音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 孤高のアーティスト、スコット・ウォーカー。

<<   作成日時 : 2011/04/17 06:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
今夜のBGM・・・SCOTT WALKER / SCOTT

まさに孤高のアーティストという言葉がぴったりくる、スコット・ウォーカー1967年のソロ・デビュー・アルバム。67年ですよ、「サージェント・ペパーズ」にジミヘンドアーズのデビュー・アルバムが出た年。

スコット・ウォーカーは1944年アメリカ生まれ。ウォーカー・ブラザーズを結成してイギリスに渡り、1965年にデビュー。全英チャート1位を含む数枚のヒット・シングルを放ち、ウォーカー・ブラザーズ解散後もイギリスに拠点を置き、最初に発表したのがこのアルバムです。

実は昔ジャケ買いしたアルバムのうちの1枚なんですが・・・このセピアの写真と苦みばしった男前・・・男が男に惚れることもたまにある・・・しかし今ではそのクール過ぎる内容にすっかりまいっています。


まずはなんといってもその低音美声。実際にデヴィッド・ボウイの歌声はスコット・ウォーカーに相当影響されている・・・というよりこのアルバムを聴いてからはボウイの声はほとんどスコット・ウォーカーのモノマネに聴こえるようになってしまった。

そしてそのサウンド。バート・バカラックを凶暴にしたようなホーン&ストリングスのアレンジが、フィル・スペクターも真っ青なウォール・オブ・サウンド、音の塊となって迫ってくる。いわゆるギター・ロック・サウンドとはかけ離れているのに、ロックとしかいいようのない、このゴツゴツとした質感はいったい何なんだ。






その後のアルバムでは次第にサイケデリック化&内向化し、セールス的には落ちていきますが、先鋭的なアーティストたちには評価され続け、先ほどのボウイ&ブライアン・イーノをはじめ、U2ブラー、特にレディオヘッドトム・ヨークには大きな影響を与えている、らしい・・・。らしいというのはこれ以降のアルバムをまだ聴いた事がないから。これからじっくり聴いていきたいと思っているアーティストの1人です。


ScottScott
Scott Walker

Ume Imports 2005-12-05
売り上げランキング : 110932

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
スコット・ウォーカーを愛聴するひとりです。実は、今回、聴くだけにとどまらず、誠に勝手な行為なのですがリミックス版を制作してしまいました。楽曲は「スコット・ウォーカーBBC・TVショー」に収録されている"If She Walked Into My Life"です。リミックスした楽器はアルトサックスで、演奏はストリートミュージシャンのつぼけんさんです。このリミックス版をユーチューブに投稿しようとしたのですがユニバーサルミュージック・ジャパンさんから許諾がおりませんでした。リミックスという複雑な権利問題を考えると当然なのでしょうが何とか公表してみたいと考え、皆様のお知恵とご協力を募ろうとクラウドファンディングのサイトOKDreamsに投稿いたしました。下記URLですが、ここで、とりあえず、皆様の「共感する」を募っておりますので、もし、アクセスいただけましたら最後にある「共感する」をクリックいただけると幸いです。唐突なお願いで大変失礼いたしますが何卒よろしくお願いいたします。

http://okwave.jp/okdreams/community/d8519067.html
TN
2014/03/23 16:48
>TN様

ブログ放置してまして返信が遅れ申し訳ございません。リミックス作られたなんて凄いですね。1度お邪魔させていただきます!
カナ
2014/04/19 10:51
スコット・ウォーカーのリミックス版、YouTubeにアップしました。
http://youtu.be/-P1ruBSzbtw
TN
2014/07/18 17:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
孤高のアーティスト、スコット・ウォーカー。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる