音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS オーティス・レディングとTHE BAWDIES。

<<   作成日時 : 2011/05/15 06:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 12

画像
今夜のBGM・・・ OTIS REDDING / COMPLETE & UNBELIEVABLE...THE OTIS REDDING DICTIONARY OF SOUL

オーティス・レディングの魂(ソウル)を引き継いだ日本のシンガーといえば、今も昔もNO.1は清志郎・・・ということになりますが、最近ではTHE BAWDIESROYが急浮上してきました。


実はBAWDIESについては、その存在は今ほど人気が出る前から知ってたんですけど、自分の中での評価はそんなに高くなかったんです。古いR&B/ソウルが好きで影響受けてるってのは別にいいんですが、その出し方があまりにストレート過ぎるというか、ヒネリがない気がして。

どうも日本語ロックに対するこだわりというのが自分の中にあって、日本でやるなら日本語でやって欲しいという気持ちがどこかにあるんですよね。ハイ・スタンダードが出てきた頃から、もう今の若いロックファンの子たちにはそんなこだわり無いのかも知れませんが(BAWDIESもハイスタの影響受けてるらしい)。

古くは、内田裕也とはっぴいえんどの日本語ロック論争の頃から・・・古いな、じじいだな・・・日本語というロックのリズムに乗りにくい言語をどうやってリズムに乗せていくか、その試行錯誤を繰り返して、松本隆とか大瀧詠一とか山下達郎とか佐野元春とか桑田さんとかが切り開いてきた、それはもう怨念のような日本語との格闘の歴史があるわけです。

ROYのヴォーカルにしてもねぇ、オーティスとかハウリン・ウルフとかに憧れるのはわかるんだけど、何もそこまで声つぶしてマネしなくても・・・不自然じゃん、とか。イケメンだし普通に売り出しゃ売れるでしょ?とか。どうしてもひねくれて考えちゃうんですよね。


でも、最近彼ら、PヴァインからR&B/ソウルのガイドブックを出したんです。その表紙のデザインを見た瞬間、理解しました。ああ、君たちは本当に心の底から古いブラック・ミュージックが好きなんだね。オーティスのようになりたいんだね・・・。

画像


笑いました。普通ここまでコスプレしてやらんでしょ。中途半端な心意気ではできない。よくよく考えると彼のヴォーカルも、やり過ぎで笑えるよね。笑えるってのは重要な要素。吹っ切れてる証拠です。よっしゃ、わかった!君らそこまで好きっちゅうんやったら、おっちゃん応援したる!CD、平済みで売ったろやないかい。ブログでも、紹介したろやないかい。(←なぜか突然大阪商人)やりなはれ!とことんやりなはれ!酒、飲みなはれ!

・・・というわけで、一転してシンパに変わったのです。もうすぐNEWアルバム出ますが、やっぱり前作収録の「HOT DOG」が好きだなあ。突き抜け感があります。



BAWDIES、サマソニにも出るみたいなんで、楽しみです。


あ、そうそう、肝心のオーティスのアルバムについて語っていなかった。オリジナル・アルバムの中では「オーティス・ブルー」と並んで人気が高い「ソウル辞典」。アルバム全体のグッとくる感じは「オーティス・ブルー」のが高いと思いますが、こちらは人気の「ファ・ファ・ファ(サッド・ソング)」と「トライ・ア・リトル・テンダネス」が入っているのがポイント高い。




Otis BlueOtis Blue
Otis Redding

Rhino Flashback 2008-07-15
売り上げランキング : 10450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Otis Redding Dictionary Of Soul : Complete & UnbelievableThe Otis Redding Dictionary Of Soul : Complete & Unbelievable
Otis Redding

Elektra / Wea 1999-04-26
売り上げランキング : 129325

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


THE BAWDIES:THIS IS MY SOUL (P‐Vine BOOKs)THE BAWDIES:THIS IS MY SOUL (P‐Vine BOOKs)
THE BAWDIES 丸屋九兵衛

ブルース・インターアクションズ 2011-03-30
売り上げランキング : 8209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


THERE’S NO TURNING BACKTHERE’S NO TURNING BACK
THE BAWDIES

ビクターエンタテインメント 2010-04-21
売り上げランキング : 2829

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


LIVE THE LIFE I LOVELIVE THE LIFE I LOVE
THE BAWDIES

ビクターエンタテインメント 2011-06-08
売り上げランキング : 293

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
読み誤った今年のフェス〜THE BAWDIESとROCKS TOKYO〜
今日、ちょっと久しぶりにメールチェックしてみたら、なんとTHE BAWDIESの最新シングルについていたツアーチケットの先行予約に当選しているではないか(!) 以前、レビューの記事でちらっと触れたのですが、まさか当たると思っていなかったので嬉しいです。 ...続きを見る
OMNI
2011/05/15 23:39
新譜〜THE BAWDIES/LOVE YOU NEED YOU feat.AI〜
今日、起きてポストをチェックしたら、予約していたTHE BAWDIESの最新シングルが届いていました。 新作もかっこいいです。 ...続きを見る
OMNI
2011/05/15 23:47
THE BAWDIES 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP
THE BAWDIES の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど ...続きを見る
Nowpie (なうぴー) J-POP
2011/05/17 06:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます、カナさん♪

THE BAWDIES の潔さが好きなんですよ〜。
AIとのコラボも、好感度上げる要素でした♪
AIはSoul歌わせたら、かなり凄いですからね!

そんなわけでTHE BAWDIESは追いかけます!

リュウ
2011/05/15 19:34
こんばんは。ご無沙汰してます。
勉強不足で、The Bawdiesって、全然知りませんでした。イイですね! これから気にします。エエもん教えていただき、ありがとうございます!
Substitute
2011/05/15 22:11
オーティスをトリビュートしてるとなるとThe BAWDIES一気に気になり始めました。というかOMNIさんとこで一度聴いて気に入ったのですが、こりゃCD買うしかないなぁ。ここ十年くらい日本ものはほとんど気にしていなかったのですが、今回はちょっと来てます!!
ロック仙人TF
2011/05/15 22:58
こんばんは〜☆
私のblogにいただいた、ロック仙人TFさんのコメントを拝見して、すっ飛んで参りました(笑)

ハイスタ世代の私なので、あんまり「日本語ロックの怨念」というものを感じたこともなく、特にこだわりはないのですが、やっぱり日本語の曲のほうが馴染みがありますね。
THE BAWDIESが日本語で歌ったらどんな感じになるのかは、よく想像(妄想?)します(笑)

末筆になりましたが、THE BAWDIES関連の記事を2つトラックバックさせていただきました。
トラックバックするのが恥ずかしいぐらいの出来栄えですが…(恥)
煌砂
2011/05/15 23:46
>リュウさん

AIとのコラボは「そう来たか!」って感じで、相性抜群でしたね。やられたっ!て思いました。
カナ
2011/05/16 04:26
>Substituteさん

こんばんは!結構いいですよね。渋いっちゃ渋いけど、女の子ウケするような可愛いところもあるので、かなり売れてます(笑)。
カナ
2011/05/16 04:28
>ロック仙人TFさん

オーティスのジャケットコピーは本気度感じます。ただ、マネするなら髪形まで真似しろ、パンチ当てろ!とか意地悪なことも思いましたが(笑)まあそこはよしとしましょう。是非、CD買って下さい!
カナ
2011/05/16 04:30
>煌砂さん

TBありがとです!

>ハイスタ世代

やっぱりそうですよね。でもBAWDIESにもいつか日本語詞に挑戦して欲しいと思います。英語詞って、それっぽい言葉を並べておけばそれなりに聞けてしまうので、実は簡単なんだと思います。「HOT DOG」の歌詞もほとんど意味無い(笑)。日本語詞はごまかし利かないから、怖い。みんな作曲より作詞で悩むわけですよ〜。

彼らはライヴのこと「パーティ」と呼ぶらしいですけど、パーティはいつまでも続けられないですから。今は勢いで昇って行ってる時だからいいですけどね〜。楽しいだけじゃ行き詰る時が、いつかきっと来ると思います。
カナ
2011/05/16 04:41
カッコイイ!普段は洋楽オンリーなのですが。
良いバンドを教えて頂き、ありがとうございます。仲間にも勧めます。
ハヤシ
2011/05/19 12:04
>ハヤシさん

コメントありがとうございます。カッコイイですよね!是非教えてあげて下さい。
カナ
2011/05/20 02:20
ありゃま、若いのに渋いとこ突くバンドですね〜
フレッシュな面もちゃんとあるし、要注目っすね
こんなバンド知りませんでした〜 ありがとうございます!
ezee
2011/05/25 10:18
>ezeeさん

ども!AIとのデュエット曲も渋くていい感じですよ。是非チェックしてみて下さい!

http://www.youtube.com/watch?v=wAzxHmP9JSU

カナ
2011/05/26 04:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オーティス・レディングとTHE BAWDIES。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる