音楽酒場 since 2005

アクセスカウンタ

zoom RSS 山中千尋からユタ・ヒップへ。

<<   作成日時 : 2014/02/01 04:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今夜のBGM・・・ JUTTA HIPP / AT THE HICKORY HOUSE VOL.1

私のアイドルでもあるジャズ・ピアニストの山中千尋さんがブルーノートの名曲・名演をセレクトしたコンピ盤、『マイ・フェイバリット・ブルーノート』が発売された。

曲目をふんふんと眺めていると、著名なジャズメン達の楽曲が並ぶ中、一人だけ知らない名前が・・・ユタ・ヒップ?誰やねん。気になって少し調べると、女性ジャズピアニストのようだ。ドイツ人か。活躍したのは1950年代。リーダー盤は少ない。若くして音楽業界を引退したのか。2003年、ニューヨークの自室で死去、78歳。生涯独身だったと。美人なのにね。

気になっていた所に、ちょうど行きつけの中古盤屋さんのジャズ・コーナーに『ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップVOL.1』と『VOL.2』が2枚並んで置いてあった。2枚買おうかな、どうしようかな・・・悩んだあげく『VOL.1』のみ購入。

さっそく帰って聴いてみると、なかなか良い。山中さんが気に入っているというのがなんとなくわかる。ドイツ人だけどアメリカに移住して、ホレス・シルヴァーバド・パウエルなどに影響を受けたというそのスタイルは、グルーヴィーだけど白人らしい端正さや女性らしい優美さも持ち合わせているし、ブルーノートの硬質な録音に実によくマッチしていると思う。

何より、彼女自身によるたどたどしくも初々しい英語のMCが微笑ましく、その割にお客さんの反応が冷たいというか、拍手がまばらで、その対比が妙に寂しい。こんなに素晴らしい演奏なのに、当時まだドイツ人に対する感情とか色々強かったのかも知れないが。それともまだ女性ジャズピアニストに対する偏見が強かったからなのか。

いずれにせよ、この後彼女が辿った道のりを考え合わせると、複雑な気持ちになると同時に、この盤への愛着がより深くなっていくような気がする、そんな不思議な盤であります。いい買い物でした。2も買います。

ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.1ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.1
ユタ・ヒップ

EMIミュージック・ジャパン 2007-10-23
売り上げランキング : 145878

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.2ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.2
ユタ・ヒップ

EMIミュージック・ジャパン 2007-10-23
売り上げランキング : 37204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ザ・ユタ・ヒップ・クインテットザ・ユタ・ヒップ・クインテット
ユタ・ヒップ

EMIミュージックジャパン 2009-12-09
売り上げランキング : 297928

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Lost Tapes The German Recordings 1952-1955 [輸入盤]Lost Tapes The German Recordings 1952-1955 [輸入盤]
Jutta Hipp

Jazzhaus 2013-05-18
売り上げランキング : 125000

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マイ・フェイヴァリット・ブルーノートマイ・フェイヴァリット・ブルーノート
山中千尋

ユニバーサル ミュージック 2014-01-21
売り上げランキング : 1894

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山中千尋からユタ・ヒップへ。 音楽酒場 since 2005/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる