音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS レゲエ史上最高グループをビートルズに例えると・・・。バニー・ウェイラー「ブラックハート・マン」。

<<   作成日時 : 2011/07/06 05:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
今夜のBGM・・・ BUNNY WAILER / BLACKHEART MAN


ジャケにビビッてはいけない。これがカッコイイのだ。

ボブ・マーリィピーター・トッシュ亡き今、最後に残ったオリジナル・ウェイラーズのメンバーとして、現在も精力的に活動を続けるレゲエ界のカリスマ、バニー・ウェイラー。ウェイラーズ脱退後のソロ・デビュー・アルバムがこの「ブラックハート・マン」だ。


ここでレゲエにあまり詳しくない人向けに、このバニーがどういう人かを説明するために、レゲエ界最高のグループであるウェイラーズをビートルズに置き換えてみたとする・・・。


『ワン・ラヴ』のメッセージを説いて、愛と平和の象徴として伝説化したボブ・マーリィが、ジョン

過激な言動で世の中の偽善に対してアンチ・メッセージを発し続け、最後は射殺されたピーター・トッシュが、ジョン

そしてメンバーの中でも最も敬虔なラスタファリアンであり、精神的な支柱であったバニー・ウェイラーが、ジョン


つまりウェイラーズにはジョンが3人いたわけです。ちょっと強引ですが・・・。

あえて言うなら、普遍的なメロディをたくさん残したボブがメロディ・メイカーとしてポール的、一番穏やかで宗教的な感じが強いバニーがジョージ的と言えないこともない。トッシュはやっぱどう考えてもジョンだな。

まあどっちでもいいけど、とにかく奇跡的なグループで、3人が3人とも重要なのです。だからボブ・マーリィだけでなくてピーター・トッシュもバニー・ウェイラーも聴かないといけない。同じぐらい素晴らしい作品を残しているのだから。


まずは3人のオリジナル・メンバーが揃っているウェイラーズの初期2枚、「キャッチ・ア・ファイアー」と「バーニン」、この2枚は当然マストですが、その後でもいいのでトッシュのソロ2枚「解禁せよ」と「平等の権利」、そしてバニーのこの「ブラックハート・マン」は絶対に聴いて欲しい。トッシュとバニーが抜けた後のボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ名義の作品はその後でもいい!と個人的には思ってます。


例えるなら、メジャー・デビュー前のスタジオ・ワン時代のウェイラーズが初期ビートルズ。「キャッチ・ア・ファイヤー」と「バーニン」は、解散前のビートルズ末期の作品。その後のボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ名義の作品はポップなポールのソロ諸作とすれば、トッシュの「解禁せよ」と「平等の権利」が「ジョンの魂」と「イマジン」。ということは、このバニーの「ブラックハート・マン」は「オール・シングス・マスト・パス」!ってことか。


とにかく、ボブ&トッシュをはじめレゲエ界のオールスターがレコーディングに参加し、バニーの穏やかなテナー・ボイスと歌心が心に染み入るこのアルバム、ルーツ・レゲエの中では最高峰に位置する名作。ジャケにビビらず是非聴いてみて下さい。




ブラックハート・マンブラックハート・マン
バニー・ウェイラー

USMジャパン 2011-04-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


解禁せよ(レガシー・エディション)解禁せよ(レガシー・エディション)
ピーター・トッシュ

SMJ 2011-07-27
売り上げランキング : 377018

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


平等の権利(レガシー・エディション)平等の権利(レガシー・エディション)
ピーター・トッシュ

SMJ 2011-07-27
売り上げランキング : 377017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キャッチ・ア・ファイアー+2キャッチ・ア・ファイアー+2
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

USMジャパン 2011-04-27
売り上げランキング : 134680

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バーニン+3バーニン+3
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ユニバーサル インターナショナル 2001-07-04
売り上げランキング : 127316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
私はバーニンの中の「ハレルヤ・タイム」という曲がすんごい好きです

そういえば、バレット兄弟はどうしているのでしょうかね?
ジャム
2011/07/06 08:50
ウェイラーズは、ボブ・マーリィの単なるバック・バンドだと思ってました・・・。
とんでもない間違いでしたね;
勉強になりました!
実験ネズミ
2011/07/07 22:43
実はレゲエはあまり得意でないんですが(ボブ・マーリーとピーター・トッシュはBESTのみ持ってます)、この曲良いですね。
レンタルしてみようかな。
名盤!
2011/07/08 00:45
>ジャムさん

「ハレルヤ・タイム」バニー作でメインヴォーカルですね。「ゲット・アップ、スタンド・アップ」と「アイ・ショット・ザ・シェリフ」という凄い曲に挟まれて(笑)、バニーのファルセットが光ってます。

バレット兄弟、ドラムのカールトンは亡くなってますね、殺されたようです。ベースのアストンはまだ活動しているようです。
カナ
2011/07/08 04:53
>実験ネズミさん

3人はもともと対等の立場だったのですが、アイランドからメジャー・デビューする時に、クリス・ブラックウェルの戦略でスター性のあるボブを押し出していくことになったのです。それが不満でトッシュとバニーが脱退します(それだけが理由ではなく、特にバニーはワールド・ツアーが嫌だったようです)。

ウェイラーズはもともとジャマイカ最高のコーラス・トリオと呼ばれていたのですが、トッシュとバニーが抜けた後、ボブは自分の奥さんを含む女性コーラス3人組「アイ・スリー」をメンバーにして、それまでの男性コーラス・スタイルからボブ&女性コーラスにチェンジします。なのでそれ以降のアルバムは実質ボブのソロ・アルバムで、ウェイラーズはバック・バンドといえます。
カナ
2011/07/08 05:00
>名盤!さん

是非是非!そういえばサマソニ、少女時代が大阪はナシ、見たかったです、脚が・・・。
カナ
2011/07/08 05:08
ウェイラーズ関係はボフ・マーリィとピーター・トッシュはそれなりに集めていますが、バーニーのアルバムは一枚も持っていませんでした。このアルバム、気にはなっていたのですが、こりゃ必ずゲットしなくちゃ!!因みに偶然ですが、俺は今日ピーター・トッシュ記事にしました。ストーンズ色の強いアルバムですが・・・。
ロック仙人TF
2011/07/13 23:25
>ロック仙人TFさん

トッシュはストーンズとつるんでましたね。特にキースはトッシュから凄く影響受けてるんではないでしょうか。
カナ
2011/07/14 03:00
たまにお邪魔し、遅いコメントでいつもすみません。
自分はピーターもバーニーも持ってないので是非聴いてみたいです。勉強になるなぁ。
リンゴが出てこないところが涙を禁じ得ませんけれども。
ギターの先生に聞いたのですが、ネイティブのミュージシャンはリズムギターを普通にダウンストロークで刻むのだそうです。あり得ん…。クラプトンですらレゲエの時は一瞬アップしてダウンする、という変則技を使うそうです。そういうふうだからあのグルーヴが生まれるかな、という余談でした。
卓球
2011/08/24 23:41
>卓球さん

こんばんは!こちらもレスが遅くなりスミマセン(汗)。

>リンゴが出てこないところが涙を禁じ得ませんけれども。

あ、気がつきませんでした、確かに(汗)←余計に失礼。いや、リンゴは好きですよ。歌声もドラミングも。まあソングライターという感じではないですからね。
カナ
2011/08/29 04:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レゲエ史上最高グループをビートルズに例えると・・・。バニー・ウェイラー「ブラックハート・マン」。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる