音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS マルコム・マクラーレン死去・・・リチャード・ヘルからロバート・クワインまで。

<<   作成日時 : 2010/04/14 01:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ RICHARD HELL & THE VOIDOIDS / BLANK GENERATION

いやー、イタリアン・プログレッシヴ・ロックの次がニューヨーク・パンクっていうこの振幅の激しさが「音楽酒場」の魅力ですな!(←自分で言うな)

さて、パンクのゴッドファーザー的存在、マルコム・マクラーレン氏が亡くなりましたが、追悼記事を書こうにも彼がマネージャーを務めたニューヨーク・ドールズセックス・ピストルズも、既にこのブログでは取り上げてしまったのです。かといってアダム&ジ・アンツバウ・ワウ・ワウにはさしたる思い入れもないし。さあどうしよう!となったところで思い出したのがリチャード・ヘルの存在でした。


イギリスから渡米して後期ニューヨーク・ドールズのマネージャーを務めていたマルコム・マクラーレン。ドールズ解散後、メンバーだったジョニー・サンダースジェリー・ノーランが、トム・ヴァーレインとケンカしてデビュー前のテレヴィジョンから脱退してきたリチャード・ヘルを誘って結成したのがハートブレイカーズです。


ニューヨーク・ドールズはパンクの元祖とも言われているバンドですが、ファッションにおいてはハード・ロック然とした長髪にグラム・ロックの化粧といったそれまでのロック・バンドを踏襲したものでした。ところがリチャード・ヘルは、ビリビリに破いたプリントTシャツにビールで逆立てた短髪という、いわゆる「パンク・ファッション」の原型を作り出してハートブレイカーズに持ち込みました。その斬新さに目を付けたマルコム・マクラーレンが、リチャード・ヘルに声をかけてロンドンへ連れて帰ろうとしますが、ヘルはこれを断ります。


ふられたマルコムが、ドールズのサウンドにヘルのパンク・ファッション、退廃的な歌詞、リチャード・ヘル(地獄)といった不穏なコンセプトのみ持ち帰ってロンドンで売り出したのが、ジョニー・ロットン(腐った)やシド・ヴィシャス(意地悪)らをメンバーとするセックス・ピストルズであることは言うまでもありません。


というわけで間接的にロンドン・パンクの生みの親になったリチャード・ヘルですが、またもやデビュー前に(笑)ハートブレイカーズを脱退。おいおい。しかしトム・ヴァーレインにジョニー・サンダース・・・個性の強すぎるリーダー達と同じバンドにちんまり収まる器ではなかったんだろうなあ。みんな同じようなヴォーカル・スタイルだし。(単に楽器が下手すぎて追い出されたという説あり。)


そして自らの名を冠した念願のリーダー・バンド、リチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズを結成。NYパンクの代名詞となった名曲「ブランク・ジェネレーション」と同じタイトルを冠したデビュー・アルバムがこれです。


ヘルのヘロヘロ・ヴォーカルはまるでジョニー・サンダースと双子のよう。サウンド的には性急なビートを強調したロンドン・パンクとは一味違う、よりバラエティ豊かでオーソドックスなロックン・ロール・スタイル。ジャジーな味付けもあり。中でもやはり圧倒的な名演・名唱はタイトル曲「ブランク・ジェネレーション」なのだが(イントロのゾクゾク感は何度聴いても最高!)、意外にミドル・テンポのJ「アイム・ユア・マン」やスローのK「オール・ザ・ウェイ」がグッとくるのだ。ヘルはもともと作家志向だったこともあり歌詞の評価は非常に高いんですが、曲作りの才能もなかなかで全曲が歌えるキャッチーなメロディを持ってます。


そしてヴォイドイズを語る時に忘れてならないのが名ギタリスト、ロバート・クワインの存在。ハゲ頭にグラサンというヘルと並んでもある意味凶暴なルックスから繰り出すエキセントリックなフレーズ。ソロは知的かつ暴力的、NYパンクの冷たい炎をチラチラと煌めかせ、バッキングに回ると実に歌をよく引き立てる。その味わいは後にNYを代表するセッションギタリストとしての評価を高め、ルー・リードの「ザ・ブルー・マスク」やマシュー・スウィートの名作「ガールフレンド」で惜しげもなく発揮されてます。残念ながらロバート・クワインは2004年にヘロインのオーバードーズで亡くなっています。


なにしろ「ブランク・ジェネレーション」はNYパンクを代表する名盤でありながら、テレヴィジョンやラモーンズパティ・スミスらのアルバムと比べると明らかに軽視されてます。CDのジャケもオリジナル仕様になってないし。聴き逃している方は是非チェックしてみて下さい。このアルバムと表裏一体ともいえるハートブレイカーズの「L.A.M.F.」もご一緒に!


NYパンクのテーマソング「ブランク・ジェネレーション」収録!
Blank GenerationBlank Generation
Richard Hell & the Voidoids

Sire 2000-03-13
売り上げランキング : 105118
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヘル脱退後、ジョニー・サンダースとハートブレイカーズがモノにしたNYパンクの最高傑作!
L.A.M.F.: The Lost '77 MixesL.A.M.F.: The Lost '77 Mixes
Johnny Thunders & the Heartbreakers

Import 2000-10-10
売り上げランキング : 45278
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらもヘル脱退後のテレヴィジョンによるNYアート・ロックの最高傑作!(しかしヘルって・・・)
Marquee MoonMarquee Moon
Television

Wea Germany 2003-11-03
売り上げランキング : 26658
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元祖NYパンク、後にマルコム・マクラーレンがマネージャーを務めることになる、ニューヨーク・ドールズの永遠の名作1st。(マルコムがプロデュースして赤レザーファッションで固めてからはパッとしなかった)
New York DollsNew York Dolls
New York Dolls

Universal Japan 1990-10-25
売り上げランキング : 33033
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そんなドールズのコンセプトとリチャード・ヘルのファッションをロンドンに持ち帰ったマルコムが売り出したのが、言わずと知れたセックス・ピストルズ!しかしここまで歴史に残るグループになったのはジョニー・ロットンの才能によるところが大きいのです。
Never Mind the Bollocks Here's the Sex PistolsNever Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols
The Sex Pistols

Virgin 2009-12-24
売り上げランキング : 26357
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロバート・クワインの名演が聴けるアルバムその1
The Blue MaskThe Blue Mask
Lou Reed

Sony/BMG 1999-02-09
売り上げランキング : 184021
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロバート・クワインの名演が聴けるアルバムその2
GirlfriendGirlfriend
Matthew Sweet

Zoo 1991-10-22
売り上げランキング : 120732
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ アウトレット
マルコム・マクラーレン死去・・・リチャード・ヘルからロバート・クワインまで。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ アウトレット
2013/07/03 18:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど。ピストルズ以前にはそんな歴史があったのですか。マルコム・マクラーレンというのはなかなかの策士だったのですね。バウ・ワウ・ワウはちょっと好きでした。
この記事はマルコムにとっていい供養になると思います。合掌。
ジャム
2010/04/14 08:44
ここらへんの事はパンク・ロックが好きな頃に70年代のパンクのパンク・ムーヴメントを調べていてだいだい知っていましたが、この記事のおかげでよりそれが分かりやすくなりました。やはりカナさんの記事を読むと敷居が高そうな音楽も聴きたくなります。(←イタリアン・プログレとかの事です)
TwinNails
2010/04/15 01:57
>ジャムさん

バウ・ワウ・ワウは昔日本のHRバンドのバウ・ワウと間違えてました。(←バカ)
マルコムは策士で計算高い男ですがやはりパンクの生みの親ですね。合唱。
カナ
2010/04/16 01:52
>TwinNailsさん

どうも!そう言っていただけると嬉かとですたい!(←なぜか怪しい博多弁)
イタリアン・プログレはまだまだ初心者です。サイゼリヤでイタ飯のように気軽にイタリアン・プログレを普及させようと思ってます。(←バカ)
カナ
2010/04/16 01:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マルコム・マクラーレン死去・・・リチャード・ヘルからロバート・クワインまで。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる