音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 1994年のビッグバンに産み落とされた孤高の名作、ジェフ・バックリー「グレース」。

<<   作成日時 : 2009/12/09 05:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ JEFF BUCKLEY / GRACE

今月号のロッキング・オンの「1994年特集」立ち読みした。(←買えよ)


なかなか面白かった。やっぱり1994年ってのは尋常じゃないくらい名盤・重要盤がたくさん出てる。

カート・コバーンが死んで、ベックオアシスがメジャー・デビューした年。ウィーザーのデビュー盤もこの年。グリーン・デイのブレイクとメロコアの台頭、ブラー対オアシスのブリット・ポップ隆盛、ナイン・インチ・ネイルズの「ダウンワード・スパイラル」、ブリストル系、ローファイ、カートなき後のグランジ勢の踏ん張り、ジョン・スペの「オレンジ」、ビースティーズの「イル・コミュニケーション」、NASノトーリアスBIGのヒップホップ名盤・・・

80年代から続いていたスタジアム型ハード・ロックがグランジによっていったんリセットされ、そのグランジの象徴だったカートがいなくなって、一気にさまざまなスタイルが百花繚乱のごとく咲き乱れた・・・パンクの後のポスト・パンク〜ニュー・ウェイヴの図式によく似てる。ということはニルヴァーナ=セックス・ピストルズ、カート=ジョン・ライドン?ジョン・ライドンほど図太くなかったということか。

1994年以降は、いわゆるメインストリームのロックというものが無くなった。少なくとも「パンク」「グランジ」といった一言のキーワードでは言い表せなくなった。ジャンルの細分化はネットの普及と歩みを同じようにして進んで、現在のシーンに直接つながっている。つまり今のロック・シーンの原点となるのが1994年。そういう意味では1967年〜69年や1977年と同じくらいロックにとって重要な年なのかも。


そんな1994年に産み落とされたアルバムの中でも、時代やジャンルといったものを超越して今でも燦然とした輝きを放ち続けているのが、ジェフ・バックリー生前唯一のスタジオ・アルバム「グレース」。


実はこのアルバム、リアルタイムで聴いた時にはピンとこなかったんだよね。なんか地味に思えて。当時わたしゃー23歳。もうちょっとポップでロッキンな音に傾倒してた頃です。

最近になって、親父のティム・バックリーとかアシッド・フォークをよく聴くようになって、実に10年ぶりぐらいで聴き直してみたら、震えた。若いときにはわからない音楽のよさってあるもんだねー。この1枚で親父を完全に超越しちゃってる。ニック・ドレイクレディオヘッドをつなぐ音だ。

ヴォーカルも演奏も、CD盤というプラスティック製の大量生産可能な円盤に魂刻み付けることができるのかってーぐらい鬼気迫っている。生めかしいファルセットヴォーカルと予測不能の大胆なギターアレンジのせめぎ合い。こんな凄いの作ったら次は作れないだろと正直思う。

世代や好きな音楽ジャンルなど関係なく、音楽ファンを自称する人なら聴くに値する、すでに古典的な名作だと改めて思いました。


GraceGrace
Jeff Buckley

Sony 2004-09-13
売り上げランキング : 38289
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

90年代総括の雑誌でほぼ間違いなく出てくる様なアルバムですね{最近買いました(未聴)}、下のAmazonのリンクのアルバムのレガシー・エディションを買いました(三枚組なのに恐ろしい安さ)。
それの二枚目には、カバー曲が一杯入っていてMC5のKick Out The Jamsなんかも入っていました(デビューする前のバックリーは、人間ジュークBOXと化していたらしいです)。

まあ今日の意見はこんな感じですが、少し前は昔のカナさんの記事のDJ Shadowのアルバムを買ったり、していますが、だんだん洋楽初心者はカナさんの記事を読めば全体像がだいたい把握できる様な仕上がりになってきましたね。
これからも頑張って励んでください。
TwinNails
2009/12/10 00:55
>今のロック・シーンの原点となるのが1994年。そういう意味では1967年〜69年や1977年と同じくらいロックにとって重要な年なのかも。

なるほど、そうなのか。僕はその頃から新しい音を聴かなくなってしまったのですが、合点がいきました。ジェフ・バックリィもその頃耳にはしたのですが、その頃は30手前、こんなヘヴィでダウナーなのは今は必要ないと思った記憶があります。10代ならはまったかもしれないけど。今聴くとどうなんだか、ちょっと興味ありますね。
goldenblue
2009/12/12 12:03
>TwinNailsさん

>洋楽初心者はカナさんの記事を読めば全体像がだいたい把握できる

そう言っていただけるととても嬉しいですが、扱う範囲が広すぎるので初心者は逆に混乱するんじゃないですかね?カテゴリ別で分けてるので、気になるカテゴリの記事だけ読んでもらえたら・・・と思いながら書いてます。
TwinNailsさん、いつもありがとうございます!がんばります〜!!
カナ
2009/12/13 03:26
>goldenblueさん

>こんなヘヴィでダウナーなのは今は必要ない

まったく同じように思いました!(笑)
今聴いたらかなりグッと来ましたよ。70年代だからOK、90年代だからNOというわけではなく、いつの時代にもいいものはあると思いました。

でも確かに、時代とその時の自分の年齢の関係というのは確実にあると思いますけど。やはり青春時代にリアルタイムで聴いた音楽に一番思い入れがあるのが当たり前ですからね。

カナ
2009/12/13 03:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1994年のビッグバンに産み落とされた孤高の名作、ジェフ・バックリー「グレース」。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる