音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS ドナルド・フェイゲン新作「サンケン・コンドズ」発売決定!!

<<   作成日時 : 2012/08/18 04:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今夜のBGM・・・ STEELY DAN / COUNTDOWN TO ECSTASY


ヴォイス・オブ・スティーリー・ダン、ドナルド・フェイゲンの、6年半ぶり、4枚目のニュー・アルバム『サンケン・コンドズ(SUNKEN CONDOS)』が10月17日にリリースされることが発表された。

この作品はナイトフライ・トリロジー(『ナイトフライ』、『KAMAKIRIAD』、『モーフ・ザ・キャット』)に続くものである。
9曲のアルバム収録曲はマイケル・レオンハートとドナルドの共同プロデュースによる作品。アイザック・ヘイズの「アウト・オブ・ザ・ゲットー」のカヴァー以外はすべて、ドナルドのオリジナル作品。

スティーリー・ダン・ファミリーのジョン・ヘリントン、ザ・スティーリー・ダン・ホーンズ、フレディー・ワシントンもミュージシャンとして参加している。(ワーナー・ミュージック・ジャパン公式サイトより




・・・・もきゃー!!




6年半ぶりですよ・・・早い!いや、普通のサイクルじゃ遅いんですが、なんせ『KAMAKIRIAD』から『モーフ・ザ・キャット』まで13年待ったんですから・・・その時の記事・・・それにくらべりゃまさかのスピード!興奮する!

これがジャケットだ!

画像



しかしドナルド・フェイゲンが生きてるうちに(←失礼)新作が聴けるなんて思ってなかった。普通に考えたら前作が13年かかってるんだから今回も同じ年数、あるいはその倍くらい待たされてもおかしくないよな。そうなったら年齢的に、ねえ?

しかも前作『モーフ・ザ・キャット』で3部作完結とか言っちゃってるから。なんかトリロジー・ボックスとか出てるし。スター・ウォーズか!ということは今回の新作はエピソード1か?新3部作がここから始まるのか?あと2枚続けて出るのか?などとあらぬ期待をしてしまう。

まあよくよく考えれば前回の13年の間にはスティーリー・ダンの復活ツアーとか、ダン名義の新作とかあったし、決して活動をサボってたわけではない。今回の新作リリースはまた創作意欲が活発になってることの表れ。引き続き継続的な活動を切にお願いしたい。


そんな中、なんと10月に来日も決定している。こちらはソロではなく、ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴューのメンバーとして。ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴューてなんやねん!と思ったら、ドナルド・フェイゲン、マイケル・マクドナルドボズ・スキャッグスからなるスーパー・バンド!詳細はコチラ

うーむ、正直、こちらは微妙だ。ゼニの臭いがする。AORという切り口でザックリと切っちまったな。別にマイケル・マクドナルドとボズ・スキャッグスが嫌いなわけではない。アルバムも持ってるし好きな曲も多々ある。このブログでも記事書いてるし。

しかしわたしの中ではドナルド・フェイゲンは格が違う。別格である。ポール・マッカートニーとか、キース・リチャーズとか、ディランとか、ザッパとか、マイルス・デイヴィスと並ぶ憧れの存在なのだ。御三家なのだ。四天王なのだ。神セブンなのだ。

ただのメロウなAORとは違う。スティーリー・ダンやドナルド・フェイゲンのソロから漂う、ドラッギーで退廃的だったりエコで近未来的だったり、一筋縄ではいかないシニカルなヒネクレ度合いに最高の「ロック」の匂いを感じ取っているのだ。残念ながらボズやマイケル・マクドナルドはわたし的には前座クラスに過ぎない。それが3人肩を並べてザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴューとか言われてもピンとこない。フェイゲンなめんなよ。


・・・なんて文句を言いながら観に行くんだけどね(汗)。こっちの勝手な思い込みはさておき、フェイゲンが納得して出てるわけだからねー。こんな企画モノとはいえ、ソロ名義来日公演は初めてじゃない?「I.G.Y.」とか「ナイトフライ」とか聴きたい曲はいっぱいあるぞ!つくづく単独ソロ公演だったら・・・。とはいえ贅沢は言ってられない。チケット高いけど頑張って観に行ってきます。


というわけで、今回はスティーリー・ダン初期の名盤「エクスタシー」を。地味で素通りする人の多い盤だけど、ダンの他のアルバムにも負けず劣らず名曲満載です。

いきなり@「菩薩」で変態ロックンロールが炸裂する。「根本的にはブルースだけど、リー・モーガンやホレス・シルヴァーのようなジャズ・ピープルしか使わないサウンド」とはフェイゲン談。初期レギュラー・メンバーだったデニー・ダイアスジェフ・バクスターによる変態ツイン・ギター・ソロが快感の、堂々たるダン流フュージョン・サウンド。



最大の聴き所D「ショウ・ビズ・キッズ」はダン流変態R&B。さっきから変態ばっかり(笑)。やっぱり変態が好きなのだ。印象的なスライド・ギターはリック・デリンジャー。延々と続く女性コーラスとスライドのコール&レスポンスがじわじわと恍惚感をもたらし陶酔の世界へ。



続くE「マイ・オールド・スクール」も昔から大好きな名曲だ。こちらはホーン・セクションがブリブリと気持ちいいブラス・ロック風。近年のライヴでも頻繁に演奏されてお馴染みですね。ダンにしては妙に明るいメロディも青春時代を懐かしむような歌詞とあいまって楽しい。




Countdown To EcstasyCountdown To Ecstasy
Steely Dan

Mca 1998-11-17
売り上げランキング : 24985

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Sunken CondosSunken Condos
Donald Fagen

Warner Bros / Wea 2012-10-16
売り上げランキング : 267

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Morph the CatMorph the Cat
Donald Fagen

Reprise / Wea 2006-03-07
売り上げランキング : 3830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


KamakiriadKamakiriad
Donald Fagen

Reprise / Wea 1999-01-01
売り上げランキング : 4512

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


NightflyNightfly
Donald Fagen

Warner Bros / Wea 1993-04-21
売り上げランキング : 1220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ドナルド・フェイゲンの新作出るのですか、知らなかった。
スティーリーダン好きとしては、楽しみです。
でもいくつになったんでしょうね、この人。
もうずいぶん高齢では。
大人ならではの洗練の極みを聴かせてほしいです。
名盤!
2012/08/19 14:23
おお!やた!
続くものである。ということは完結編も出るということですよね。連続して出てくれたら狂喜しちゃうんですけどね。
今年はなんだか豊作のような気がします。
ジャム
2012/08/21 23:11
>名盤!さん

調べたら64歳ですね。結構な高齢、という感じもしますが、先日ビーチ・ボーイズのコンサートで元気な70超えのじいさん達を見たので、まだまだ若いという気がしてきました(笑)。
カナ
2012/08/23 03:13
>ジャムさん

寡作なイメージがありますけど、スティーリー・ダンの新作やツアーも含め90年代以降かなり活発に活動してますよね。続編、続々編と立て続けに出しちゃってもらいたいです。
カナ
2012/08/23 03:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドナルド・フェイゲン新作「サンケン・コンドズ」発売決定!! 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる