音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS レッチリのニュー・アルバム「アイム・ウィズ・ユー」を聴いてみた。

<<   作成日時 : 2011/09/03 10:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 12

画像
今夜のBGM・・・ RED HOT CHILI PEPPERS / I’M WITH YOU


気がつけば8月は2回しかブログ更新しないまま終わってしまった。ま、イベント盛りだくさんだったし仕事も忙しかったのでしゃーないか。

ところで昨日の夜、録画してあったMステを観てたら、レッチリのニューアルバムのCMに向井理が出ててビックリ!レッチリと向井理、どーも結びつかん。まあ、アレすかね。『BECK』の映画とかにもレッチリの曲が使われてたし、あれもイケメン俳優ばっか出てる映画だったしね。いつの間に日本でこんなに「売れる」バンドになったんだ、というのはまあわかるとして、こんなに「おしゃれ」なバンドになってしまったんでしょうね。レッチリ聴いてれば「イケてる」みたいな扱いじゃないですか、まるで。全裸でチンコから靴下ぶら下げてた連中でっせ!

最近の若手バンドでもレッチリに大きな影響を受けたと公言してる人たちって多いですね。RADWIMPSとか。アルバムでいうと『カリフォルニケイション』とか『バイ・ザ・ウェイ』とか、あのへんの影響が大きいんでしょうかね。

かくいう自分は未だに一番好きなレッチリのアルバムは『母乳』ですと答えてしまう。『ブラッド・シュガー〜』まではわりと熱心に聴いてて、唯一デイヴ・ナヴァロが参加した『ワン・ホット・ミニット』も結構好きだったけど、ジョン・フルシアンテが復帰してメロディ路線が強くなった『カリフォルニケイション』以降はどうもピンと来なくて、それ以降のアルバムは一応聴いてはいるけどあまり印象に残っていない。

こないだのサマソニでも、レッチリをオープニングから3曲ぐらい観て、もういいやと思って、その後スウェードに移動してしまうという暴挙に出てしまったし(爆)。


ミクスチャー・ロックという言葉が注目されてレッチリがメジャーになりはじめた90年代初頭から、どちらかというとレッチリよりもフェイス・ノー・モアとかリヴィング・カラーとかフィッシュボーンとかリンボー・マニアックス(←知ってるかな)のが好きだったし。さらに言うとミクスチャー・ロックの元祖はファンカデリックだと思っているので、ユーモアとかおちゃらけの要素がないシリアスなレッチリというのはどうも受け付けない。


もっともメロディ路線を重視したからこそ、今のレッチリの巨大な成功があるのだろうけど。


というわけで、今ニューアルバム『アイム・ウィズ・ユー』を聴きながらこれを書いているのだけれども、最近のレッチリの熱心なリスナーではないので正しくレビューできるかどうかわからない。ギターがフルシアンテから若手(名前が長くて覚えれん)にチェンジした影響というのは、正直よくわからない。フルシアンテって『現代の3大ギタリスト』にも名前が挙がっていたり、すごく評価が高いようだけど、自分にはあまりピンとこない。レッチリといえばフルシアンテよりもフリーでしょ。

そんなフリーのベースがグイグイ引っ張り、そこにアンソニーのラップ風ヴォーカルがのっかるスピード・ファンク・ナンバーのA「ファクトリー・オブ・フェイス」が一番カッコよかったです。バラードっぽいナンバーは正直、退屈だし、先行シングルのF「レイン・ダンス・マギーの冒険」はまあ可もなく不可もなく。今回のアルバムも、個人的にはへヴィー・ローテーションになりそうな予感はないです。

もっとも、商売的には爆発的に売れてもらわないと困るんだけど(汗)。向井理も起用していることだし。(←それはワーナー・ミュージックの事情)


あと、実は一番気に入ったのがジャケット。ここんとこのレッチリのアルバムのアートワークってどれもイマイチで、ボヤーッとしたどーでもいいようなジャケットが多かったけど、これはシンプルでバシッと決まってて気に入りました。このハエ、なんかずっと見てると可愛くなってこないですか?


アイム・ウィズ・ユーアイム・ウィズ・ユー
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2011-08-31
売り上げランキング : 42

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー サングラス
レッチリのニュー・アルバム「アイム・ウィズ・ユー」を聴いてみた。 音楽酒場 since 2005/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー サングラス
2013/07/03 20:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
たしかに作品を出す度に気の抜けたコーラのように劣化していってるように感じますね。『バイ・ザ・ウェイ』の頃になると「バイ・ザ・ウェイ」と「キャント・ストップ」以外聞けませんでした。丸くなったレッチリを寂しく感じてしまいますが、まぁでも、これがウケて売れているなら、それでヨシということで? ジャケ写は良いですね。
omoji
2011/09/03 20:02
僕もベストは『母乳』。
新作買おうかどうしようか迷ってます。
ちなみに、リンボーマニアックス無茶苦茶大好き!
確かにジョンのややダークでメロディアスなのもいいが、デイヴ時代(わずか1作ですが)ももっと評価されていいと思います(どうもレッチリでの評価が低いように思う)。
名盤!
2011/09/04 00:58
初コメです。ロックのロの字もわからない青い高校生ですが、音楽酒場いつも楽しみにしています。レッチリで好きなのは僕も『母乳』です。最新作は買ってません(お金が・・・)それに周りがレッチリレッチリ言い出すと逆に引いてしまうので。なので僕は音楽酒場で知り合った大股開きのファンク星人と交信しときます。
cere
2011/09/04 10:52
カナさんこんばんは!

へぇ〜レッチリに向井理ですか…。
Mステ毎週録画して観てますが、CM飛ばして観てるので全然知りませんでした(汗)

今になって再ブレイク(?)みたいな感じなんですねぇ。
大御所の一角で、安定した人気があるバンドというイメージだったので、そんなに今もてはやされている感じだというのも若干違和感あるような…。
「カリフォルニケイション」と「バイ・ザ・ウェイ」しか聴いてない私が言うのもアレですけど…(笑)
煌砂
2011/09/04 18:35
>omojiさん

アルバムの中には1、2曲はカッコイイ曲があるんですけどね。今回は1曲目はなかなか、2曲目は凄くカッコよかったので期待が高まったんですが、その後がイマイチでした。
カナ
2011/09/05 04:49
>名盤!さん

新作は1、2曲目はカッコイイですよ。特に2曲目。あとはうーむ・・・。デイヴ時代のあのアルバムはレッチリ史の中でも無かったことにされてるみたいですね。ベスト盤にも曲、入ってないし、ライヴでも演奏されないみたいですし。いいアルバムなのに。
カナ
2011/09/05 04:51
>cereさん

cereさん、いつもありがとうございます。高校生!いいですね。お金ないですよね、わかります。今は洋楽がレンタル解禁されるまで1年かかるので大変ですよね。自分たちの頃は即レンタル解禁だったので借りまくりでしたよ。

>音楽酒場で知り合った大股開きのファンク星人と交信しときます。

おお!ウチで「マザーシップ・コネクション」と出合ったんですか。ブログやっててよかったなあと思う瞬間です。ありがとうございます。これからも末永くよろしく!
カナ
2011/09/05 04:55
>煌砂さん

毎度です!Mステ毎週見てますよ。CMも見逃せません。たまに見てて辛い時もありますが・・・特に外タレ出てる時の絡みとか(笑)・・・ま、仕事のようなもんなので。
今回のレッチリのプロモーション気合入ってますよ。ただイマイチ空振りしてるような。
カナ
2011/09/05 05:05

レッチリはギタリストでガラリと変わりますね〜
ワンホットミニッツのデイブは私も好きです。
レッチリと言えば強烈なグルーヴ感だと思うのですが、故ヒレルがギタリストだった頃のthe uplift〜 とかいうアルバムが一番顕著にそのグルーヴを感じられると思います。
通りすがりたぬ
2013/09/28 02:24
>通りすがりたぬさん

the uplift〜はそういえば聴いたことないのでチェックしてみます!
カナ
2013/10/27 00:55
うるさい音が大好きな中2の集まりかな?
ペニー
2015/08/28 21:03
ゴチャゴチャ言うてるわりには全然アルバム聴いとらんやんけ
こんなん初めてB'zのアルバム聴いた人が「愛のバクダン最高!!それ以外糞!!聴いて無いけど」って言うてるようなもんやで
全然説得力無いし、底の浅さ見えるから死んだほうがええで!!
ペニー
2015/08/28 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レッチリのニュー・アルバム「アイム・ウィズ・ユー」を聴いてみた。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる