音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 続くクイーン祭り、「華麗なる」コーラス・ワークとジョン・ディーコンのベースを聴け!

<<   作成日時 : 2011/01/26 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
今夜のBGM・・・ QUEEN / A DAY AT THE RACE


クイーン3連発でジャケ写が『黒い3連星』のようになってます(笑)。間に「オペラ座の夜」の白いジャケでも挟めればいいのですが、あれは過去すでに取り上げているのでNG。(過去記事はコチラ!


で、その「オペラ座」の次の作品、ジャケットも姉妹編のような第5作「華麗なるレース」を今日は紹介します。内容は、ド派手でイケイケの「オペラ座」と比べるとグッと落ち着いた、よく言えば気品がある、悪く言えば華がない、でもとっても完成度が高くハートウォーミングな大人のアルバムです。


このアルバムで特筆すべきは、何と言ってもコーラスワークの美しさ。前作までは名匠ロイ・トーマス・ベイカーの手を借りていましたが、ここではクイーンによるセルフ・プロデュース(エンジニアはマイク・ストーン)。
前作でほぼ完成の域に達した多重録音によるオペラ風コーラスが、円熟してここに極まれり。クイーンのコーラスワークはこのアルバムが頂点といっていいでしょう。さすがにここであまりにも多用し過ぎたと感じたのか、以降のアルバムではグッと控えめになっていきます・・・。

そんな分厚いコーラスが存分に味わえる代表曲がクイーン流ゴスペル・ナンバーのE「愛にすべてを(SOMEBODY TO LOVE)」。フレディ追悼コンサートでのジョージ・マイケルによる熱唱も思い出されます。


コーラスと並んでクイーンを特徴づけるもう一つの個性、ブライアン・メイのギター・オーケストレイションもここで極まったと言えます。その究極の1曲がC「ミリオネア・ワルツ」。まさに一人「オーケストラ」してます。2分50秒からのギター・ソロ、初めて聴いた時はあまりに凄すぎて爆笑しました。こんなワルツまで「ロック」にしてしまうなんて・・・変なバンド(笑)。


意外と見過ごされがちなのが、このアルバムで特に顕著なジョン・ディーコンのよく歌うベース・ライン。この人のベースにはポール・マッカートニーに共通する歌心を感じます。メロディ・メイカーとしても素晴らしくて、ここでもD「ユー・アンド・アイ」という泣ける名曲を残してます。「マイ・ベスト・フレンド」にしろ、「地獄へ道づれ」にしろ、ジョン・ディーコンの書く曲はみんな大好き。

「ミリオネア・ワルツ」から「マイ・ベスト・フレンド」〜「リロイ・ブラウン」と続くメドレー。ディーコンのベースに注目!!



しかし主役はやはりフレディだ。ACEGと1曲とびで計4曲がフレディのペンによる曲ですが、ここでの充実ぶりは一体どうだろう・・・A「テイク・マイ・ブレス・アウェイ」のまさに息が止まってしまうような静けさと美しさ。C「ミリオネア・ワルツ」の優雅さとユーモア。歓喜が爆発するE「愛にすべてを」。子守唄のメロディも飛び出す、どこか懐かしく楽しいG「懐かしのラヴァー・ボーイ」・・・どれも完璧です。

ソングライターとしてシンガーとして、フレディ・マーキュリーは晩年を除くと好不調の波があまりなく、長く絶好調が続いた稀有な存在だと思っているのですが、あえてピークがあったとするならばこの頃ではないかと。「オペラ座」と「華麗なるレース」で三冠王を2年連続で取ってるのではないかと思います。


定説によると、英ポピュラー音楽界の4大メロディ・メーカーはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、ジェフ・リンだそうですが、私的には是非フレディも仲間に入れてもらいたい!アクが強すぎるからダメなのか?


Night at the OperaNight at the Opera
Queen

Hollywood Records 1991-09-03
売り上げランキング : 28922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


A Day At The Races [+2 Remixed]A Day At The Races [+2 Remixed]
Queen

Hollywood 1991-03-05
売り上げランキング : 80511

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ジョージマイケルは長年のクイーンファンの年上女性も声がフレディと似ていて驚いたと言っていました。
CMで流れていた曲です。
ジョンのベースに注目、とは着眼点がさすがですね。
キラークイーン、好きな曲です。

過去ログです4大ソングライター?、ボウイがいないって失礼ニャ…好不調の波がありすぎますかね、それこそ。
30代で亡くなっていれば伝説に、の1人ではありますが、乱暴に言えば。
私が選ぶ洋楽ベスト10
http://suzielily.a-thera.jp/article/2534257.html

カナ様のベスト10も教えてくださいませ!
若鷹タカ子
2011/01/26 16:05
>若鷹タカ子さん

趣味が多方面にとっ散らかっているので、英ロック限定ということでいいですか?曲のベスト10はとても選べないので、アーティストでいうと

1 ビートルズ
2 ローリング・ストーンズ
3 クラッシュ
4 エルヴィス・コステロ
5 エリック・クラプトン
6 クイーン
7 ザ・スミス
8 プリファブ・スプラウト
9 スタイル・カウンシル
10 プライマル・スクリーム

順位はナシです。今の気分だとこんなところかな?次点としてXTC、10cc、デヴィッド・ボウイ、ジェフ・ベックも圏内です。プログレ勢ではソフト・マシーン、キング・クリムゾンも入るかも。レッド・ツェッペリンも気分によっては。

アーティスト単位ではなくアルバム単位だとまたガラッと変わってくると思います。
カナ
2011/01/28 03:06
カナ様ご訪問コメント有難うございます。

>英ロック限定ということで

限定というか自分が選ぶとほぼ英国中心になる、ということですねー。
>曲のベスト10はとても選べないので、アーティストで

私は逆で、曲と限定すればこのミュージシャンは全体ではそうでもないけど曲ならば、になりますね。

ソフト・マシーン、ロバートワイアットですね。

若鷹
若鷹タカコ
2011/01/28 15:37
カナさん毎度です。
このアルバムと「オペラ座」「ザ・ゲーム」が自分の中ではクイーン3大名盤です。
「華麗なるレース」は4人のバランスがとれたいいアルバムですね。
「マイ・ベスト・フレンド」のジョンのベースラインは歴史的名演と絶賛する人もいますね。
どの曲も好きですが、あえて1つ選ぶならトップの「タイ・ユア・マザー・ダウン」です。
中華風の変なイントロもいいですが、ブライアンのメタル趣味炸裂なところがいいですね。
SYUNJI
2011/01/29 21:30
>若鷹タカコさん

>ソフト・マシーン、ロバートワイアット

そうですね。どっちかというとソフツのアルバムよりワイアットのソロのが好きかな?ビートルズにはジョンとポールのソロも含まれます。どっちかというとポール派ですが。ベスト10って本当にその時の気分なので、後から見るといつも選び直したくなります(笑)。

カナ
2011/01/30 03:47
>SYUNJIさん

毎度です!

>このアルバムと「オペラ座」「ザ・ゲーム」が自分の中ではクイーン3大名盤です。

わたしは「U」「オペラ座」「レース」ですかね。「ジャズ」もかなり好きです。「世界に捧ぐ」は冒頭2曲が耳タコで嫌なのですが、後はいい曲ばかりです。

フレディ信者なので「ゲーム」はちと落ちますが、ジョンの「地獄へ道づれ」は大好きです。ジョンの曲は大体好きですね。なので「ホット・スペース」のようなファンキー路線も意外に好きです。

>あえて1つ選ぶならトップの「タイ・ユア・マザー・ダウン」

おお!ブライアン派の面目躍如ですね。「シアー・ハート・アタック」の「ストーン・コールド・クレイジー」とかもお好きですよね?
カナ
2011/01/30 03:57
カナ様
福岡ドームで勝利の際、「We are the Champion」がかかっていました(過去形)。止めたから勝てないんじゃ!
馬原投手が登板の際、「We will Rock you」ですが若いのに好きなのかな、クイーン。ちなみに城島捕手に数年弟子入り自主トレしていたけど、美形だしサインも延々とやってくれます。あ、中日に行った三瀬投手を、よろしく(笑)。彼もサインは快諾。鈴木投手と仲良し。
クイーンはアルバムよりも曲単位で聞いていたのだな、と自覚。
英国のバンドに私が求める暗さ、切なさ繊細さ、といった面ではあまりにも華々しく技術も高い(超絶技巧に興味無し、プログレも苦手)…ここら辺が本気でのめり込めない理由でしょうか。緻密(じゃないほうが好き)すぎますしね。勿論シンプルな曲もありますが。
 
http://suzielily.a-thera.jp
若鷹タカ子
2011/02/01 22:45
>若鷹タカ子さん

「We will Rock you」はサッカーでも人気ある曲なので若い人でもみんな知ってるみたいです。わたしは耳タコで今はあんまり聴きたくない曲です(笑)。

>英国のバンドに私が求める暗さ、切なさ繊細さ、といった面ではあまりにも華々しく

ブライアン、ロジャーといったメンバーが割とカラッとしたアメリカン志向ですからね。ただフレディは本質的に繊細で切ないものをもっていて、その部分に一番惹かれます。

三瀬投手、期待しています。活躍できる場がたくさんあると思いますよ。
カナ
2011/02/02 03:44
福岡ローカル番組で馬原投手がなぜあの曲を選んだのか、をインタビューされていたけど番組側はクイーンの説明、楽曲の説明まるで無い!たわけ!って私もできませんが(汗)これで博多はめんたいリヴァプールと名乗るなんて、いけませんね。
洋楽ベスト10(裏)解説
http://suzielily.a-thera.jp/article/2547332.html
若鷹タカ子
若鷹タカ子
2011/02/05 22:45
>若鷹タカ子さん

そういえば中日の井端選手の入場テーマはビートルズの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」。打席入る時に哀愁を感じてどうする!(笑)。
カナ
2011/02/08 02:02
ウィープス,
「泣く」時点で縁起でもないかも。でもいい趣味です、さすがイイバッター様(笑)

UK New Waveの元美少年ベスト10
http://suzielily.a-thera.jp/article/2552569.html
若鷹タカ子
2011/02/08 22:33
>若鷹タカ子さん

井端、その前の入場テーマは確かDJ OZMAか何かだったような。趣味がよくわかりません。
カナ
2011/02/11 02:55
おはようございます!ちょ!クィーン祭り、もう終わっとった(-。-;

>この人のベースにはポール・マッカートニーに共通する歌心を感じます。
⇨ポール好きなもんで、ビビビときました。牧歌だったり、甘いのかなぁ(笑)チェックします。ありがとうございましたm(_ _)m
イデハラシャチョウ
2011/02/11 10:23
>イデハラシャチョウさん

甘いですよね、ディーコンさんも。ソウル好きなんで弾き方がポールさんとは違って指弾きですが、ラインが動きまくって歌っているところが近いです。
カナ
2011/02/13 05:46

ブライアンの手作りギター。多分日本のギター好き男性(正直、「はあ、そうですか…」という印象です、私には)だけが「3大ギタリスト」という呼称をしている気がする…けど、クラプトン達に比べてB・メイはギター命さん達にどう認識されているのでしょう?
クイーンはその容姿と人気の影響か、キワモノ扱いされているような…。
フレディはその出自から、「英国植民地系の国の裕福な現地の子息」という特権階級、最近の日本で言うと「葉山の別荘の解体」を物語りに織り込む事が出来る芥川賞作家の朝吹さんみたいな…
生まれ育ちも大きく影響していますよね、音楽の多様性に。
モノクロームセットのビドもそうかな?

http://suzielily.a-thera.jp

若鷹タカ子 
2011/02/13 22:59
>若鷹タカ子さん

ギターキッズの男の子たちにとってはやっぱりブライアンはヒーローでしたよ。わたしも中学生の時はアクが強すぎるフレディよりブライアンのが好きでした。今は断然フレディ派です。そのフレディの容姿や歌声のアクの強さがキワモノ扱いされる要因だと思うのですが・・・そのアク=ロックなんです。わたしが考えるにそのアクの有無がロックと当たり障りのないポップミュージックの境目ですね。 
カナ
2011/02/18 03:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
続くクイーン祭り、「華麗なる」コーラス・ワークとジョン・ディーコンのベースを聴け! 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる