音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァン・ヘイレンに初代ヴォーカル、デイヴ・リー・ロス復帰記念。VHといえばやっぱ「1984」。

<<   作成日時 : 2012/01/19 06:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ VAN HALEN / 1984

ヴァン・ヘイレンに初代ヴォーカリスト、デヴィッド・リー・ロスが復帰して再始動、NEWアルバム『A Different Kind Of Truth』を2月8日に発売します。デイヴ参加のアルバムは『1984』以来、28年ぶりなんだって。

メタル/ハードロック業界での脱退・復帰・再結成劇はいわばお約束のようなものなので、いちいち驚いていられない。が、デイヴ復帰となるとさすがに「オッ」と思わずにはいられない。なんといってもヴァンヘイレンはデイヴ時代と、デイヴ脱退後に加入したサミー・ヘイガー時代ではまったく別のバンドといっていいですから。


デイヴの底抜けに明るいパフォーマンスと、エディ・ヴァン・ヘイレンの革命的なギタープレイが拮抗し、硬軟どっちのファンにもアピールする稀有なロック・バンド、それがデイヴ時代のヴァンヘイレンでした。

ところがデイヴが抜け、業界の先輩にあたるサミー・ヘイガーが加入したことで、サミーに気をつかってグッとサミー寄りのサウンドに接近。歌はデイヴより上手いのでメロディ路線に走りますが、普通のアメリカン・ロック・バンドになってしまったなあ・・・というのが当時の印象でした。そしてその後のヴァンヘイレンは積極的には聴いていません。

一方、デイヴは当時まだそれほど有名ではなかった凄腕スティーヴ・ヴァイ(ギター)やビリー・シーン(ベース)を自分のバンドに引き入れてやりたい放題。ソロアルバム「イート・エム・アンド・スマイル」での彼らの演奏は衝撃的でした。これを聴いてわたしもヴァンヘイレン派からデイヴ派に。

しかしデイヴもその後失速。バンドを抜けたスティーヴ・ヴァイはホワイトスネイク→ソロへ。ビリー・シーンはポール・ギルバートらとミスター・ビッグ結成へ。その後の彼らの活躍は言うまでもありません(ミスター・ビッグは好きじゃないけど)。


その後長い時間が流れ、本家ヴァンヘイレンからもサミーが脱退。ベースはマイケル・アンソニーからエディの息子、ヴォルフガング・ヴァン・ヘイレンにチェンジ。それってつまり、ドラムが兄(アレックス)、ベースが息子(ヴォルフガング)という完全にエディのファミリー・バンド!!そこに昨年、紆余曲折を経てデイヴが復帰。今年、ついにアルバム発売の流れとなるわけです。大河ドラマやね。


先行シングル『TATOO』のPV見ました。髪を切ってさっぱりとしたデイヴは・・・うーんやっぱ年食ったな。しかしエディは昔とあんまり変わってません(笑)。まさに永遠のギター少年。笑えるのは息子ヴォルフガング。顔はエディと同じなのにエディより老けとるし(爆)、まだ10代後半ぐらいじゃなかったっけ?体格いいのはええもん食わしてもらってるからやね。おとーちゃんに感謝しないと。




しかしヴォルフガングって名前はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトから採ったんでしょ?父ちゃんヴァン・ヘイレンで名前がモーツァルトって完全に名前負けすること前提やん!!そういえば最近テレビのバラエティ番組でやたらよく見かけるダイヤモンド☆ユカイって、デイヴィッド・リー・ロスの愛称ダイヤモンド・デイヴにちなんでるって知ってました?あの人昔レッド・ウォリアーズってバンドのヴォーカルだったんですぜ。(←実は高校時代にコピーしていた。悲し&恥ずかし。)


・・・なんか微妙な気持ちになってしまった。ここはやはり、楽曲の良さとバンドの勢いがピークだった、デイヴ時代の最高傑作『1984』を聴いてスカッとしよう。名曲『ジャンプ』もいいけど、やっぱり『パナマ』だよね。デイヴのおバカなパフォーマンスが最高に西海岸。間奏のブレイク部分のエディのギターにも痺れる。



何しろ「ジャンプ」→「パナマ」と続くA面の流れが最高でした。B面頭の『ホット・フォー・ティーチャー』のイントロ(ドラムソロ!)もメチャクチャカッコよかった。

実は個人的に一番好きなエディのギター・ソロはマイケル・ジャクソンの『ビート・イット』だったりするんですけどね。1stに入ってた『暗闇の爆撃(Eruption)』ももちろん、ロック・ギターの歴史を変えた凄いプレイだと思うけど。純粋に音楽的にいって「ビート・イット」の短いソロにエディの凄みが凝縮してると思う。


Different Kind of TruthDifferent Kind of Truth
Van Halen

Interscope Records 2012-02-07
売り上げランキング : 195

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


19841984
Van Halen

Warner Bros / Wea 2000-10-02
売り上げランキング : 3516

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イート・エム・アンド・スマイル (ワーナー・ハード・ロック1500)イート・エム・アンド・スマイル (ワーナー・ハード・ロック1500)
デイヴィッド・リー・ロス

ワーナーミュージック・ジャパン 2011-09-21
売り上げランキング : 8922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>やっぱり『パナマ』だよね。

全くもって賛成!!
ニューアルバム期待大です。
来日もして欲しいな。
名盤!
2012/01/19 21:11
比較的珍しい?サミー派のSYUNJIといいます。
でもデイヴ参加のアルバムではこれが好きですね。
新曲の映像、見ました。
このバンド、PVは相変わらずゆるい作りですね。

>実は個人的に一番好きなエディのギター・ソロはマイケル・ジャクソンの『ビート・イット』だったりするんですけどね。

これは同感です。歴史を変えたソロだと思います。
でも「Eruption」から「You Really Got Me」の流れもいいですよね。
SYUNJI
2012/01/19 22:49
>名盤!さん

来日したら観てみたいですね。デイヴ動けるか心配ですが(笑)。
カナ
2012/01/20 05:47
>SYUNJIさん

SYUNJIさんはサミー派でしたね。ゲイリー・シェローン派はいないのでしょうか(爆)。

「Eruption」、YouTubeで検索するとコピーしてる素人ギタリストの画像がメチャメチャたくさんあって笑えます。今も昔もギタリストの登竜門なのだなあと思いました。
カナ
2012/01/20 05:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヴァン・ヘイレンに初代ヴォーカル、デイヴ・リー・ロス復帰記念。VHといえばやっぱ「1984」。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる