音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 追悼 ロニー・ジェイムス・ディオ、「ヘヴン・アンド・ヘル」と「ヒア・アンド・エイド」

<<   作成日時 : 2010/05/30 05:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

画像
今夜のBGM・・・ BLACK SABBATH / HEAVEN AND HELL


ブログの更新をお休みしてる間に、ロニー・ジェイムス・ディオ氏が亡くなりました。ディオといえば一番思い入れ強い人が多いのはやはりレインボー在籍時代じゃないでしょうか。


レインボー時代のディオについては過去記事で5年ほど前に書いたことがあるんですが→「レインボー、あなたはどっち派?ロニー・ジェイムス・ディオvsグラハム・ボネット」・・・ここ最近、その記事のアクセス数が急増してるので、やはり検索サイトから来る人が多いんですね。


日本でも特に人気の高かったレインボー、その黄金時代のヴォーカリストだったディオの死についてファンの関心が高いことがよくわかります。


残念ながらわたしは70年代のレインボーは後追いで、リアルタイムで聴いてたのは80年代のブラック・サバス時代と「ディオ」の時代。


「ディオ」時代の音源はさすがに今聴くと、あまりに80年代メタルサウンドでちょっと辛いものがありますが、 意外に今でもいけるのがブラック・サバス加入後の第1弾アルバム「ヘヴン&ヘル」。


まあ、ぶっちゃけレインボーとブラック・サバスの中間的なサウンドなんですが(←乱暴な・・・)、プロデューサーがディープ・パープル、レインボー、ホワイトスネイクを手がけたマーティン・バーチなんで、表面的なサウンドはレインボー寄りというかディオ寄り、メロディ重視になってます。


でも、トニー・アイオミギーザー・バトラーのコンビの生み出すグルーヴは、スピードが速くなってもやはりサバス以外の何物でもない。特にギーザー・バトラーのベースがサバス・サウンドの要なのです。速くても軽くならない。後をひきずるドゥーミーなベースライン。B「レディ・イーヴル」なんて最高です。もちろんザクザクいう@「ネオンの騎士」のアイオミのギターもカッコよい。


サバスに加入しても自分のスタイルを崩さずにディオ・ワールドに染め上げる歌唱と、いつになくフレッシュに弾きまくるアイオミ、そしてあくまでもマイペースで「パラノイド」なギーザー・バトラーの拮抗が聞き所の、80年代ハードロック/メタルを代表する名盤だと思います。



そして元80年代メタル・キッズであるわたしが、ディオの仕事として個人的に思い出深いのが、メタル版「ウィー・アー・ザ・ワールド」ともいえる「ヒア・アンド・エイド」。


メタル系アーティストによるこのチャリティ企画のまとめ役を買って出たのがディオでした。わがままそうなメンバーをまとめられるはディオ親父ぐらいしかいなかったでしょう(笑)。この親分肌なところもメタル界のサブちゃんと呼ばれる所以かな。


当時のメタル界のキラ星のごときスター・ヴォーカリストとスーパー・ギタリストがソロをリレーしていく「スターズ」のPVは圧巻です。特にジョージ・リンチ(ドッケン)とイングヴェイ・マルムスティーンの早弾き合戦に、ブラッド・ギルス(ナイト・レンジャー)が得意のアーミング奏法で割って入るところなど、メタル・キッズとしてはよだれを垂らして見ていたものです。




偉大なるメタル親父、ご冥福をお祈りします。



Heaven and HellHeaven and Hell
Black Sabbath

Warner Bros. 2008-10-07
売り上げランキング : 5582
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スターズスターズ

マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1994-04-30
売り上げランキング : 145415
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Black Sabbath 「Heaven and Hell」 (1980)
今月のレココレは大好きなストーンズの「メイン・ストリートのならず者」の特集でしたが、同じくらい興味を惹いたのがブラック・サバスの記事。紙ジャケ化されるに際しての特集とのこと。 ところがそれから数日してサバスのヴォーカルであったロニー・ジェイムス・ディオがご逝去されたことを聞き、奇妙な縁を感じてしまいました。 ...続きを見る
音楽の杜
2010/05/30 13:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
レインボーではグラハム派のルドルフです。
といっても、ロニーもキライではありません。特にサバスのロニーは良いです!(実はDioは知らない・・・)
このアルバムでは上記3人がホントにいいコンビネーションを見せてますね。ギーザー・バトラーがいいベーシストであることは、このアルバムで知りました。アイオミ先生も弾きまくりです。自分的には、大名盤です。

「だーいやーん、だーいやーん」(Die Young)のフレーズがここのところ頭を離れません・・・
ルドルフ
2010/05/30 12:01
こんにちは。私も同じアルバムを追悼すると言う意味でアップしたところです。
それにしても「スターズ」、このメロディは覚えていましたが、こんなスゴイ面子だったんですね。PVは初めて見ましたがスゴイ。これもロニーがまとめていたんですね。
やっぱりロニーは凄かった。
240
2010/05/30 13:28
R.I.P. /m/ ←ゆび(人差し指がひろげられない)。
yoiko
2010/05/30 21:40
>ルドルフさん

ディオは中世趣味が満開になってしまうと個人的にはちょっとひるむんですが、サバス時代はそれが比較的抑えられてて聴きやすいです。それもアイオミ&ギーザーさんの個性のおかげだと思います。ギーザーさん、ただの黒魔術にハマッた怪しい親父ではなかったのですね(笑)。
カナ
2010/05/31 00:56
>240さん

スターズ、わたしもPVを20年以上ぶりぐらいで観ましたが、やっぱりちょっと興奮しました(笑)。Y&Tとかジェフリアとかクワイエット・ライオットとか、なっつかしい(笑)。
カナ
2010/05/31 01:01
>yoikoさん

これでいいんじゃない?(笑)→\m/
カナ
2010/05/31 01:06
Have you ever thought about writing an e-book or guest authoring on other
blogs? I have a blog based upon on the same subjects you discuss
and would really like to have you share some stories/information. I know my visitors would appreciate
your work. If you are even remotely interested, feel free to shoot me an e mail.
Lanny
URL
2017/05/03 14:15
My brother recommended I might like this web site.
He was once entirely right. This publish actually made my day.
You can not imagine just how a lot time I had spent for this
information! Thanks!
Mahalia
URL
2017/07/06 02:35
Glad to be one of the visitants on this awesome site :
D.
Erin
URL
2017/07/06 14:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
追悼 ロニー・ジェイムス・ディオ、「ヘヴン・アンド・ヘル」と「ヒア・アンド・エイド」 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる