音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 謹賀新年、キース・ジャレット。

<<   作成日時 : 2011/01/03 06:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

画像
今夜のBGM・・・ KIETH JARRETT / THE KOLN CONCERT

皆さま、明けましておめでとうございます。年末年始に飲んだくれてむくんだ体をスッキリさせるために、献血いってスカッと一本抜いてもらってきた音楽酒場マスター、カナでございます。本年も当ブログをどうぞよろしくお願いします。


さて、新年一発目はお正月らしくジャズ・ピアノから。(←お正月らしいのか?)

ど定番ですが、キース・ジャレットの「ケルン・コンサート」から。


ジャズ・ピアノといってもこの音楽をジャズと呼んでいいのかよくわかりません。ジャズと呼ぶにはあまりにもロマンティック過ぎる、ただひたすら美しいピアノ・ソロの即興演奏がいつ終わるともなく自由に果てしなく広がっていく。そんな音楽です。


キースの持つリリカルでヨーロピアンな資質が極北までいってしまった、ある意味頂点とも言える素晴らしい演奏ですが、言い方を変えれば過剰なまでにロマンティックともいえるので、自分もそういうモードの時にはたまらなくシビレルのですが、気分によってはちょっとやりすぎじゃないの?と思える時もあります。


そんな時には同じキースのソロ・ピアノでも「フェイシング・ユー」がオススメです。

画像


こちらはリズムがグルーヴィーに躍動し、メロディも過剰に甘すぎることなく、変幻自在のキースのアドリブを堪能することができます。黒っぽいというかゴスペルっぽいフィーリングもあり、こちらははっきり「ジャズ」と断言できる音楽です。


ピアノ・トリオ作品では、有名なスタンダーズ・シリーズもよいですが、わたしのオススメはジャケットも美しい「サムホエア・ビフォー」。

画像


1曲目、チャーリー・ヘイデンのベースからはじまるボブ・ディランのカヴァー「マイ・バック・ペイジズ」は割と原曲に忠実なアレンジで、キースが同時代のフォークやロックから受けた影響の大きさを伺い知ることができます。こういったフォーキーで開放的で明るいんだけど知的、という演奏がキースの最大の魅力だと思います。


同じく大好きなビル・エヴァンスになると凄すぎて、聴いてる自分まで内にこもってどんどん内省的になってしまうんだよね。


ザ・ケルン・コンサートザ・ケルン・コンサート
キース・ジャレット

ユニバーサル ミュージック クラシック 2010-09-22
売り上げランキング : 2123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Facing You: Touchstones Series (Dig)Facing You: Touchstones Series (Dig)
Keith Jarrett

Ecm Records 2008-08-26
売り上げランキング : 26639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



サムホエア・ビフォーサムホエア・ビフォー
キース・ジャレット・トリオ

Warner Music Japan =music= 2008-02-20
売り上げランキング : 92118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Rod Stewart &#8211; Gasoline Alley -
あけましておめでとうございます Research Artisan Light 年末になると、なんだかんだ忙しい。 といっても、自宅療養中の身である。忙しさの内容が「病院」というのが情けない。 昨日までにかかりつけ医、手術した病院、整形外科、歯科と回った。よく歩いたな。 その上、始めてプログラミングに挑戦とPHPを始めた。wikiサイトの整備もある。 って、なにやってんだか… そんな多忙な日々、ブログの更新が進まない・・・ 音楽は聴いているんだけどね。 で、今日は&#8221;Rod Stewar... ...続きを見る
Iron Sling annex
2011/01/03 16:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
新年早々ジャズとはいいですね。
私はビル・エバンスは大好きなのですが、キース・ジャレットはあまり馴染みがありません。今年はジャズも聴いていこうかと思ってます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
240
2011/01/03 07:38
明けましておめでとうございます
キース・ジャレットですかThe Melody At Night, With Youだけ持ってます
ジャズが聞きたくて借りたアルバムなのに内容がジャズっぽくなくて一回しか聞いてませんw
今度また聞いてみます
フェイシング・ユーもよさそうですね
チクク
2011/01/03 13:47
す・すみません。。。
TrackBackの記事間違えました。
片方消していただけると助かります。

ケルンコンサート。良いですよね。ひたひたと音で身体が洗われる気持ちになります。
zagan
2011/01/03 16:34
カナさん、明けましておめでとうございます!お久しぶりですね。キース・ジャレットって何故か聴く気になれなかったけど、この記事読んで興味が湧きました。今年も宜しくお願いします。
所長
2011/01/03 20:31
カナさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

「Facing You」、以前ジャズ好きな友達に貸してもらったままiTunesに入れっ放しだったので聴ける環境にあってよかった!(笑)
未だにわけもわからないまま「ジャズが好き」と言ってしまっている私ですが(笑)、このアルバムは初めて聴いたときから気に入っています。

カナさんの記事を読んでいると他のも聴きたくなりますね。
散財の予感がします(笑)
煌砂
2011/01/04 03:16
>240さん

240さん、あけましておめでとうございます!
ビル・エヴァンスは白人ジャズ・ピアニストの頂点ってイメージがあります。キース・ジャレットのがも少しライトな感じでしょうか。わたしも今年はもう少しジャズの記事増やそうかと思ってます。今年もよろしくです!
カナ
2011/01/05 05:41
>チククさん

チククさん、あけましておめでとうございます!
ある意味ジャズっぽくない所がキース・ジャレットの魅力ですね。「フェイシング・ユー」よいアルバムなので是非聴いてみて下さい!
カナ
2011/01/05 05:43
>所長さん

所長さん、あけましておめでとうございます!お久しぶりですね、お元気でしたか?
キース・ジャレットってわたしも昔はチャラい(←この表現で合ってるのか?)イメージがあったんですが、実際聴いてみるとそんなことはありませんでした(笑)。

また色々と情報交換したいです。今年もよろしくお願いします!!
カナ
2011/01/05 05:46
>zaganさん

zaganさん、コメント&トラックバックありがとうございます!

>ひたひたと音で身体が洗われる

まさにそうですね。疲れた時、傷ついた時に心を浄化してくれる作用があります。今後ともよろしくお願いします!
カナ
2011/01/05 05:49
>煌砂さん

煌砂さん、毎度どうもです!今年もよろしくお願いします。
おお、iTunesに入ってますか。是非あらためて聴いてみて下さい、お正月ぽいので(←どこがだ? )。

今年はジャズの記事ももっと書きたいと思ってます、煌砂さんに散在させるかも知れませんが(笑)、今年もよろしくお願いします!!
カナ
2011/01/05 05:53
私は十代の時に「サムホエア・ビフォー」、というより「マイ・バック・ペイジズ」一曲でキースにはまりました。ディラン、バーズよりこっちを先に聴いたので、ディランのオリジナルを聴いたときはびっくりしたな〜。
これ一曲のためにアルバムを買っても損はないと思います。ソロとスタンダーズ以外にもいい作品がありますよね。(現代音楽みたいなやつはちょっと・・・ですが。)
今年もヨロシクお願いします。
ぜん
2011/01/05 06:55
>ぜんさん

>ディラン、バーズよりこっちを先に聴いた

十代でですか!(驚)、ぜんさん早熟ですね〜。
そうそう、この1曲以外は結構地味だったりしますね。

>ソロとスタンダーズ以外にもいい作品がありますよね。

「宝島」とか「マイ・ソング」あたりがお気に入りです。今年もよろしくお願いします!
カナ
2011/01/06 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
謹賀新年、キース・ジャレット。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる