音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 追悼:ジム・ホール「アランフェス協奏曲」

<<   作成日時 : 2014/02/01 04:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今夜のBGM・・・JIMHALL / CONCIERTO


2013年12月10日にジャズ・ギタリストのジム・ホールが亡くなりました。追悼記事を書こうと思っていましたがバタバタしているうちに大滝さんが亡くなったり色々あったりして今日までズレ込んでしまったのですが・・・。

ジム・ホールといえばビル・エヴァンスとのデュオでの人気盤「アンダーカレント」が有名ですが、こちらはどちらかというとエヴァンスの作品という認知度の方が高い気がするし、過去記事で取り上げたことがあります。

それに凄すぎて真面目に聴くとどっと疲れる!ので、訃報を聴いた日にこちらの「アランフェス協奏曲」をラックの奥からひっぱり出してきて、それ以来よく聴いてます。これも有名盤ですよね。でも実際に聴いたのは何年かぶりでした。

なんといっても青いジャケットが印象的。クロスオーヴァー/フュージョンブームの火付け役、CTIレコードの総帥クリード・テイラーのプロデュースの元、ジム・ホール以下、チェット・ベイカー(トランペット)、ポール・デスモント(アルトサックス)、ローランド・ハナ(ピアノ)、ロン・カーター(ベース)、スティーヴ・ガッド(ドラムス)という凄いメンバーが、誰ひとりとして目立ち過ぎることなく、ひたすら楽曲に寄り添うように繊細な演奏を聴かせているのが感動的です。

マイルスで有名なタイトル曲Cが目玉だけど、@からBもよく聴きます。特にこの中じゃ若造扱いだったと思うスティーヴ・ガッドのプレイ、先輩に囲まれて自分を押さえながらも要所でさりげなく超絶プレイを繰り出していて、いちいち聞き流せません。チェット・ベイカーのソロはもちろん全部素晴らしくクール。

知的で叙情的、でも甘くなり過ぎずピリリと引き締まっている。決して熱く燃え上がることはないけど、薄く青白い光をゆらめきながら放つ、そんな印象のレコードです。孤独な夜にどうぞ。



ConciertoConcierto
Jim Hall

Epic Europe 2002-02-17
売り上げランキング : 16352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


UndercurrentUndercurrent
Evans Hall

Blue Note Records 2002-07-14
売り上げランキング : 4905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
追悼:ジム・ホール「アランフェス協奏曲」 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる