音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 現代の3大ギタリストって誰やねん!@・・・ジョン・メイヤー

<<   作成日時 : 2010/07/01 01:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
今夜のBGM・・・ JOHN MAYER TRIO / TRY!


先回の記事でエリック・クラプトンジョン・メイヤーの競演映像を載せたので、そのつながりから。


現代の3大ギタリスト、という言葉を初めて知ったのは、「ギター・マガジン」の2009年5月号の表紙特集を立ち読みした時。(←買えよ)


3大ギタリスト、というのはもちろんエリック・クラプトンジェフ・ベックジミー・ペイジのことですね。この3人ともヤードバーズ出身ということで共通点があるんですが、そんな呼び方してるのは日本だけだと思ってました。確かピーター・バラカン氏が、3大ギタリストなんて言葉は日本に来て初めて聞いた、というような発言をしてたからだと思うけど。


で、現代の3大ギタリストとは、ジョン・メイヤージョン・フルシアンテデレク・トラックスの3人なんだそーな。これはギター・マガジン誌が決めたんじゃなくて、米ローリング・ストーン誌が2007年2月号で「The New Guitar Gods」と呼んで特集したのが元になってるみたい。

3人とも知ってはいたけど・・・いや厳密に言えばメイヤーはその時点ではアルバム1枚も聴いたことなかったんで、いまいちピンときませんでした。なんとなくギタリストというよりはシンガーというイメージがあったので。んで、試しに1枚聴いてみたのがコレ。

Heavier ThingsHeavier Things
John Mayer

Sony 2003-09-09
売り上げランキング : 42906
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ああ確かにギターは上手いけど、まず作曲ありき、というか、ギターサウンドを曲の中で効果的に生かすような使い方してて、バリバリと弾きまくるタイプではないなあ、それよりシンガーとしてとても上手いし、コンテンポラリーだけど暖かみのあるサウンドが総合ミュージシャンとしてとても魅力的だなあ、と感じました。


でもこれで3大ギタリストというのはどうも腑に落ちないぞ!


・・・とずっと思っていたのですが、先回の記事で載せたクラプトンとの競演を観て、うーむやっぱりギタリストとしてもなかなかやるなー、よいではないか!と思いを新たにしたのでした。それで仕切りなおして改めて聴いてみたのが、ジョン・メイヤー・トリオ名義で出したこのライヴ。

Try: John Mayer Trio Live in ConcertTry: John Mayer Trio Live in Concert
John Mayer

Sony 2005-11-22
売り上げランキング : 21971
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これでようやく腑にストンと落ちました。自作のブルース・オリエンテッドな曲やブルースのカバー曲をバリバリと歌い、弾きまくってます。メンバーはスネアがスッタンスッタンいう(笑)おなじみスティーヴ・ジョーダン(Ds)と、ジェフ・ベックともやってたピノ・パラディーノ(B)。

で、ジョン・メイヤーのプレイといえば・・・これはスティーヴィー・レイ・ヴォーンですよ。歌い方もギターの弾き方もそっくり。そうか、レイ・ヴォーンに影響受けてたんだな、納得。納得。

もちろん、テクニック的には言うことないぐらい上手いんですが、ギター馬鹿のレイ・ヴォーンと比べるとクレバーさが見え隠れしてしまって、迫力とか気迫という点ではまだまだ及ばないとは思います。そういう意味ではこのブルース・トリオのスタイルはやや物足りないかな?やっぱり総合ミュージシャンとしていい曲を書き、歌い、その中でギターを生かすというのが彼の最大の武器なのではないかと思います。


ジョン・メイヤーを旧3大ギタリストにあえて当てはめるなら、オリジナル曲がAOR風な所とか、歌っていい曲も書くということでクラプトンかな。

ジョン・フルシアンテは、レッチリというビッグネーム・バンドの看板ギタリストだし、一番ハード・ロックの香りを感じさせるということで、同じくツェッペリンの看板ギタリストだったジミー・ペイジ。

そしてデレク・トラックスは、一番のモンスター級テクニックとか、わが道をいくといったスタイルから無理やりジェフ・ベック。というよりデュアン・オールマンだよな(笑)。下の3人が競演した映像を見ても、他の2人がデレクのスライドのあまりの凄さに唖然としちゃってます。




というわけで次回のデレク・トラックス編に続く。


ジョン・メイヤーは最近ニュー・アルバム出しましたね。聴いてみようかな。

Battle StudiesBattle Studies
John Mayer

Sony 2009-11-20
売り上げランキング : 2169
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カナさん
こんばんは。
ロックの真ん中がギターで構成されている事自体が今は、なんとなく古くさくて…従って、現代の3大ギタラーってのも正直ピンと来ません。

ジョン・メイヤーねぇ…トリオ聴きましたが僕はちょっと。。。
フルシアンテ…レッチリならフリーだろ。
デレク坊…基本的に、A.B.B.もD.T.B.もECのバックも好きで全部聴いてるけど、やっぱオールドタイムのギタラーかもね。。。ベックのほうが新しい(かどうかは別にして)チャレンジしてる。

そう考えると、3大ギタラーの概念自体がちょっとキツイかなぁ。なんてね。

失礼しましたぁ
V.J.
2010/07/02 00:02
>V.J.さん

すでにギターってバンドの花形楽器って感じではないですもんね。じゃあ花形楽器ってなんだろう、MIDIデータ作成ソフトとか?(←楽器じゃない)

でもこの3大ギタリストって、もし80年代だったらエディ・ヴァン・ヘイレン、イングヴェイ・マルムスティーン、ゲイリー・ムーアとか(笑)マイケル・シェンカーとか(爆)だったかも。それに比べたらかなり音楽的なような気もしますが、やはりギタリストのポジションもだいぶ変わったなあと思います。
カナ
2010/07/03 05:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現代の3大ギタリストって誰やねん!@・・・ジョン・メイヤー 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる