音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ダリル・ホールとの共演が楽しいコステロのブルーアイド・ソウル盤。

<<   作成日時 : 2010/10/12 02:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
今夜のBGM・・・ ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS / GOODBYE CRUEL WORLD

敬愛するエルヴィス・コステロ先生の1984年の作品。84年といえばイギリス勢ではカルチャー・クラブデュラン・デュランが全世界的な大成功を収めていた、そういう時代。表層的にきらびやかな80年代サウンドは音に深みがないし、インタビューとか読むとコステロ本人もこの「グッバイ・クルエル・ワールド」とその前の「パンチ・ザ・クロック」あたりの作品はあまり気に入っていないみたいなんだよね。プライベートでもゴタゴタしてた時期みたいで、音楽に集中できていなかった、とも。


でもこのリマスターCDを中古で安く手に入れたので久々に聴き直していたら、思ったほど音の薄っぺらさは気にならなかったな。時代がぐるっと回って以前ほど80年代サウンドに対する拒絶感がなくなってきたというのもあると思う、耳が慣れたというか(笑)、これはこういうものだという聴き方ができるようになった。


それにやっぱり曲のクオリティが変わらず粒揃いだわ。それはどのアルバムでも同じなんだけど、なんでシングルでもない普通のアルバム収録曲がこんなにいい曲なんだろう?といつも思う。コステロに駄作なし。


曲調としては、洗練されたR&Bタイプの曲が多くて、その象徴としてシングルカットされた@「オンリー・フレイム・イン・タウン」ではあのダリル・ホールとデュエットしている。さらにノリノリのダリルはPVにまで出演しちゃってます。これがいかにも80年代なコメディ・タッチのプロモで、今見ると何とも嬉し恥ずかしい。出演者のファッションとかも含めて、頬がゆるみます。



F「アイ・ワナ・ビー・ラヴド」では、スクリッティ・ポリッティグリーン・ガートサイドがコーラスで参加。スクリッティ・ポリッティも80年代を象徴するような名グループですな。この曲はカヴァーなんだけど名曲でわたしは大好き。コステロが美女からお婆ちゃんからオッサンまで、色んな人に次から次へとキスされていくPVも、コステロの表情がなんともおかしくて秀逸なんだけど、You Tube探しても見つからない!探しきれないだけなのか・・・。というワケで見たい方はこちらのDVDをゲットするのだ!


ヴェリー・ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ [DVD]ヴェリー・ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ [DVD]
エルヴィス・コステロ

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-01-18
売り上げランキング : 23032
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



Punch the Clock (Dig) (Spkg)Punch the Clock (Dig) (Spkg)
Elvis Costello

Hip-O Records 2007-05-01
売り上げランキング : 242850

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Goodbye Cruel World (Dig) (Spkg)Goodbye Cruel World (Dig) (Spkg)
Elvis Costello

Hip-O Records 2007-05-01
売り上げランキング : 160456
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
カナさん、こんばんは。
僕もこのアルバムと“Punch the Clock”が大好きなので、コステロ氏の気に入っていない発言はなんとも微妙な気持ちになります。
PVも懐かしいですね。コステロならではのなんともねじくった微妙なユーモア・センス。じんわり笑けてきます。こういうのってすっかりオールド・スタイルになっちゃったんですかねぇ。

goldenblue
2010/10/13 00:35
>goldenblueさん

こんばんは!こういうコメディ・タッチのPVって今ないですよねー。ダリルが最後にサックス吹きの女の子にキックされるとこが笑えます。
カナ
2010/10/13 05:14
カナ さまblogへコメント、有難うございます

このアルバムと“Punch the Clock”が懐かしいです。
野島ドラマの影響なのか後年、英国の人気ほどではなかったコステロが日本で人気出るとは驚きでした。

トラバ了承、感謝です。
リンクさせて頂いて宜しいでしょうか、できれば相互がいいのですが…

今後ともよろしくお願いいたします

若鷹
若鷹タカコ
2011/01/02 17:25
何度もすみません、追記です

コステロ、日本で大ヒットしたのには驚いた。英国での人気は高いけど…と思っていたのですが。これも野島伸次ドラマの影響ですかね。
女優さんではないから持ち上げて落とす(のりぴー)、にならないからいいけど。
私はR・ワイアットの「Sgipbuilding」が好きです。コステロヴァージョンもいいけど。
若鷹タカコ
2011/01/02 22:30
>若鷹タカコさん

こんばんは!リンクありがとうございます!こちらにもリンクつけさせていただきました。

>コステロ、日本で大ヒットしたのには驚いた。

同感です。前フリとして映画「ノッティングヒルの恋人」の「SHE」のヒットがあって、日本のドラマの「SMILE」でしたね。最近のコステロはジャズ色の強い大人のポップシンガーという佇まいですね。それはそれで悪くはないのですが、怒れるロッカーだった時代のヒット曲群のような曲はもう望めないのでしょうか・・・。

>R・ワイアットの「Sgipbuilding」

よいですねー!!ワイアットさん大好きです。
カナ
2011/01/03 03:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ダリル・ホールとの共演が楽しいコステロのブルーアイド・ソウル盤。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる