音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アシッド・フォーク」なるジャンルを代表するアーティスト、ティム・バックリー。

<<   作成日時 : 2009/12/13 05:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
今夜のBGM・・・ TIM BUCKLEY / GOODBYE AND HELLO


息子のジェフ・バックリーを先回取り上げたので、今回は親父のティム・バックリーを。もともと若い時に聴いてピンとこなかったジェフ・バックリーを、ティム・バックリー聴くようになってから聴き直して好きになったのだから、世代的には順番逆だろ(笑)。


で、このティム・バックリー、世間的には「アシッド・フォーク」なるジャンルを代表するアーティストってことになってるけど、このアシッド・フォークってジャンル区分がイマイチよくわからん。わたしの理解の範疇では、サイケ感覚のある幻想的な(あるいはドリーミーな)フォーク・・・って感じで捕らえてますけどあってますでしょーか?

アーティストでいえば有名どこでは米ではこのティム・バックリーとかディノ・ヴァレンテ、英ではシド・バレットもこの範疇に入れられることがあるし、ニック・ドレイクもよくそう言われますね。あと、ドリーミーなフォークってことでヴァシュティ・ヴァニヤンとか、初期のティラノザウルス・レックス・・・わたしが持ってるのはこれぐらいですが、線引きがよーわからんね。とりあえずうちのブログでは、「プログレ/サイケ/トラッド」のカテゴリにぶち込んでおきました。

あと、60〜70年代にはそういうサイケフォーク的なレコードがウジャウジャあって・・・まあサイケは当時一種のブームのようなものでしたから・・・中には入手困難なレア盤とかもたくさんあって、そういうレア盤だけを堀り堀りしてるマニアの方もたくさんいらっしゃるようです。それだけで1冊のガイド本ができるくらい。わたしとしてはそういうマニアの世界に足を踏み入れるつもりは毛頭ないのですが。興味がある方はとりあえず入手しやすい代表的なモノから聴いてみればいいのではないでしょうか。(あっ、そこからハマってしまった人がマニア道に堕ちていくのか・・)


で、これはそのアシッド・フォークの中でもベーシックな1枚といわれる、ティム・バックリーの2nd「Goodbye And Hello」。いきなり爆音のSEから始まって爆音のSEで終わる@。最初はこのSEがサイケ感覚なのか?とか思いましたが(笑)、全体的にはやはり4オクターブ出るといわれるティムの高音ヴォーカルが素晴らしく、その歌声とソウルフルなアコギのかき鳴らしとコンガ、オルガンなどとのグルーヴィな演奏のマッチングが独特の浮遊感と高揚感をもたらし、それがアシッドとかサイケとか呼ばれる所以でしょう。

そんな伸びやかな高音ヴォーカルが堪能できるB「PLEASANT STREET」、アコギ・グルーヴ満載のD「I NEVER ASKD TO BE YOUR MOUNTAIN」。息子もステージでとりあげたE「ONCE I WAS」や、ブラッド・スウェット&ティアーズもカヴァーしたI「MORNING GLORY」などのメロウな曲も魅力的。

実生活でもアシッド漬けだった彼はオーヴァードーズで1975年に他界。そういえば上で紹介したアーティストの中にも夭逝した人や精神を病んでしまった人が多い。そいういう意味でもアシッド・フォークなのか。なんだか人間の心の闇や人生の儚さ、虚無感についてまで考えさせられてしまう音楽なのであります。


Tim BuckleyTim Buckley
Tim Buckley

Asylum 1992-06-09
売り上げランキング : 93445
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Goodbye and HelloGoodbye and Hello
Tim Buckley

WEA 1989-07-11
売り上げランキング : 86290
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Happy SadHappy Sad
Tim Buckley

Elektra/ADA 1989-07-10
売り上げランキング : 46153
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




(比較的)入手しやすい「アシッド・フォーク」のCD

Dino ValenteDino Valente
Dino Valente

RPM 1998-03-17
売り上げランキング : 116077
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


If I Could Only Remember My NameIf I Could Only Remember My Name
David Crosby

Rhino 2006-11-21
売り上げランキング : 25646
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


帽子が笑う不気味に帽子が笑う不気味に
シド・バレット

EMIミュージック・ジャパン 2006-09-29
売り上げランキング : 52372
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ピンク・ムーンピンク・ムーン
ニック・ドレイク

USMジャパン 2009-03-04
売り上げランキング : 10368
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Just Another Diamond DayJust Another Diamond Day
Vashti Bunyan

Spinney 2004-10-19
売り上げランキング : 2436
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ティラノザウルス・レックス登場!!(紙ジャケット仕様)ティラノザウルス・レックス登場!!(紙ジャケット仕様)
ティラノザウルス・レックス

ユニバーサル インターナショナル 2004-12-15
売り上げランキング : 8940
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Sunshine SupermanSunshine Superman
Donovan

EMI UK 2005-06-07
売り上げランキング : 14065
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
大好物キター!うちは夫婦で好きですね。シドさん、桃月、ヴァニヤンさんは自宅にあります。個人的にはそこにレッドクレイオラと邦のハンバトトハンバトートを加えたいですね。昔、嫁からサニーデイの桃月って曲は完全にドレイクさんパクリだろと聞かされ、訳わからん話やなと思ってました(^O^) 


また今重要ワード『サイケ』ですが、不安な世の中になればなるほど、そのドリーム感需要は高まってると思っています。ベック現行盤、フレミングリプス、石転さんの魔女盤、ゆらゆら、MGMT…どんどんサイケ盤が注目中かと。みんなラリホーしようぜと(>_<)
     
     ↓
そして長くなりましたが現行サイケ王バンドはスエーデンのDUNGENだと思っています。甘さするどさメロディ最高っす!まぁやはりプログレ盤にもなるように思いますが…。過去ログにあられたらさーせんです(^O^)
イデハラシャチョウ
2009/12/13 09:33
>アシッド・フォークってジャンル区分が
ねー。サイケのフォーク部門と同じくくりなのかな。でもアシッド〜と呼ばれてるやつの方がメジャー陣だしポップさもあるしなあ…やっぱサイケフォーク部とは若干違うのかな〜(笑)。うん、Dino Valenteは筆頭だね!

>中には入手困難なレア盤とかもたくさんあって
まさかーーとびっくりするようなのも今ではCD化されちゃってるけど…入手できなかっただけで中身はカスとか結構あったり(いいすぎ・笑)。マニアは「オリジナル盤」だもんね。ボロゴミみたいになってても集めちゃう。昔、eBayとか見てたけど凄まじい値段でやりとりされてた!
yoiko
2009/12/13 22:04
>イデハラシャチョウさん

あ、レッドクレイオラもこのに入れていいのか。ベックの「モダン・ギルド」もサイケ入ってましたね〜。

>不安な世の中になればなるほど、そのドリーム感需要は高まってる

成る程、それは納得いきます。ドリーム感は音楽だけに留めておけばよいですが、実際にドリーム感覚を求めて御用になる輩もこの時期多いですね。

>DUNGEN

まったく知らんです(汗)。勉強しときます!
カナ
2009/12/14 03:08
>yoikoさん

こっちの方はそんなに詳しくないんで、正直さわりだけ(笑)。
サイケフォークっていうよりアシッドフォークって言った方が響きがカッコイイとかちょっとオシャレに聞こえるとかその程度の違いじゃないかって思うけどね。
渋谷系とか流行ったころにアシッドフォーク好きっていうとちょっとオシャレ、みたいな軽い感じなかった?サイケフォークっていうともっとズブズブ、ドロドロで生活持ち崩してレコード買ってる・・みたいなイメージ。わたしは前者で十分ですけどね(笑)。
カナ
2009/12/14 03:22
そしてそして、これはサイケやなんや知りませんが、邦楽バンド、埋火のアルバム『わたしのふね』を聞いてみてください


サイケ?のマスト要素、浮遊感、頼りなさを感じる新しめバンドだと思います さぁさ、騙されたつもりで(^O^)
イデハラシャチョウ
2009/12/14 23:35
>イデハラシャチョウさん

>邦楽バンド、埋火のアルバム『わたしのふね』

ひぇ〜、ますます知りましぇん!!
「サイケの穴」で修行して来ます!ピュー
カナ
2009/12/18 02:34
Hey, I think your website might be having browser compatibility issues.
When I look at your blog site in Safari, it looks fine but when opening in Internet Explorer, it has some
overlapping. I just wanted to give you a quick heads up!
Other then that, very good blog!
Raleigh
URL
2017/07/24 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「アシッド・フォーク」なるジャンルを代表するアーティスト、ティム・バックリー。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる