音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ジム・オルーク「ユリイカ」で聴く、歌心と音響の融和。

<<   作成日時 : 2010/02/13 03:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
今夜のBGM・・・ JIM O’ROURKE / EUREKA

ジム・オルークバート・バカラックのカヴァー・アルバムを4月7日にリリースする。

これには俄然、注目。あの名盤「ユリイカ」から11年ぶりの歌モノアルバム。その「ユリイカ」でも、素晴らしいギタープレイとめくるめく音響の世界にドップリと陶酔していると、突然現われるバカラック・ナンバーE「SOMETHING BIG」にハッとさせられる。この瞬間が「ユリイカ」聴く上で一番の快楽ポイントなんだよね。


しかもゲスト陣が超豪華。彼自身も敬愛する細野晴臣さんに、小坂忠さん!ソニック・ユースでの同僚サーストン・ムーア相対性理論のやくしまるえつこ青山陽一中原昌也坂田明カヒミ・カリィだって。ウーム、バラバラなようでいて微妙に統一感のあるメンバー。

この人選を眺めるだけでジム・オルークという音楽家がどんな性質を持っているかが見えてくるようで面白い。

しかし最近の彼はもう完全に日本を拠点として活動しているんですね。このメンツを中心にライヴもやるんだって、観たい!東京と大阪のビルボード・ライヴか。あ、あかんこの時期はライヴ行ってる場合ではなさそうだ、残念。



音楽の3大要素って、「リズム」、「メロディ」、「ハーモニー」だっけ?その3大要素に加え、90年代のロックは新たに「音響」という新しい要素を提示した。それが、トータスガスター・デル・ソルといった「シカゴ音響派」と呼ばれた人たち。


シカゴ音響派とは・・・シカゴという土地はもともと前衛ジャズが栄えた土地柄でもあり、前衛的で現代音楽的なミュージシャンたちが集まっていたのですが・・・90年代以降のオルタナティヴ・ロックにブラジリアン・ポップの複雑なリズム、ハードディスク・レコーディングによる音の加工などの要素が加わった前衛的なロック/ポップ、といったらよいでしょうか。いったん録音した素材をスタジオでいじくり回して、音がどのように響くか、すなわち「音響」にこだっわっていた人たち、といいますか。


彼らが作ったこの「音響へのこだわり」という流れは、元を辿ればブライアン・イーノあたりがやっていたことに近いのですが、その後レディオヘッドとかにもに影響与えて、2010年の今ではロック界のメインストリームとなってずっと引き継がれています。


そのガスター・デル・ソルのギタリストで中心メンバーだったのがジム・オルーク。なんだか小難しそうな集団の中で、このジム・オルークという人は俄然ポップ度が高く、ポール・マッカートニーやバカラックの影響を受けた歌心を併せ持った人。ポップな歌心と音響の融和、彼の初ソロ・アルバム「ユリイカ」を聴いてもらえばその意味がなんとなくわかると思います。ま、難しいことを考えずに、音の快楽に身をまかせればそれで十分!「ユリイカ」が気に入ったら、それ以上に快楽度が高いガスター・デル・ソルの「カモフルーア」も聴いて欲しいなあ。


ユリイカユリイカ
ジム・オルーク

Pヴァインレコード 1999-02-10
売り上げランキング : 98314
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カモフルーア [初回限定盤]カモフルーア [初回限定盤]
ガスター・デル・ソル

Pヴァイン・レコード 2009-09-16
売り上げランキング : 72902
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは! カナさん
このジャケはなかなかいいですね♪
Youtubeで聴いてみましたが ボサノバのような
軽さと シコシコギターが良かったです。

小坂忠は牧師になってますが、いまだ素晴らしいシンガーですね!
まり
2010/02/14 16:54
こんばんは。今日はDRF5に行ってきました。ブッチャーズ最高ーー!。

以前読んだことがある本で「ロック神様」(久保憲司 著)で、ジムともう一人(名前が思い出せない...)とサームストン・ムーアは三人でヴァナル・ジャンキー・○○○ーズ(他のブロガーのV.Jさんとは関係ありません)という、早朝からいろんなレコード店を徘徊するグループを結成した事があるらしいです。久保憲司さん的には音楽への愛を伝えるのはそういう事らしいです。でも自分的にはいい歳してなにやってんだろうと思いました。(笑)
TwinNails
2010/02/15 01:44
>まりさん

ジャケのイラストは日本の漫画家友沢ミミヨです。このジャケには続編があるんですよ。「インシグニフィカンス」というアルバムです。
小坂忠は最近アルバム出しましたね。少し聴きましたが相変わらずいいお声でした。「ほうろう」は今でも普通によく取り出して聴いてます。
カナ
2010/02/15 03:02
>TwinNailsさん

>ヴァナル・ジャンキー・○○○ーズ

早朝からってのがポイントですね(笑)。いいなあ、そういう大人。彼らはそれがメシの種になってるからいいですが、普通の人がそれやってたら素晴らしきダメ人間の仲間入りです。一般人はレコード堀りは休みの日だけにして、普段は仕事をしましょう。
カナ
2010/02/15 03:10
ぼかーインシグニフィカンスも好きですね〜。出た当時はレコ屋で一際目立ってたものだ(笑
Kaz
2010/02/16 07:25
>Kazさん

コメントありがとうございます。
「ユリイカ」と「インシグニフィカンス」のジャケは2枚並べたくなります(笑)
カナ
2010/02/18 02:00
こんにちわ こりゃ僕も知ってるSWEET&スパイスなナイスジャケですよね(ジャケはやっぱり大事)

そうかぁ日本が拠点なんですね。フットワークの軽い、得体の知れない、なかなか変態な方だと確信いたしました(褒めてるつもり)

そーしてそしてそんなこんなの、バカラックカヴァー!!いろんな形で出てる既存のバカラックカヴァー盤は、個人的にはあまり芳しくないとです。既に超人的に完成度が高いので、ボサやフォーク調のようなカラオケに逃げるしかないように思う例が多いこと多いこと。。
変態さんに期待大!!しかも音響王なんですよね?ってことはデジデジサイケ臭も期待できるのか。。。いいっすねー


PS:最後になりますが、簡単なメールをカナさんにお送りしたいんですがどこにいけばよいでしょうか?昔は確かメルアドリンクがあったような・・・?はて・・?





ideharasyacho
2010/02/20 15:55
>イデハラさん

>フットワークの軽い、得体の知れない、なかなか変態な方

なかなか的確な表現!(笑)。イデハラさん向きのアーティストなのではないかと思います。是非ご一聴を。

メルアドリンクは外してしまいました。
フリーメールのアドレスですが、
下記でお願いします。
kana52336@mail.goo.ne.jp

カナ
2010/02/21 05:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジム・オルーク「ユリイカ」で聴く、歌心と音響の融和。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる