
2009/11/13 05:19
>ルドルフさん

リチ男、いい話しますね〜(笑)。今年はマイケルの件もありましたが、マドンナのベストも出たし、ホイットニーの新譜も出たし、ボンジョヴィも出たし、80年代がクローズアップされた年でしたね。ファッション界でも今はエイティーズ風がトレンドらしいです。ビバ!エイティーズ!!
カナ
2009/11/13 05:29
…いてきました。マイコー、よかった。。。一切落ちない唄声、絞りきった躯、勝手に動きだすリズム…。凄いよマイコーやっぱり神の子だよと。ほんとに靴から星屑が見えそうでした。


寺周り派としては、太子や鑑真といったレジェンドカリスマたちを 想像してしまいました。突出した才能、謙虚さの中の信念みたいなところとか。マイコー代名詞といえば、観客の失神シーンですよね、、、うーんまさに神じゃないか。。


一方オージーguitar姉、いいですね。パワフル。なんか、あの手の濃いguitarが聴きたくなりましたね。


イデハラシャチョウ
2009/11/14 10:47
>イデハラシャチョウさん

マイコー神の子、不思議な子(←ノムさん風に)
映画すばらしかったですよね。実は告白すると今年の初めに観たストーンズ映画「シャイン・ア・ライト」は罰あたりなことに途中睡魔が襲ってきてウトウトしてしまったのですが、マイケル映画は最後まで釘付けであっという間に時間が過ぎていきました。

>ほんとに靴から星屑が見えそうでした。

見えてましたホントに見えてました!!
カナ
2009/11/16 22:25
カナさんTBどもでしたー。
やーっと観ました…よかった!
ほんと信頼関係で成り立ってる世界だったなあ。

>唯一、キーボードのヤツが1人で突っかけてたけど
あったあった。もっと具体的に言ってよ、みたいなやつね。たしかにマイケルの要望、抽象的だった(笑)。
うんうん、女の子ギタリストすごかった!かわいいし言う事ないなー。ねえ、オーストラリアとここで知ってすぐタルちゃん思い出した。
yoiko
2009/11/20 23:30
>yoikoさん

まだまだ話題になってるねー。しかしこの映画観て悪い印象持ったって話はまだ一度も聞いてないな。2回目行きたいぐらいだけど今週金曜までだ、確か。

>タル

オーストラリア出身の金髪バカテクコンビ結成したらセッションとか引っ張りだこだろうなー(笑)。ルックス的にも映えるしね。
カナ
2009/11/23 00:34
遅まきながらマイコー映画観ました。
単純にカッコいい!
あっと言う間の2時間。
もっと観たい!

ギターの女の子もうまいっすね。
ちょっと垢抜けないところもご愛嬌。
(ギターは腰の据わったロックギターですが。)
PRSはサンタナの影響ですかね。
kitunebuta
2009/11/27 01:34
>kitunebutaさん

もっと観たい!と思いましたよね。DVDの発売日もすでに決定しているようですよ。
オージーっ娘は垢抜けないのが魅力ですね(笑)。彼女のCDの売上ランキングも急上昇してるみたいです。

カナ
2009/11/28 03:03
When some one searches for his necessary thing, so he/she wishes to be
available that in detail, thus that thing is maintained over here.
Piper
URL
2017/07/25 09:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マイケル映画「THIS IS IT」の金髪女性ギタリストにビックリ! 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる