音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニア・プログレッシヴ・ソフト・ロックの名盤、ミレニウム「ビギン」。

<<   作成日時 : 2011/03/31 04:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ THE MILLENNIUM / BEGIN

どのカテゴリに入れてもしっくりこない、ソフト・ロックの名盤中の名盤。えっと、米ロックのカテゴリに入れてサザン・ロックのオールマン・ブラザーズとかと並んじゃうのはあまりにもガサツだし。プログレ/サイケのカテゴリに入れてイエスクリムゾンと並ぶと明らかに浮いちゃうよな。だったらソフト・ロックのカテゴリ作れよ!そりゃそーだ(笑)。

でもソフト・ロックのエントリが少なくてヨコのカテゴリ一覧の下の方に埋没してしまうのが嫌なので、AORのカテゴリをAOR/ソフト・ロックに直して、それっぽいのを全部ぶちこみました。苦渋の選択です。

本来AORとソフト・ロックのリスナーって違うよな。ソフト・ロックって60年代中心なので時代はサイケデリックやフォーク・ロック。当然それっぽい作品とリスナーがかぶる。AORは70年代中心なので時代はフュージョンやシンガー・ソングライター。同じくそれっぽい作品とかぶる。ミレニウムロジャー・ニコルズハーパース・ビザールのお洒落ファンがベタなシカゴ16とか聴かんやろ、ブツブツ・・・などと独りでつぶやいていてもラチがあかないのでこのへんで・・・。


そんなジャンル分けされるのを拒むカテゴリ・キラーなアルバム、コーラス・アレンジの天才カート・ベッチャー率いるミレニウムの「ビギン」は1968年作品。ラウンジ・ミュージックのようなソフトなまったり感と、前衛的なプログレッシヴ感があいまって、まるで白昼夢を見ているようにドリーミー。

8チャンネルのレコーダー2台を組み合わせて、当時としては最も早く16チャンネルでレコーディングされた作品の一つであり、レコーディングに1年間、スタジオ代も当時のコロンビア史上最高額だったという。が、内容が前衛的過ぎて全く売れず、採算はぜんぜん取れなかった(汗)。でもね、時には技術の革新のために採算を度外視しなきゃいけない時だってある!

その代わり評論家からの評価は当時からとても高く、今でもその筋のスキモノたちの間で脈々と聴き継がれている。残されていたことを感謝したいロック史の裏・名作です!






ビギンビギン
ミレニウム

ソニーレコード 1997-04-21
売り上げランキング : 5553

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 靴
カリフォルニア・プログレッシヴ・ソフト・ロックの名盤、ミレニウム「ビギン」。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 靴
2013/07/04 03:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カナさん
ミレニウム
もう、うんんげー好き。
溺愛って位好き。
でも、プログレッシブ・ソフトロックはねーだろ(笑)
じゃあ、ペットサウンズもプログレなん?

まぁ、ジャンル分けなんて意味ない。って事はカナさんも知っていると思いますが、うちの、ミレニアムのレコは、「ソフトロック/サイケデリック」と言うジャンルにぶち込んでいます。「アコスティック」と言うジャンルのくくりも作っているので、そこと迷う作品が多いです。

「プログレ/サイケ」って、サイケの進化系がプログレとハードロックへ枝分かれしたと思っているんですけど、ご存知の様にPグレ所持率が低いので、ABC順のタグに、Pグレはぶち込んで、ソフトロック/サイケが、個人的にしっくり来るのです♪

AORはFUSIONとほぼ同義で歌モノか違うかくれーの認識だったりします(苦笑)
黒い人のAOR的なのが迷いますw
黒いのは甘茶も含め、レコはSOULのタグにぶち込んじゃってます(かなり強引)一応、FUNKとは分けているw

まぁ、ジャンル
意味無いけど、迷いますね。分かりますwwまた、迷っているのが楽しかったりします♪
V.J.
2011/03/31 11:57
>V.J.さん

どーも!

>プログレッシブ・ソフトロックはねーだろ(笑)

長門芳郎さんのライナーに書いてあったフレーズをそのままパクリました(笑)。まあいわゆるプログレではなくて、プログレッシブって言葉が本来もつ進歩的って意味でとらえてます。ちなみにライターの松山晋也によるとペットサウンズもプログレになるそーです(汗)。

>「プログレ/サイケ」って、サイケの進化系がプログレとハードロックへ枝分かれしたと思っているんですけど

あとブルース・ロックも合流してますよね!

>ソフトロック/サイケが、個人的にしっくり来るのです♪

凄くわかります。自分も迷いました。例えばニルヴァーナ(米じゃなくて英の方)なんてまさにソフト・サイケですよね。ただソフト・ロックを広義で考えた時に、ケニー・ランキンとか米シンガー・ソングライター系のアルバムが浮かんできて。ビーチ・ボーイズのフレンズとかサンフラワーもソフト・ロックだよなあ、とか。それで、ニック・デカロのヒゲ面アルバムがソフト・ロックとAORの境目のような気がして、AORとくっつけちゃいました。

ジャンル分け、意味ないですよね(笑)。ほとんど自己満足の世界です。個人的にはブログ見てくれる人の検索性を考えて、どのリスナーとどのリスナーが被るかなってことを考えて分けてますが、細かくなり過ぎても埋没してしまうので・・・。英ロック、米ロック、ソウル/R&Bってカテゴリが余りにもザックリ過ぎるので、もうちょっと細分化したいんですが、いったん付けたタグを付け直すのが面倒でなかなか進みません(笑)。
カナ
2011/04/01 03:29
I blog quite often and I truly thank you for your information. Your article has really peaked my interest.
I will take a note of your site and keep checking for new
information about once a week. I opted in for your RSS feed too.
Rena
URL
2017/08/18 03:43
Yes! Finally something about How can we increase our height?.
Rudolf
URL
2017/08/19 03:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カリフォルニア・プログレッシヴ・ソフト・ロックの名盤、ミレニウム「ビギン」。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる